AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってこーいよー!

<<   作成日時 : 2006/04/12 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

AV女優のカムバックが相次いでいる。僕は一向構わない、と思う。
彼女達は自由だ。野郎共に何と言われようと、AV女優は生き抜くための存在なのだ。

先日、新堂有望チャンのカムバックについて書いたが、僕は一切否定などはしていない。自分の勝手な追想にしばしふけっていただけだ。
けれども業界内には色々なことを公然と言う輩もいる。
”戻って来た女優に、いいのはいない。カムバックなんてするなよ。ワケあり女優なんて誰も見たくないから・・・”
そうだろうか?
復活した女優は、みんなダメだったろうか。

確かにほとんどが何らかの事情があってのカムバックだろう。ズバリ金に困って、が大方のところだろう。
しかしそれのどこがいけないのか。
年食って金に困って何がみっともないのだろうか。

年をとるほど金はいる。年齢を重ねるほど様々なものを背負ってしまう。
そのためのカムバック。偽似絡みから、本番中出し・・・。
潔いじゃないか。それこそ体を張った本物の性、ではないか。

年がいっても商品価値がある。女優としての魅力がある。
何より復活に喜ぶ沢山のファンがいる。
ワケあり、にしたのは誰だ?
かつてのアイドルをそんな風にいざなったのはどんな社会だ?

所詮すべては男の欲望ではないか。女であれAVであれフーゾクであれ、男社会が出鱈目に操るだけの、不確かと無責任を強いられた世界じゃないか。
男なんて身勝手なものだ。
見たくない、と言いながら引っ張り出し、撮影し、共演し、商売にし、ユーザーは買う。
そこまで行って初めて、イイ女はいない、とほざく。
ヤッてるくせに、売ってるくせに、見てヌいているくせに・・・。

男優にはこういう考えが少なくない。
特に一度でも共演して、潮吹かせたの、イかせたのと、当然の顔して言う自信家タイプ。
勘違いするのだ。たった一回満足させただけで、もうあの女優は俺の女、俺が開発してやった、俺が最高、のオンナ。
だから自分の女がまた戻ってくるのは屈辱なのだ。俺が堪能させてやったはずなのに、まだ足りないとばかりにカムバックされては面目丸つぶれ、と勝手に思い込んでしまうのだ。
お前は俺だけのオンナだ。俺以上に満足させてやれる男なんて、まして男優なんてどこにもいるわけないんだ。
それでも復活しようなんて、馬鹿だよ、最低だよ、俺を通過したんだから、もうお前なんて抜け殻の残りカスでしかないんだよ。
みっともないから、やめろ、やめろ。恥かくだけなんだから、やめてくれ。頼むから俺の前から消えてくれ、こちとら次のオンナで忙しいから・・・。

AVの絡みなんて所詮はスポーツだ。
テクニックや作られたムードなんて、ただのエンターティメントだ。
本物の性はそんなお手軽なものじゃない。今朝会って昼にはイッちゃう絶頂なんて、コンビニの延長でしかない。

男優の多くは女優と付き合う。同棲までいってしまう。そしていつか別れてしまう。
ホスト系?男優ほどプライベートは徹底した変態志向らしい。特にアナルへのこだわりは尋常ではないらしい。
そこまで掘ってえぐって漁り抜いた調教済みのつもりの女に、しばらくして華々しくカムバックでもされたら・・・それもウン千万単位のギャラ、なんて耳にしたもんなら・・・冗談じゃない。俺より金か?俺ですっかり女のすべてを使い果たしたんじゃないのか?
悔しいのだ。寝盗られた気分なのだ。
そっちこそみっともない。
そっちこそワケあり隠して、往生際が悪い。
男はセコいのだ。
こと女に関しては、恥知らずなばかりに、姑息で偏執的なのだ。

そもそも十年以上のキャリアを誇るAV男優で、一度も引退宣言したことない男優なんて果たしてどれくらいいるだろうか。
辞める、と言っちゃあ戻ってくる。堅気になる、とぬかしちゃまた同じ組でまんまと再会する。
ワケありもヘチマもない。
ただラクしたいだけ。こんないい加減で稼げる世界から結局離れられないだけ。
覚悟も決断もいらない、単なる惰性。流されるだけの怠慢自堕落・・・。
女優と付き合い引退を公言した若い男優がいた。
先輩の人達の末路見てるとろくな事なさそう。きっぱり辞めて彼女とシアワセになりまーす・・・。
わずか一ヶ月で舞い戻ってきた。堅気の世界に足を突っ込む前に怖じ気づいて、しゃあしゃあと帰ってきた。彼女とは別れて・・・。
男優ってステキ!
同じ口からたちまち、この一言、である。

”引退ー撤回ーカムバック”が定番と言えば、文句なしにプロレスラー。
あの唯我独尊、厚顔無恥ぶりに比べれば、AVなんて皆おとなしいもの。慎ましいもの。
元よりプロレスは何でもあり、だ。だから素直に正直に、何度でもカムバックしたらいいのだ。
金がないから、仕事がないから、誰も振り向いてくれなくなったから、後輩に勝てなくなったから、ガチンコに憧れたけどもう格闘技ごっこじゃ客が来なくなったから・・・本物には叶わないよ・・・誰からも注目されないのなんて寂し過ぎるよ・・豪邸のローンもあるし、子供の学費もあるし・・・。
そこまでさらけ出してこそ、エンターティメントだ。心までアングルにしてみせてこそ最高の肉体パフォーマンス、究極のショービジネスだ。
AVもひょっとして日本の一部のプロレス団体、および御用マスコミみたいな迷走にハマろうとしているのか。
たかがカムバックくらいで綺麗事を押し付けるような、欺瞞ケーフェイが蔓延してしまったのだろうか。
そんなにヤワじゃない。
AV女優は、オンナ達は、そこまで男に引きづられるほど、時代に遅れていない。

AVは何でもありだ。
性は何でもありだ。
人間は、まさしく何でもあり、でなくてはいけないのだ。
正直でありうる限り。
虚飾を排して、自分を見据えて生き抜く限り。
帰ってこいよ、だ。
人間はどんなに遠くへ追いやられてしまったとしても、己の意志なら、本気の叫びがそこにあれば、”帰ってこいよ、帰ってこいよ、帰ってこーいよー”・・・・なのだ。


実録 白川和子 裸の履歴書 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2007-03-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 実録 白川和子 裸の履歴書 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。私は33歳の女性です。辻丸さんのこのページ結構好きでたま〜に読ませてもらってます
読んでいて驚いたのがAV男優と女優が恋愛、同棲するってことです。こういう業界って、怖〜い方が絡んでいる関係で禁止されているって聞いたことがありますけど、あるんですねえ。ただ同業者同士だとうまくいかないんじゃないかなあって思いますけど・・・。
また コメントしたい内容のものがあったらカキコしますね〜♪
モアセクシー
2006/05/07 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰ってこーいよー! AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる