AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャーマネ族は死なず

<<   作成日時 : 2005/10/04 19:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日チラリと書いたマネージャーという人々についてもう少し。
男優とマネージャーの関係は想像しやすいがごとく、なんとも微妙だ。
マネージャーにとってAV女優は大事な商品。そのお宝に最も現場で肌を密着させるのが当然ながらAV男優。
過去、女優と男優が共演をきっかけに結婚まで至ったケースは決して少なくない(まあ、その分離婚もあるけど)。単なる男女の付き合いとなればその数はかなりに上るだろう。
男ができればごくごく自然に肉体労働から身を引きたくなるのが、女子プロレスならずも女のサガ。
それでなくても同業者との親密な交際は余計な情報、つまりマネージャーにとっては困った入れ知恵をされる危険が大なので、暗黙のご法度になっている。とは言えどんな世界もままならないのがオトコとオンナで・・・。
結果、現場における要注意人物のトップとしてマネージャー族から影に日にきついマークを受けるのが、男優の哀しい刻印みたいなものだ。
とにかく男優とみるとロクに挨拶しないスーツ野郎のなんと多いことか。ただでさえ慌ただしくもむさ苦しい撮影現場で一人場違いな背広の忍者、お早うございまーす、と入場すれば大抵はギロッと一瞥、プイッと無視、そのくせチラチラ、女優との距離を常に計ってるような、目立ち過ぎの張り込みデカ。
やはり若い連中にこの手のタイプが目立つ。それこそ歌舞伎町で夜を生き抜くニイちゃん系みたいなのは、一瞥どころか睨み付けてくるなんてことも。
一体何をそんなにいきがってるのか、男優からナメられるなよ、と兄貴分から含まれているのか、いやはや首領への道はキビしいのぅ・・・って、考えすぎかも、コワイようー。
ある程度のキャリアを積んだような人でも五十歩百歩。
会釈くらいが関の山だし、何かトラブろうものなら、いつの間にやら足音もなきゴルゴ13。
直接男優に言いかかるなんてことは滅多にないとは言え(つまり先日書いた痛いだろジャーマネはかなり珍しいケースではあるが)どうにも存在そのものが無言の用心棒、いやさ女優にとってはまさにかくあるべしのザ・ガードマン、男優にとっては仕方ないけど煙たいお局、おとこ局。

じゃあ僕の専売路線たるイジメ現場ではどうか、というと幸いなるかな、ほとんどマネージャーは見かけない。つまりこれは、一種のお見捨て、現場にお任せ、ダクション無責任時代、わかっちゃいるけど、いてやれない。
もちろんしっかりプロ意識を持った女の子なればこその信頼パターンがほとんどではあるが、時にはこれだよ、何やってもいいです、つぶしちゃっていいです、これでこの子は引退です。
使えるうちは鉄壁ガード、お役御免なら後はどうなれ噛ませ犬、AVドランカー送り。
なんとも冷淡なる商業主義ながら、この割り切りにのっかってこれまでどれだけの究極ドキュメントが産まれたことか、ギリギリのアブないヒット作がファンの喝采を受けたことか。

しかし何事も例外はあるようで、かつてのある陵辱物現場、あまりに強烈なバイブ攻撃に性感の限度がブチ切れてしまったか、とどろくばかりの女優大絶叫!やめてぇー、ギャアー!の断末魔。
と、そこへ誰もが予期せぬ乱入者、やめろ、やめろ!オイ、とめろ!
ヤバい、スジ者?御用改め?
これがなんとマネージャー。オイオイ、いきなりどうしてここにいる?どうやら女優のSOS電話で駆け付けたらしい。こんなことまでやるなんてアタシ聞いてないよ、どーなってんのよ。早く来てよー。
普通なら口八丁でなだめるのが定番なのに、メーカーとはどういう話し合いだったのか、ベテランジャーマネ、凶器無しでも怒りの乱入、無言のブーイングもどこ吹く風、とうとうそのまま撮影中止、女優解放見事成功のランボーばり大活躍と相成った。
もっとも、この子は頑張る子だから、ウチには大切な子だから、と揚々に一席ぶってたナニワ金融道もどき、ギャラの上乗せを聞くや、もったいぶりつつのシェイクハンド、後日追撮の契約をちゃっかり結んでお帰りになったとさ。

これはあまりに特殊なケースで大抵のジャーマネ物語は単体女優の場合に限る。
泣き泣き女優を慰め追い立て。スタッフへは代わりにペコペコのお気の毒派もいれば、聞こえよがしに監督への男優非難、嫌み節。
それでも可愛い商品のための尽きせぬ苦労ならわかりかねることもないけれど、なかにはいるいる、何なの?この人。
ジーパン、ポロシャツ、細身のイケ面。ああ、売り出し中のレディコミ系男優クンかと思っていたら、えっ、ジャーマネ?
にしてはなぜかいつも撮影の場にはいなくて、他の部屋で雑誌の日めくり。撮影終了、忘れた頃にようやく登場、さあ送りオオカミ、失礼、送りのドライバーでしょ・・・あれ、バイク?
なんと女優は機材車で最寄り駅まで。ジャーマネ君は一人颯爽、御帰還ライダー。
バイク便ならぬジャーマネ便・・・これでいいのか、いいんだろうなぁ。

とにもかくにも男優にとってマネージャー族は相容れがたきの逆腐れ縁。
なかには妙に親しげすぎるお方もいて、ウチの子まいりますよ、単体の子が何人も共演すると駆け引きすごいんですよ、なんであの子より遅いの、とかえらい意識するんですよー・・。
別にこちとら聞いてもいないので、ハイハイ大変ですねぇ、でもそんなに皆一般の女優並みに激しいですかねぇ、と言ってみたり、かわしてみたり・・・。

かつて最もすごかったジャーマネさんと言えばアノ人かも。
「ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル 浅間夕子」(V&Rプランニング)
その恒例の徹夜ならぬ三十時間ノンストップ撮影の間、私が近くにいるとやりにくいでしょう、何かあったら呼んで下さい、と恐るべき慈悲の心をもって二階の椅子と長机しかない殺風景部屋で延々と待ちの二文字。携帯電話もない寒ーい時代、一体このプロの鏡たる無名のジャーマネさん、丸一日以上もなーんもない空き室でどんな世界をひとり遊んでらしたのか・・・アンタは偉い!

AVある限り、スケベ生きる限り女優は死なず。当然ジャーマネも死なず。
されで男優も死なず、ただ消えゆくのみ・・・は、どなたの話か。
みんな死なずに長生き出来て、つかず離れず、寄せ場ワールド。
いかなる社会と言えど、弱き人間族のもたれ合い、哀しいほどの滑稽美ではございませんか。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャーマネ族は死なず AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる