AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 翌々日の疲劇

<<   作成日時 : 2006/03/09 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

疲れは翌々日にでる。現場明けの翌々日は、いつも地獄である。
全身が、だるい。気分が重たい。
こんな繰り返しで僕の残りの人生は、終わる。
嘆く気力もない。抗う心も、へたり込んでいるしかない。

昨日は時差ボケ。
何せ一昨日、帰宅して寝たのが午前一時過ぎ。そのくせいつも通り(?)六時半に目が覚めてしまった。
ニ度寝したら、それこそ一晩中眠れなくなってしまう。だから起きていた。クラクラのまま、一日何も出来ないで過ごした。
そして今日のザマだ。
八時間以上は眠ったのに、グッタリのまま。大したことは何もしていないのに、頭は鈍く、思考も枯れて、視界さえボンヤリ曇ったまんま。
昨夜の電話のせいか。たった予定確認のためだけの電話で、叩き起こされたせいか。
それは、ちっぽけなことだろう。常識の範囲で、怒る方が理不尽だろう。
実際、何かに腹を立てる気力も萎えているのだ。
この罵倒系(?)が、憤る感覚さえ、乏しくなり下がっているんだ。
嫌なことは、昨日も今日も呆れるほどあった。
朝刊が間違ってスポーツ紙で突っ込まれている。専売所の連絡先を聞くだけでも延々電話口で待たされる。
送ったメールの返事が来ない。何の変哲もない挨拶メールなのに、いつまでたっても・・どうせAV男優だからか・・・。
古い付き合いだった相手の態度が、ふいに変わる。事情が色々変動したようだが、急に冷たく突き放した態度に容赦がない。
突然のメンテナンス?それともトラブル?
例によってほとんど説明もない、ウンザリさせられるログイン不可。
また、小さく裏切られた。
どうせそんなものと、わかってはいても徒労の思いは、いつまでも引きずる・・・。

新聞に”「ほめ道」の神髄”などと書いてあった。
直感的に不快な気分に見舞われたが、読んでみて案の定・・・・”人でも物でも全力こめてホめろ”?
”相手も自分も楽しくなれる”?
”期待通りの言葉を送ってお互いの幸福を追求し合う、これが大人のホメ力(りょく)です”?
”ホめられたら、ホめ返すのもルール”?
”ホメ道とは、ずばり愛です”?
あーあーあーあー!
もう沢山だ。
どうしてこう何でもかんでも権威づけしたがるのか。
これぞ正統、なんてふんぞり返りたがる輩が、蛆のごとく湧いてくるのか。ほめ方に何の道があるって言うのか。
道といえば聞こえはいいが、結局は決まりじゃないか、法律じゃないか、制約じゃないか、独占じゃないか、支配じゃないか!
神髄?神になったつもりか。どこもかしこも「神の子」の安売りオンパレードだが。
全力こめて?
また気合だぁー!か?
やれば出来る。何でも出来る。出来ないのがおかしい。気合が足りない。甘えるんじゃない、そんなんじゃ駄目・・・全然ホめるのと逆になっちまってるじゃないか。
相手も自分も・・・楽しくならなきゃ嫌、相手が楽しんでくれないなんてムカつく、楽しめないなんてアリエナイ、そんな人、トモダチじゃない、私がこんなに全力でホめてあげてるのに、楽しくないって?私を誰だと思ってんの?ほめ道の黒帯よ。連戦連勝よ、もうすぐカリスマなのよ、私達は神の集まりなのよ、付いて来れないのならしよーがないわね、あなたのためよ、生きてる価値ないから、私達と同じ空気吸ってる意味ないから。とっとと消えな!

期待通り?アンタ達の期待でしょう?
お互いの幸福?アンタ方だけの満足でしょう?
大人?誰が決めるの?
決めつけた時点で、区別が始まる、差別が生まれる、格差が表われる、争いが強制される。
力・・・確かにアンタ達は強い。堂々と笑っていられるから、楽しくてたまらないって顔して生きられるから。まさにエゴ力(りょく)。
ルール?
ほら、来た。
要するに掟でしょ。束縛でしょ。報復でしょ。専制でしょ。
人の心を勝手なルールで縛り上げて、幾ら稼ぎたいの?どのくらい儲けたいの?
皆さん、本は売れてるようですね。お幸せですね。自分で自分をホめまくりたいでしょうね。ルールに則って。
ずばり愛です?
愛にルールなんてあるの?
アンタ達は法典片手にデートするの?エッチするの?結婚するの?
他人の愛し方に対してまで、教育的指導とやらでズウズウしく出しゃばろうって言うの?

「自分の中に愛とロックと想像力さえあれば何でもうまくいくのさ」
アンタ達の誰かが書いてましたね。
ロックの嫌いな人はどうなるの?
愛を見失ってる人はどうすればいいの?
愛されたことのない孤独な人にはどうしろって言うの?
自由であるはずの想像力が、道だの力だの、ルールなどに拘束されていて、どうして何でも出来るなんて言い切れるの?
そもそもが、「何でも」・・・どう想像したらこんなお気楽で傲慢な言葉が出て来るのか、聞かせてほしい・・・いや聞くだけ無駄。

道も辿れない、力ももちろん無い、ルールとか決まりとか耳にするだけで、身体も精神も凍り付いて何も出来ない。
そんな人達をホめたことがあるの?
本当に、そういう名もない不幸な弱者達を、ホめてあげようと思ったことがあるの?
カネにも名誉にも宣伝にもならないこと・・・アンタ達はどんなにホめられたって・・・やらないでしょ?
だって結論は、こうらしいから。
「相手のためじゃなくて、自分のためにほめるんです」

いつの間にか怒っていた。
気がついたら、今日もこれだけ書いていた。
だからって「それだけ怒る元気があれば大丈夫」などと「ほめ道」マニアみたいなことはコメントしないでほしい。
断じてやらないでほしい。
もっともすでに、どこかで誰かがやってるだろうが。
楽しくおかしく幸せ気分一杯に、どん底でのたうっている人の魂へ、偽善の鞭を全力で打ち付けていることだろうが・・・・。

僕はもう疲れた。
翌々日は、やっぱり厄日だった。
自分で自分を、呪ってやりたくなった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
翌々日の疲劇 AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる