テーマ:社会

第4回『AV問題を考える会』・・全部違います。

ザ・レイプ [DVD]"貴方の言うことはその通りかもしれない。でも、全部違います。違います" (本稿は5/11『AV問題を考える会』第4回シンポジウム"AV加害者は誰か"についての極私的回想録です) 5月11日(土)15時開演、17時30分終演(途中休憩無し!) ゲスト5人(精神科医・映画監督、弁護士、ウェブ編集長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ12・・AV業界が鏡花水月?

♪浮き世はまるで鏡花水月 触れようとする度 泡沫の夢を見るのでしょう♪ 弁護士達の4/11(性犯罪への不当判決に抗議する集会)叩き(弁護士サカキバラ、中村剛、かめいし倫子など)をリツィートしまくり、自由主義者を自称しながら、個人(女学生)が裁判を起こす権利を高慢目線で「お気持ち当たり屋」と揶揄する弁護士。 さすが、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ11・・もう探さない

♪熱く生きることも 少し臆病になる 裸のままで 今は愛せないから♪ 「(被害者は)法に訴えればいいんだよ。辞める方法なんて、いくらでもあるんだから」 「嫌なら、やめちゃえばいいんだ」 「自殺するくらいなら、やめちゃえばいいんだ」 「あなたに落ち度はなかったんですか?」 (加藤鷹) こんな発言を許すのがAV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ10・・値しないものなど何ひとつない

「気を付けろ 私が行く 自分で叩くドラムが伴奏」 「『適切な映像製作の方法』を専門家に学ぶ勉強会を開きました。AV強要問題に取り組むNPO法人のスタッフを講師として呼びました」 被害者支援団体に対して、プロダクションやメーカーの人を講師として招いては?と上から目線で言ってた某業界団体の元代表とは大違い。 まあ、中途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AV問題を考える会』というinfection

"爆破して飛び散った心の破片が 破片が 破片が そこら中で いつの間に私はこんなに弱くなったのだろう"鬼束ちひろ『infection』 (本稿は、5/26『AV問題を考える会』第1回シンポジウムについての極私的回想録です) 5月26日(土)15時開始、17時30分終了(途中休憩無し) ゲスト5人(映画監督 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ8・・わしらよ、何処で道間違えたんかのう

でもええでっか。前向いても崖、後ろ向いても崖やで。あんじょう性根を入れて歩くこっちゃな「仁義なき戦い 頂上作戦」 僕のツィッターをブロックしている人々・・。 川奈まり子氏(AVAN代表) 中村淳彦氏(ライター、元AVメーカー、ハメ撮り監督) 森林原人氏(AV男優) かさいあみ氏(フリーAV女優) 要友紀子氏(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

AV出演強要まとめ7・・あまりに底が浅すぎる

"「私はこんなに素晴らしい」と言う人にあなたは好感を持つだろうか。本気で素晴らしいと思っているのなら黙っている方がいい"森達也 撮影当日になってもまだ台本を書いている監督もいる。 単独出演にもかかはらず、「今日の子、面接してないんだよ。だから男優さん、よろしく」なんて組もある。 男優は当日初めて台本を貰うのが当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ6・・彼らを御赦し下さい。彼らは何をしているのか自分で分からないのです

たまたま僕には、見えたし聞こえたのだ。見えたのだから見えると言うしかない。聞こえたのだから聞こえると言うしかない。知ったからには素知らぬ顔はできない。だってもしも目を凝らして、耳を傾けてくれれば、きっと誰もが気づくはずだと思うのだ(森達也) (AV業界改革推進有識者委員会発足会見のニュースを見て・・・) あの日・・マ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

AV出演強要まとめ5・・・なんにも、変わってない

おれは、孤立を恐れない。これは、いわば、絶望からの出発だ(三島由紀夫) 健全化って結局何だ? 規制派の求める健全化、業界派が謳う健全化、政治の企む健全化、法が決めつける健全化、業界トップの望む健全化、マスコミがネタにする健全化、AV女優の願う健全化、AV男優が傍観する健全化、"被害者"の訴える健全化・・・・。 全部、違…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ「AV出演強要問題」を憎むのか・・何様の"愛AV"

「私はあなたの、鏡であり続けたい。だからあなたの隣でこうしているのだ」朴順梨 「奥さまは愛国」(北原みのり・朴順梨 河出書房新社)読了。 驚嘆した!失礼ながら、その内容に、ではない。 そこに綴られる文面が、発言が、論理が、そっくりそのまま?ハマッてしまうのだ。"AV出演強要問題"と! この本で頻繁に出てくる「従軍慰安婦」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV出演強要まとめ3・・誰が為の"仁義なき戦い"

戦いが始まる時、まず失われるのは若者の命である。そしてその死は、遂に報われた試しがない「仁義なき戦い 代理戦争」 AV強要問題ツィートのまとめ第三弾です。 「クロ現」・・声明・・要請書・・初めての自分自身の記事・・まで。 NHK総合「クローズアップ現代」 "私はこうしてAV出演を強要された~知られざる被害の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

AV出演強要ツィートまとめ

信じるなよ!男でも女でも、思想でも。本当によく分かるまで! 分かりが遅いということは恥じゃない。後悔しないための、ただ一つの方法だ。 威勢のいい奴がいたら、そいつが何をするか、よおく見るんだ。お前の上に立つ奴がいたら、そいつがどんな飯の食い方をするか、他の人にはどんなものの言い方をするか、言葉やすることに裏表がありやしないか、よおく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート4・・・極私的AV業界篇

AV村社会。カネにならない現実なんて誰も書かない。 "金のない悲劇。金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲劇を産む"  ほぼ毎日、ツィートしている。 https://twitter.com/kohe000 未練がましく、まとめてみた。 呟き、という名の、これも自撮りか・・・。 "己を偽るな。裸の己をさらけ出…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート3 女の敵は?篇

泣かせたから 笑うんだよ 私たちが泣いたらその何倍も泣く人たちがいるから 私たちは後悔しても笑って生きてるの(現役単体女優) AV業界を巡るリツィート第三弾です。  https://twitter.com/kohe000 男の僕に・・ただの弱虫の僕に・・何が言えるでしょうか。 熟女系単体女優(キャリア5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート2 男ども篇

僕は男尊女卑ですが、女性蔑視ではありませんので(元AV監督、現農業)    AV業界を巡るリツィート拾遺、第二弾である。 https://twitter.com/kohe000 今回は男、オトコ、野郎共にこだわって?選んでみた。 AVに関わる男とは? AVを見る、AVに出る、AVを作る、AVを売る、AVを語る・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート

AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要(現役単体女優) ツィッターを本格的に始めて一年強。   https://twitter.com/kohe000 最近なぜか業界関係のリツィートを、それこそビーバップみのる監督曰く「狂ったように」連日行っている。 理由もきっかけも分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年私的映画録

"落とし前をつけよう""何言っているんだよ、今さら!落とし前がつけられるのかよ!俺たちみんな、勇気がなかったんだよ!俺も、あんたも、あんたも、あんたも・・・勇気がなかったんだよ!!"「実録連合赤軍」より 去年一年間で見た映画、再見も含めて403本! 異常である。 またまた呆れ返る数字である。 僕は一体何をしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画メモ拾遺編・・・「ランボー最後の戦場」「暴力」「植村直巳物語」

"俺達の中に、望んでここにいる人間はひとりもいない。だがこれが我々のしていることなんだ。我々は押し付けられてきた。ムダに生きるか、何かのために死ぬか。お前が決めろ" 「暴力」 日 52年 監督吉村公三郎 脚本新藤兼人 撮影宮島義勇 出演日高澄子 若山セツ子 木村功 菅井一郎 大阪の真昼のスラム街を見下ろす橋の上での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男優私録・その五

"俺か・・・俺は人間という人間に腹を立てている男さ。そのくせ、俺も人間なんだ" 映画「眠狂四郎殺法帖」より つぶやき風に・・・思い起こすままに・・・。 久々のナチュラルな美乳に驚嘆した。 豊胸全盛なんて以前に書いてしまったことがあったが、まだまだ自然界の力には敵わない。 見事な大きさ、若々しい張り、底無しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年私的映画録

「刀を持ってない人を斬ったことがありますか?」「無いと言えば嘘になる。だが、我が身を守るためにやったことだ」「嘘だ!刀を差している人間がいつも、刀を差していない人を・・・侍は勝手に人を殺していいんですか?それが偉いっていうことですか?!」(「眠狂四郎多情剣」より) 昨年見た映画、再見も含めて342本・・・まったくイジョー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画メモ拾遺編・・・「悪人」「黒部の太陽 特別編」「禅 ZEN 」

"人が欲求のほむらを燃やし、思いを昂ぶらせ、苦しむのは、卑俗なものごとのためである。善きものは人を昂ぶらせたりしない"レフ・トルストイ 「悪人」 2010年 日 監督李相日 原作吉田修一 出演妻夫木聡 深津絵里 柄本明 樹木希林 誰が悪人か? 探しても意味はない。 分かったフリをしても、何も変わらない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この道より・・・

今年・・・もうすぐ終わろうとしている。 僕は生きてしまった。 どうしてか、生きていてしまった。 何のために・・・誰かのために・・・・? 1月 「無能の人」(91年 竹中直人監督・主演) こういう映画を見てから始めた2011年。 無能は変わらない。 後ろ姿は変わりばえしない。 「人間の条件」第一部第二部第…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

AV女優は偉い。

人間なんて偉くない。男なんて偉くない。女だって偉くない。でもAV女優は、偉い。僕はそう信じる。人間だから信じる。 「この瞬間にアンタが失敗したら、誰もアンタを人間として信用しなくなる。アンタ自身が、自分を信用出来なくなる」 「・・・そのとおりだ」 「わかっていて、何もしないのですか?」 「何をしろって言うんだ?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年私的映画録

"春三月縊り残され花に舞う と吟じた大杉栄と、乱調の美の生涯を生きた伊藤野枝の反逆とエロトロジーについての若きわれわれ、私それともあなたのアンヴィバランスな加担に至る頽廃の歓びのあるトーキング" 「エロス+虐殺」(脚本山田正弘&吉田喜重)のオープニングタイトルである。 去年2010年に見た映画、初見だけで・・・321本!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画メモ拾遺編・・「略称・連続射殺魔」「ランボー」「沙耶のいる透視図」

"君のすぐ間近に 戦いが待っている その戦いで 君は殺されるだろう 踏み出す一歩は ほんの始まり 心の痛みに 足も重い 誰か味方は 待っていないのか" 「略称・連続射殺魔」 69年 日 監督足立正生 製作佐々木守 岩淵進 野々村正行 松田政男 山崎裕 足立正生 撮影野々村正行 ナレーター足立正生 昨今、"貧しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画メモ拾遺編・・「Mishima」「絞死刑」「地獄」「乾いた花」

やはり日記から映画短評を。 僕はこんな映画ばかり見ている。 だから、変わり映えもない・・・。 「Mishima :A Life In Four Capters」 85年 米=日 監督ポール・シュレイダー 脚本ポール&レナード・シュレイダー 製作総指揮フランシス・コッポラ&ジョージ・ルーカス 音楽フィリップ・グラス 出演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

導きに死なず・・・「燃えよ!カンフー」詩録

「・・・もう何も教えません。あなたが持っているものは解毒剤ではなく、他の毒でしょう?」「何を言うんだ、私がこれだけ言ってるのに信じないのか?!」「信じさせたければ、あなたが自分でその薬を飲んでみせて下さい」 少林寺時代、まだ少年だった僧は、時の皇帝に、日本の能を見せようとした老師のお供として宮殿を訪ねる。 だが、死期迫っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

案心立命・・・・「燃えよ!カンフー」詩録

"自らを卑しめよ・・・迷いを忘れて案心立命を得ん・・・地に芽生え、母より産まれいづるもの、全てと己を帰一せよ・・・久遠の静けさに戻ろうを得ん" 僧は、ならず者の白人一味に追われていたアパッチの戦士オスカイをかくまう。 オスカイ「肌の色、あいつらと違う」 僧「私は、中国人です」 オスカイ「中国人はもう何度も見てるが、あんた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

封殺される魂・・映画メモ「生きものの記録」&「証人の椅子」

「黙っていることは、言えないのでない、言わないのでもない。意味が相手に通じないのだ。表現の無能無力、感情の行き詰まり、放心だ。抵抗する何物も持たない者の唯一の武器は、それより無い。黙っていても、考えてはいる」 「生きものの記録」・・・55年 監督黒澤明 出演三船敏郎 志村喬 根岸明美 千秋実 「死ぬのはやむをえん・・・だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV女優は悩む。

AV女優と言えば、ただひたすらに明るくスケべでノー天気、というイメージが一般的なのは否めない。 だが、それは一人で大勢の男達を前にしている時のみ、と考えても間違ってはいないのではないか、と最近思っている。 つまり彼女達だって暗く、深刻に悩んでいるのだ。 AV女優ならではの苦悩は、決して小さくも馬鹿馬鹿しくもない、ということだ。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more