テーマ:AV アダルトビデオ

AV出演強要まとめ12・・AV業界が鏡花水月?

♪浮き世はまるで鏡花水月 触れようとする度 泡沫の夢を見るのでしょう♪ 弁護士達の4/11(性犯罪への不当判決に抗議する集会)叩き(弁護士サカキバラ、中村剛、かめいし倫子など)をリツィートしまくり、自由主義者を自称しながら、個人(女学生)が裁判を起こす権利を高慢目線で「お気持ち当たり屋」と揶揄する弁護士。 さすが、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回『AV問題を考える会』・・アンフェアなのは誰か?

『世の中には、フェアなことなんて何もない。目には目を。復讐には復讐を。アンフェアには・・アンフェアを』TVドラマ「アンフェア」 (本稿は、2/16『AV問題を考える会』第3回シンポジウム"AV=本番、を問う"についての極私的回想録です) 2月16日(土)15時開始、17時30分終了(途中休憩なし) ゲスト5人(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

AV出演強要まとめ11・・もう探さない

♪熱く生きることも 少し臆病になる 裸のままで 今は愛せないから♪ 「(被害者は)法に訴えればいいんだよ。辞める方法なんて、いくらでもあるんだから」 「嫌なら、やめちゃえばいいんだ」 「自殺するくらいなら、やめちゃえばいいんだ」 「あなたに落ち度はなかったんですか?」 (加藤鷹) こんな発言を許すのがAV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回『AV問題を考える会』・・何が彼女をそうさせたか

"神様が愛なんて、みんな嘘です!神様が愛なら、とうに許されているはずです!そんな神様なら無い方がましです!" (本稿は、11/10『AV問題を考える会』第2回シンポジウム"男尊女卑とAV"についての極私的回想録です) 11月10日(土)15時開始、17時30分終了(途中休憩なし) ゲスト5人(AV監督、区議会議…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

AV出演強要まとめ10・・値しないものなど何ひとつない

「気を付けろ 私が行く 自分で叩くドラムが伴奏」 「『適切な映像製作の方法』を専門家に学ぶ勉強会を開きました。AV強要問題に取り組むNPO法人のスタッフを講師として呼びました」 被害者支援団体に対して、プロダクションやメーカーの人を講師として招いては?と上から目線で言ってた某業界団体の元代表とは大違い。 まあ、中途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AV問題を考える会』というinfection

"爆破して飛び散った心の破片が 破片が 破片が そこら中で いつの間に私はこんなに弱くなったのだろう"鬼束ちひろ『infection』 (本稿は、5/26『AV問題を考える会』第1回シンポジウムについての極私的回想録です) 5月26日(土)15時開始、17時30分終了(途中休憩無し) ゲスト5人(映画監督 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ9・・鳥を飛ばせ赤い鳥を それが虚しい祭りでも

「誰も、俺たちを探しちゃいない。誰も俺たちを待っちゃいない」映画「赤い鳥逃げた?」 「芸能界は、どちらかと言うと、政治的に右派だが、AV業界は左派である。ピンク映画の後継なのだし、表現の自由を主張する人々が右派のはずがない」(河合幹雄・AV人権倫理機構理事) はぁ?左派?ピンク映画の後継? 笑ってしまった! ド素人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ8・・わしらよ、何処で道間違えたんかのう

でもええでっか。前向いても崖、後ろ向いても崖やで。あんじょう性根を入れて歩くこっちゃな「仁義なき戦い 頂上作戦」 僕のツィッターをブロックしている人々・・。 川奈まり子氏(AVAN代表) 中村淳彦氏(ライター、元AVメーカー、ハメ撮り監督) 森林原人氏(AV男優) かさいあみ氏(フリーAV女優) 要友紀子氏(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

AV出演強要まとめ7・・あまりに底が浅すぎる

"「私はこんなに素晴らしい」と言う人にあなたは好感を持つだろうか。本気で素晴らしいと思っているのなら黙っている方がいい"森達也 撮影当日になってもまだ台本を書いている監督もいる。 単独出演にもかかはらず、「今日の子、面接してないんだよ。だから男優さん、よろしく」なんて組もある。 男優は当日初めて台本を貰うのが当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ6・・彼らを御赦し下さい。彼らは何をしているのか自分で分からないのです

たまたま僕には、見えたし聞こえたのだ。見えたのだから見えると言うしかない。聞こえたのだから聞こえると言うしかない。知ったからには素知らぬ顔はできない。だってもしも目を凝らして、耳を傾けてくれれば、きっと誰もが気づくはずだと思うのだ(森達也) (AV業界改革推進有識者委員会発足会見のニュースを見て・・・) あの日・・マ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

三人のリンダ・・終われない"強要"

「試練は続いています。映画が上映されるたび、私は観客の前でレイプされ続けるのです」「私がどれほど苦しんだか分かってもらうのは難しい。でも"恐怖"を知っている人ならすぐに分かるはず」 三本の映画、いや"三人のリンダ"について書こうと思う。 彼女、リンダ・ラブレイス(1949ー2002)、45年前"出演強要"された、一人の女性。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ5・・・なんにも、変わってない

おれは、孤立を恐れない。これは、いわば、絶望からの出発だ(三島由紀夫) 健全化って結局何だ? 規制派の求める健全化、業界派が謳う健全化、政治の企む健全化、法が決めつける健全化、業界トップの望む健全化、マスコミがネタにする健全化、AV女優の願う健全化、AV男優が傍観する健全化、"被害者"の訴える健全化・・・・。 全部、違…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ「AV出演強要問題」を憎むのか・・何様の"愛AV"

「私はあなたの、鏡であり続けたい。だからあなたの隣でこうしているのだ」朴順梨 「奥さまは愛国」(北原みのり・朴順梨 河出書房新社)読了。 驚嘆した!失礼ながら、その内容に、ではない。 そこに綴られる文面が、発言が、論理が、そっくりそのまま?ハマッてしまうのだ。"AV出演強要問題"と! この本で頻繁に出てくる「従軍慰安婦」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ4・・・僕が僕であるために

"正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる"尾崎豊    報告書・・要請書・・また報告書。 そして三回目のシンポジウム? 業界側は一度でも正式な抗議文を出したろうか。 一般、マスコミの前で堂々実名顔出しして、シンポジウムを開こうとしたことなどあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ、僕がAV強要問題に拘るのか?・・・ゲスなる業界、性と生の強要

生きているうちしか、命は削れないのだ。命を削ることこそが、生きているということだ(ゲスママ) 作家神田つばき氏の御著書「ゲスママ」(コアマガジン)を読んだ。 "ママ38歳   愛よりも、性   母なのに、子宮を喪ったのに、 「まだ女なのか」   私は肉体で確かめたい" (帯コピー) 一口で言える感…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

AV出演強要まとめ3・・誰が為の"仁義なき戦い"

戦いが始まる時、まず失われるのは若者の命である。そしてその死は、遂に報われた試しがない「仁義なき戦い 代理戦争」 AV強要問題ツィートのまとめ第三弾です。 「クロ現」・・声明・・要請書・・初めての自分自身の記事・・まで。 NHK総合「クローズアップ現代」 "私はこうしてAV出演を強要された~知られざる被害の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

AV出演強要まとめ2・・女優の光、AVの雨

革命をしたかった。生きるすべての人が幸福になる世の中をつくりたかった(映画「光の雨」) 大手マスコミから取材を受けた。 ここ数日の急展開ぶりと沈黙、いや追従?の態にお手上げ、否、馬鹿負けの心情を、例によって自虐調に吐露。 救済も偏見も所詮は、お目こぼし次第。 そしてやはり無力の"被害者"はカヤの外。 されど結局…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

AV出演強要ツィートまとめ

信じるなよ!男でも女でも、思想でも。本当によく分かるまで! 分かりが遅いということは恥じゃない。後悔しないための、ただ一つの方法だ。 威勢のいい奴がいたら、そいつが何をするか、よおく見るんだ。お前の上に立つ奴がいたら、そいつがどんな飯の食い方をするか、他の人にはどんなものの言い方をするか、言葉やすることに裏表がありやしないか、よおく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート4・・・極私的AV業界篇

AV村社会。カネにならない現実なんて誰も書かない。 "金のない悲劇。金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲劇を産む"  ほぼ毎日、ツィートしている。 https://twitter.com/kohe000 未練がましく、まとめてみた。 呟き、という名の、これも自撮りか・・・。 "己を偽るな。裸の己をさらけ出…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「劇場版501」の感想、なんて嘘(完全ネタばれ)・・・501遺文⑥

頑張らなくてもいいけど、頑張ってもいいよ。でも・・・頑張れなくても、いいんだよ。 「劇場版501」の感想、のつもりです。 完全ネタばれですので、未見の方は御注意下さい。 「劇場版501」は、4回見た。 最初のバージョンを2回。 再編集バージョンを1回。 再々編集バージョンを1回。 それぞれの感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート3 女の敵は?篇

泣かせたから 笑うんだよ 私たちが泣いたらその何倍も泣く人たちがいるから 私たちは後悔しても笑って生きてるの(現役単体女優) AV業界を巡るリツィート第三弾です。  https://twitter.com/kohe000 男の僕に・・ただの弱虫の僕に・・何が言えるでしょうか。 熟女系単体女優(キャリア5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート2 男ども篇

僕は男尊女卑ですが、女性蔑視ではありませんので(元AV監督、現農業)    AV業界を巡るリツィート拾遺、第二弾である。 https://twitter.com/kohe000 今回は男、オトコ、野郎共にこだわって?選んでみた。 AVに関わる男とは? AVを見る、AVに出る、AVを作る、AVを売る、AVを語る・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート

AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要(現役単体女優) ツィッターを本格的に始めて一年強。   https://twitter.com/kohe000 最近なぜか業界関係のリツィートを、それこそビーバップみのる監督曰く「狂ったように」連日行っている。 理由もきっかけも分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死に絶えるべし・・「燃えよ!カンフー」詩録

 「愛とは何ですか?」「愛とは、調和だ。響き合うことだ」 本稿は2005年9月3日公開記事の拾遺篇です。 高僧「海の向こうに何があると思うのだ?」 僧「見たことのない父の国があります・・・私につながる遠い過去があります」 高僧「では、いつか訪ねて行くのだな」 僧「過去を訪ね求めることは良いことですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男優私録・その七"Woman-貴方たちへ-"

"軽んじられ 忘れられ 疎まれることを受け入れる 侮辱され 傷つくことも"    僕は50年近く笑われてきました。 十代はイジメられっ子として。 以降は男優として。 けれど僕も笑ってきました。 醜いものを。 馬鹿なものを。 ブサイクなものを。 情けないものを。 どうしようもないものを。 そして・・・自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は私!文句あるか?!・・501遺文⑤

私は私、みんなとは違うの。これやらないと生きていけなかったんだ。 単発TVドラマ「青い花火」 制作NHK 98年11月28日放送 作・鎌田敏夫(資料提供・永沢光雄) 演出・若泉久朗 出演 桃井かおり 松尾れい子 岸部一徳 伊藤景衣子 黒川よし佳 谷本一 夕樹舞子 長坂しほり 松田千奈 林由美香 加藤玲子(桃…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

僕が501に出る理由・・「501」遺文②

「なぜ、501に出るの?」「他に出来ないからだ」 なぜ、501に出るの? 「あと何本、出演出来るか分らないから」 なぜ、501に出るの? 「いつ死んでも、おかしくないから」 なぜ、501に出るの? 「ツィッターを始めたから」 なぜ、501に出るの? 「最初の企画がポシャったから」 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"ドキュメント"に出る・・・「501」遺文①

ドキュメントAVに出演します。タイトルは「501」。僕は来月、そこで生きます。 ドキュメントAV・・・・・。 過去何本、僕は出演しただろうか? 現在入手可能そうなものをざっと挙げてみると・・・。 V&Rプロダクツ 「ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル」シリーズ 「ブラックジーザス栗と栗鼠スーパースター」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

普通という名の烙印・・・映画メモ「サンダカン八番娼館 望郷」

"けどなぁ、お前。人にはその人その人の都合ちゅうもんがある。話して良かことなら、わざわざ聞かんでも自分から話しとる。ばってん、当人が言えんことは、言えん訳があるけんたい。お前が言わんことばぁ、どうして他人のわしが聞いて良かもんかね?"   74年 監督熊井啓 原作山崎朋子 脚本廣澤栄 熊井啓 撮影金宇満司 音楽伊福部昭 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

男優私録・その六"言葉責めについて"

"何か拭いがたい負け目を持った少年が、自分はひそかに選ばれた者だ、と考えるのは、当然ではあるまいか。この世のどこかに、まだ私自身の知らない使命が私を待っているような気がしていた" それが小説の中の記述であったか、それとも映画化された作品内でのセリフであったかは、記憶定かでない。 とにかく三島由紀夫の小説「金閣寺」にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more