AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS AV女優は悩む。

<<   作成日時 : 2006/07/20 21:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 7

AV女優と言えば、ただひたすらに明るくスケべでノー天気、というイメージが一般的なのは否めない。
だが、それは一人で大勢の男達を前にしている時のみ、と考えても間違ってはいないのではないか、と最近思っている。
つまり彼女達だって暗く、深刻に悩んでいるのだ。
AV女優ならではの苦悩は、決して小さくも馬鹿馬鹿しくもない、ということだ。

一人で大勢とは、つまり撮影現場に女優一人、後は男性スタッフのみ、といった場合である。
こういうケースでの女優は、朝から晩まで、どこにいようと誰と話そうと、大体底抜けに明朗で屈託もなく、いい意味でしっかりもしているし、また甘えん坊でもある。
けれどこれが複数女優の現場となると、いささか様子が違ってくる。
メイクルームや控え室での女優同士の会話は、キャリアを重ねた女優が集まれば集まるほど、かなり濃い話がわき出してくる。
あの現場がどーしたこーした、段取り悪い、進行遅い、メイクが下手、男優にこんなことあんなことやられた・・・。
要するに一種の愚痴ボヤキの類いなのだが、その時の彼女達の顔つきは、およそカメラの前からでは想像もつかないほどの、キツさとネチっこさだ。
眉はしかめっぱなし、険しく冷たい表情に、吐き棄てるようなしゃべりっぷり、煙草スパスパ、ほとんど相手を見ないで低く厳しい恨みの呪詛・・・。
現場で、このテの繰り言を最も得意としているのは、汁男と呼ばれるエキストラ男優諸氏だが、彼等の会話にはまだ半分諦めや、甘えを含んだ余裕にも似た、のどかな雰囲気がどことなく漂っている。
ところがAV女優達の井戸端会議には、いかほどの容赦も温情もない。
別に死ねとも駄目とも最低とも罵っているわけではないが、醸し出される会話のムードはほとんど一頭両断の断罪ぶり。
彼女達には白か黒か、しかない。
いいか、よくないか、許すか許さないか、有罪か無罪、それだけしか答えがない。
しかもそれは撮影現場のことだけに限ってではないのだ。
一通り、同病相哀れむでグチり合った彼女達は、その後大抵、各自携帯電話に向かう。そしてAD氏からの呼び出しがかかるまで、延々のんびり休憩することも忘れて、極小の利器へ食い付くようにしゃべりちらしている。
相手は、ほとんど男。彼氏ばかりではない。ジャーマネだったり、何か一緒に活動している恋人未満の知り合いだったり・・・。
その中身は、ほとんどカネの話だ。
だからそれじゃ駄目でしょ、どうしてそうなるの、そんなの無理だよ、約束したじゃん、私だって困るんだから、ちゃんと払ってよ、用意してよ、言った通りにしてよ・・・。
詳しいことなどもちろん分らない。
だがとにかく、カネを巡るトラブル、言い争い、男の側の言い逃れ、誤魔化し、女の側の追求、責め立てと半分哀願、困惑と憤怒、説教と恨み節・・・。
こんな堂々巡りな会話がいつ果てるともなく続くのだ。それも部屋が狭ければベランダや階段の踊り場へ移動、人が増えれば空いてる別室かトイレか機材置き場へ侵攻・・・。
もう完璧に電話命、のような持久戦ぶりだ。
どう聞いてても、解決の糸口も出て来そうにない不毛の会話を執念で続けるオンナの魂。
ビジネスライクな顔を誰にも見せなくてもいい、となった途端のAV女優とは、かくも凄いのだ。
そのワイルドにして生々しい生きざまは、カメラ前でのどんな派手なイきっぷりも、エロ全開も、ふっ飛んでしまいそうな、ドス黒い迫力なのだ。
AV女優は、ここまで悩んでいる。苦悶の底を全身でのたうちまわっている。
よく考えれば、それも自然なことだ。
彼女達は、その年齢の大半の女の子がそうであるように、何も持たず、何もアテに出来ず、ただ若さだけで生かされているのだから。

AV女優の味方とは、ズバリ仕事である。
おカネでも、彼氏でも、事務所でも、ファンでもない。
彼女達がなぜAV女優を続けるのか。
それはただひとつ、彼女達なりの安定した生活を確保するためだ。
その生活とは、特別贅沢で遊び呆けられるようなものではない。
ある程度の部屋に一人暮らしして、ほぼ毎日呑み歩くことが出来て、欲しいと思えるもの(服や持ち物の類いだが)がその時迷わず買える、そんな彼女達にとっては普通で当たり前の生活、これなのだ。
彼女達が一番怖れ、忌み嫌うものは、一人で落ち着ける部屋のないこと、うざい大人が近くにいて大なり小なり世話になるしかないこと、好きな時に酔いつぶれられないこと、そして目の前の高くても安くても、とにかく欲しいと思ったものが、その場で買えないこと・・・。
これらの条件を満たすのに、何より必要なものは、問答無用で、カネだ。
ハタチそこらで、それだけの生活を維持するのに一般的な仕事での報酬では、土台不可能。まして当然のことながら彼女達には、大した技術も才覚もない。
かくて己の肉体と引き換えに、理想というか、彼女達にしてみればある種当然の生活を手に入れたAV女優達にとって、最も怯えることは、仕事が途絶えるという不可避の現実なのだ。

いくら一回一回のギャラが普通の仕事と桁違いであろうと、とりあえずの不自由のない生活を続けていくには、仕事が減っては、あっという間に困る。
彼女達は一度掴んだ当然の生活が、しかしちょっとしたきっかけで雪崩のごとくアッサリ消滅してしまうことを誰よりも知っている。以前の不満だらけの生活と紙一重であることを、充分に分っている。
彼女達はバカではない。
所詮、体で稼いだだけの、砂上の楼閣のような生活であることを、己の変わりなき無能ぶりを含めて嫌というほど自覚しているのだ。
だから彼女達は必死で仕事する。自ら事務所の尻を叩いてまで、不眠不休の覚悟でノンストップに連日仕事をこなしていく。
毎日仕事さえあれば、今の生活が崩れることはないから。
仕事を休みなく続けていくしか、やっと手に入れた心穏やかな生活を守っていく術を知らないから。
それゆえ彼女達は真剣にAV女優に勤める。またこの現場に呼んでもらえるように、全霊を込めて肉体を酷使する。むしろハードであればあるほど満足感という以上に、明日への期待を確信出来るようで返っていいのかもしれない。
ここまで頑張ったのだから、あの私だけのための生活が、奪われるはずなんかないと・・・。

その健気で、また見ようによっては自己チューな頑張りぶりが、現場での愚痴大会に思わず発展してしまうのだ。
私はこんなに体張ってるのに、あの組ときたら、用意は悪いし、スタッフはトロいし・・・。
同性であるがゆえに、ヘアメイクに対しての評価もキツくなるのだろう。
なぜならヘアメイクは現場における最も同世代でありながら、彼女達の望む当然の生活を志向してはいない。彼女達から見ればかなり不満タラタラの生活でありながら、焦燥にもストレスにも無縁に振る舞っている。仕事が無くなる不安も感じさせない。まして彼女達とは絶対的に異なるだけの、一般に通用する確かな技術と肩書きを持っている・・・嫉妬と羨望に襲われるほどではないにしても、やはり同じ人生上の悩みを共有しえる同志とは、とても言えない。
男優などに到っては、まさに論外、想定外だろう。

よって彼女達は監督と付き合う。率先して仲良くし、全身で甘え、頼り、依存したがる。
AV女優が一番よく呑みに行く業界人は、ひょっとして監督ではないのか。
彼等に気に入られれば仕事が貰える。もちろん打算だけではなく、監督というリーダー的立場のカリスマ性に寄り掛かるのは何より安心出来る。まして昨今は若くカッコイイ監督がやたら増えているから、別に無理してなくても、程よく付き合うには格好の相手であって・・・まさに趣味と実益?
しかし悲しいかな、ほとんどの監督はビジネスを優先させる。どんなに遊びや気晴らしには付き合ってくれても、仕事となると話は別だ。
そもそもフリーの女優など今はほとんど皆無であり、事務所に所属している以上は、彼女達の売り込みも仕事量も、そして将来のことなど、監督の側に何の責任もありはしない。
監督はAV女優全般の不定期な味方でしかないのだ。
個々の女優に対して手を差し伸べてくれるのは、結局はまた、個々に関わってくれる、男達でしかないのだ。しかし、それが彼氏であれ、仲間であれ、協力者であれ、彼女達にとって全面的な味方でないことを彼女達は日々の学習でよく知っている。
言うこととやることが違う。約束を守らない。いざとなると逃げる。
やっぱりそう、私はいいように利用されている・・・。

こうして彼女達は、ある時期になると、ひとつの結論を導きだすのだ。
私の現在のとりあえずの幸せのために、私自身と同じくらい頑張ってくれる人なんて、本当は一人もいない。
カラダだけしか価値のないようなこんな小娘のために、本気で心配してくれるような優しくて頼り甲斐のある男なんて、どこにもいるわけがない。
かくして彼女達はこれまで通りに毎日闘っていかなくてはならないのだ。
睡眠不足のマ●コひりひりになろうと、今日も明日も明後日も仕事があるという安心感だけにすがって、若さと肉体を浪費していくしかないわけだ。
そしてどんなに楽しく気持よく仕事していても、それはあくまでも自分だけの好き勝手な遊びの時間ではない。
結果、ストレスは溜まりに溜まる。
現場で女の子同士、愚痴り合うだけでは足らない。携帯片手に舌枯れるまでムカつき会話に精を出すだけでは、とても追い付かない。
毎晩飲み明かすしかないのだ。また明日早朝から仕事だろうと、テッペン越えるまで呑んで騒いで、タクシー使って、ぶっ倒れるまでストレス発散するしかないのだ。
そして明るいうちに時間が空けば、嬉し哀しき買い物依存症。
使う使わないに関わりなく、買いまくることによってのみ解消する心の過労。
彼女達に真の味方などはいない。
それが裸一貫で、分不相応な生活を欲求した若い娘達に与えられた当然の報いと言うべきなのか。
AV女優の真の悩みは、そこにある。
二度と昔の不自由な生活には戻りたくない。出来れば一生続けたい。
でもAV女優である限り、本物の味方は現れない。心の支えには誰もなってくれない・・・。
真剣に、体当たりで仕事している昨今のAV女優は、変な話、肉体的(性感的?)満足度という点では、同世代のトップクラスの職業かもしれない。
しかし精神の充実度という点では、仕事をこなす部分でしか満たされない、プライベート的にははなはだ枯渇した、欠陥ビジネスかもしれない。
AV女優は、AV女優であるがゆえに悩む。
けれどどうあがこうとも、AV女優を辞めて、別の自分にならない限り、その苦悩は消え去ることがない。
人生に完璧などはないから。
でもそれを心から理解するには、彼女達はまだ若過ぎるから。

若いということは決して罪でも愚かでもなく、むしろ純粋で美しいのだから、残る答えは、ただひとつ。
カネで買える欲望をどこまで捨てられるか・・・。
しかし、この格差社会、拝金主義の世の中で、それを説教出来る大人がどこにいる?そんな資格のある男をどこに探す?
彼女達をAV女優にしたのは誰だ?
AV女優から肉体を奪い、無垢な心を消耗させている源凶は、一体どこのどういう輩なんだ・・・?






amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
とてもおもしろかった。
興味持ちました。

なんか新しいものを見た。ッ見つけた気がしました。
xax
2006/11/05 12:31
わたしも確かにそうだったなあ。。
まーきずくまで時間かかったけど、、結局そこにいると
それ以上のことはわからないしね。本当に
好きな人ができれば辞めるんじゃないかな?
元単体モデル
2007/01/17 19:43
実はAV女優に憧れていました☆勇気あるなぁ〜すごいなぁ〜
あんなことされてみたいなぁ・・・
σ(・д・мё)からはいいところしか想像出来なくて
辻丸さんのブロ見て大変なんだなと思いました
でもベイビーでしか見たことありませんが
辻丸さん素敵(。・ω・)ゞデシ!!
自分の魅力ってなかなか自分自身では気づかないものですよね
プラス思考で今年はp(*^-^*)q がんばっ♪
何にも出来ないけど応援しています♪
ルルカ
2007/01/24 07:50
面白い!
誰も書かない現実ですね。
そう、業界って良いことしか書かない。
真実が露呈しそうになると取り繕う。
そしてまた暴利を貪る…。
全部が全部じゃないのかもしれないけど
AV女優になる人ってダメ男を好きになる傾向が強い。
結果、カネのトラブルや余計なストレスを抱える原因にもなっている。
本当の意味での良い男は眼中に無く、アプローチされてても無視している。
元単体モデルさんが言ってる「好きな人ができれば辞めるんじゃないかな?」は
最近では違って来ている気がします。
「好きな人に辞めろと言われても私は辞めない」という女優が増えつつある。
それはプライドからなのか、安定を考えてなのかは分らないけど。
「快楽に身を置く者は精神を病む」
と聞いたことがあるけれど、辻丸さんの見て来た女優達も
そうなのかもしれない。

どろろん
2007/02/04 04:21
一つの原因は今の若い女の子が普通に興味を持つものすべてが
消費行動させる物ばかりで、洗脳とまでは行かないまでも物欲はかなり
作られて先導されてると思います・・・。
昔のハタチは大金を稼ぐ方法などなかったし、物欲も幼いものでした。
だからAV業界の中に問題を探ってもしょうがないと思います。
kaatsu
2007/08/26 17:50
業界内部をよくみたすばらしい記述です。
よくAV女優からストリップ小屋で、生活
する方々が、おられます。きたない小屋、観客は
最低層のくず男、小屋のまわりには、やくざ
やのみや、ヘルスなどのくず集団が、そこまでおちると
あわれです。はやくAVから、足あらって普通の
生活にもどりなさい。時給1000円の仕事にもどり、
普通の人になることです。もし、お金がすこしでもあったら
専門学校でもいって、資格でもとりなさい。
くずホストなどからさりなさい。金の魔力から逃れる努力しないと
悪魔のえじきになります。どうかまっとうな生活にもどって
家族のかたを安心させてあげてください。
とのご啓示である。

2009/04/19 21:52
最近の18歳前後の女性のAV離れが多いです。私世代(1972年生まれ)の熟女物が多いです。アダルト本のよく登場しています。
しんご
2012/05/19 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
AV女優は悩む。 AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる