テーマ:独り言

独り、ごと・・・・

ただ何となく書いてみよう・・・どうせ誰も読んでいない。 男優の戯れ言・・・一応、読書録。 最近、読んだ本。 「怪優伝 三國連太郎・死ぬまで演じつづけること」(佐野眞一 講談社) 88歳・・・まだ30年以上ある。 生きているはずがない。 男優でいるはずがない。 新人の頃、大御所の舞台人から俳優に向いてないから…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

再開?分からない・・・・。

ブログを再開した。 いや、単に九日間中断した・・?。 どっちでもいい。僕は怠けた。それを誰一人、気にもとめなかった。 それだけのことだ。予想・・・通りだ。 きっかけはパソコンの故障だ。 まったくの不意打ちで、見事にぶっ壊れてくれた。 随分前から調子が絶不調だったから、別に驚くこともなかった。 来るべきことが来た。当たり…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

AV女優は悩む。

AV女優と言えば、ただひたすらに明るくスケべでノー天気、というイメージが一般的なのは否めない。 だが、それは一人で大勢の男達を前にしている時のみ、と考えても間違ってはいないのではないか、と最近思っている。 つまり彼女達だって暗く、深刻に悩んでいるのだ。 AV女優ならではの苦悩は、決して小さくも馬鹿馬鹿しくもない、ということだ。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

見えない日々。

また寒くなった。 あっと言う間に、十度近く気温が下がった。 もはや梅雨なんかではない。四季から外れたんだ。 こんな地上で、人間はまだしつこくイキガってるんだ。 冬物片付けたと思ったら、この気温である。 ただでさえ寒がりなのに、ほとんど拷問である。 出鱈目に着込む。あり合わせをひっ被る。 人は裸では生きて行けない。僕はそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一年たった・・番外集計版。

またまた、一年たった、である。 せっかく過去のデータを見直したついでに、ちょっと気になった回について書かせてもらう。 一応、予想外にアクセス数の多かったヤツばかりだ。正直、こんなものが・・・の気分なのだ。 「天井よ、またお前か・・」(2005年8月26日) 人気ベストで堂々18位に入ったコレだ。 AVネタオンリーにあって唯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉体が、棄てる。

久々にトレーニングした。いつものようにサンドバックを蹴った。 そこに僕の肉体はなかった。 すさみ果てた、ガラクタの四肢が、無様にヨタっているだけだった。 体調は可もなく不可もなし、だった。 寝不足でも食べ過ぎでも、余るほどのストレスもなかった。 それなのにストレッチの時から様子が違った。 とにかく固い。普段の半分以下にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年たった・・不人気集計版。

さて、ワーストテンである。これはもう、語るに落ちる。 「燃えよ!カンフー」詩録! 一番思い入れを込め、刻むように書いているのに・・と言って誰が知ろうか?誰が振り返ろうか? (公開一週間前後はアクセス数が変動するので、今年7月7日以前の集計分からである)。 1「動かぬ水となれ・・燃えよ!カンフー詩録」(2006年2月5日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年たった・・集計版。

一年経った。我がブログを振り返ってみることにした。 まずは人気ベストテンだ。予想はとっくについている。 ここはAV男優のブログだ。つまりは、間違い無くアダルトサイトでしかないのだ。 1「懺悔の再会~僕だけのサクリファイス~」(2005年8月1日) 2「愛を飲み続けたマリア・・倉沢七海ちゃん」(2005年8月27日) 3「鬼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年たった・・・。

一年経った。 ブログを始めて、とうとう丸一年経ってしまった。 それだけのことだが、何も考えないわけではない。 僕は一年もまた生きてしまった。それは結局、空しいだけの月日だった。 昨年の今日、僕はこんな文章を書いている。 ”ブログを作った・・・今日もひとりだった。誰とも口をきかなかった” 一年後の今日、僕はこの文章に書き加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こころの病い人~楽になれないあなたへ~

こんばんわ。 夏なんでしょうか、まだ梅雨なんでしょうか。 わからないことだらけですね。生きることは、見えない先々の霧が、永遠に通せんぼしてるみたいですね。 だから、怠けていいんです。立ち止まって、うずくまって、へたりこんでていいのです。 どうせわからない。何も見えない。 それが楽になる第一歩です。 苦しみ過ぎているあなたは、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

24歳の犯罪。

24歳の男が殺人を犯した。彼は働いていなかった。 24歳の僕は、エロ業界に入っていた。僕にはたまたま、殺したい相手がいなかった。 僕は23歳から働き始めた。背広を着、地下鉄を乗り継ぎ、いくつかの職場をほとんど一か月単位で辞めていた。 「文章に関わるような仕事には就かない方がいいよ」 ある先輩からそう言われた。半年後、僕はエロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のために、何のために・・・。

誰のために書くのか。 何のために書いているのか。 そろそろブログを始めて一年になる。それがどうした・・・僕は何をしてきた? 相変わらず天候には馬鹿にされる。 晴れてほしい日には、どしゃぶり。 籠りたい日には、あざ笑うようなカンカン照り。 ミサイルでも何でも、飛んで来てくれ・・・そんなことも考える。 自分のことばかり。自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

頑張っている人

頑張っている人がいる。 病気と家族をかかえながら、精一杯生きている人がいる。 僕はその人に言葉を送る。 僕でも、何も出来ないわけではない・・・。 向こうは東京より遥かに北なのに、猛暑が続いていたという。 でも今日は東京と同じ、どしゃぶりの冷たい雨。 寒くて布団にくるまって寝ていた、とか。 僕と同じ、だ。僕も不快な汗にま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの病い人~眠るだけでいい、あなたへ~

こんばんわ。 大丈夫ですか。 つらくないですか。いいえ、もっとあれから、つらくなりましたか。 時間があなたを慰めてくれない・・・苦しいですね。もう嫌、になってしまいますね。 でももう少し、もう少しだけ・・・そのために今はただ・・・眠って下さい。時間を消して下さい。 そう、今のあなたは眠ることが必要だから。 たとえ眠れなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるシナリオ(これじゃ没)

タイトル「美人妻痴刑執行台 必殺必中イかせ屋稼業~あなたのオンナをイかせまくります~」 どんなタカピー女でも、必殺のテクと悪魔の性具で徹底的に、死ぬほどイかせまくってみせる、闇の痴事師達の暗躍記・・・。 浮気がバレて離婚訴訟を起こされた男が、お嬢様育ちの堅物妻の痴態を、VDにおさめてくれ、という依頼。 1 玄関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たるむ日々

暑い。異様に暑い。 そのくせ肌寒さがどうしても抜けきれない。 僕の体は末期的らしい。それも仕方のない、精神の弛緩が、やるせない。 猛暑の中に数時間座っていた。全身汗だくで、途中から感覚がなくなっていた。 生きている感覚。 動いている感覚。 しゃべっている感覚。 人と会っている感覚。 僕はもうどこに存在しようが一人だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここはどこだ?

またテッペン越えた。それは別に構わなかった。 問題は帰りの足だった。 ここはどこだ? 僕はどうやって帰ったらいいんだ・・・。 どこ?というほどの遠方でも僻地でもない。 たかが埼玉県だ。なぜかサイタマ、東京の隣だ。 要は時間がまずかった。平日の午前二時過ぎ。 撮影が終了し、僕はギャラとタクシー代をもらった。正直、都内まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしてこんなことばかり・・・だ。

大したことじゃない。 でもどうしようもなく、やるせないことばかり続きやがる。 マトモに進むことが全然ない。 すべてが歪み、あらゆる不快だけが、僕にまとわりつく。 死ねって言うのか・・・もう人生楽しむ価値なんてないよ・・・そう言いたいのか? また一つ約束が流れた。 誰のせいでもない。天気が悪かっただけ。 曇りのち晴れ、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズレまくりの世事

世を上げてサッカー一色である。 僕はまったく興味がない。 いつの間にこんな世の中になってしまったのか。僕はズレまくったまま、今日も漂っている。 元々ブームとやらには、疎い。 携帯もパソコンも、WWEもエビちゃんも、すべて一段落ついてから試し始める始末。 騒がれていると嫌なのだ。根本的に天の邪鬼なのだ。 よって僕がサッカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四連チャン

四連チャンである。 久々の四日連続撮影である。 死ぬ、とは思わなかった。しかし、予想通り、重量級の疲れで、今日は仮死状態だ。 これ以前の四連チャンというと、いつのことになるだろうか。 ほとんど記憶にない。初めて、とは言わないが、恐らく五年以上ぶり・・・とアヤフヤな記憶を辿っていたら、何のことはない、あの撮影を思い出した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV差し入れ放談

AV現場にも、たまに差し入れがある。猥雑とした?雰囲気が妙に和らぐ。 撮影はひとつの人生だ。おやつタイムくらいあっても、バチは当たらないのだ。 AVに限らず撮影現場の差し入れとくれば、ほとんどがお菓子となる。 先日もそうだった。どこのどちらさんか知らないが(大変、失礼)箱いっぱいのショートケーキを差し入れしていただいた。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるシナリオ(やっぱり没)

タイトル「精神崩壊モルモット 女子大生脳内淫虐測定」 テーマ・・・堅物な学士娘が、どのようにされると淫らなスケベ女に変貌するか?       脳波測定器を駆使して、恥辱の人体実験を行う好色教授達。 1・・・大学の研究室から出て来た女子大生に馴れ馴れしく声をかける不良学生。     「またこれから家庭教師のバイト?もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの病い人~自分を追い込んでしまうあなたへ~

どうしたの? どうしたの? 何があったの? 何を怯えているの? あなたは生きてる。そこじゃない。ここに生きてる。 一人じゃないから。ここにいるのだから。 泣いていい。信じていい。生きてて、いい。 苦しいの? つらいの? もう耐えられない・・・消えてしまいたいの? もう頑張らないで。 もう追い込まないで。 楽に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

免許怪伝?

免許の更新に行った。AV男優が、そんなことをしに出掛けた。 なぜか笑ってしまう。一応、自分も一般社会人だったか・・・こんな時にしか気が付かないのだ。呆れたものだ。 場所は都庁第二本庁舎。 駅から遠い。オマケに分かりにくい。 通り越してから気付いて、グルっと廻った。ガラス張りの大きなドアがやたらとあるくせに非常時用のみで、開い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我がままM女惨夢

イジメてくれ、という依頼だった。縛られるだけで感じる、という子だった。 結果は無惨。 M女には違いなかった。ただし、まったくのワガママ奴隷だった。 こういう子とは、必ず半年に一遍は当たる。 その度に失望し、己の卑小さにウンザリする。 彼女達はMを自称する。縛り、スパンキング、蝋燭・・・その他、得意?メニューを喜々として語る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AVドリンク探訪

撮影現場は喉が渇く。性は体液を伴う行為だから、余計に喉が枯れる? 人間、食べ物より水分の方が、命に繋がっている。 AVは、乾き切った人間には、作り得ない世界だ。 撮影現場の控え室といえば、まず飲み物である。 ”つなぎ”と呼ばれる軽食やお菓子が無くなったとしても、飲み物だけは絶えず補給されているのが一種の常識だ。 定番は、ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も見た・・・

今日も見た。 「AVアイドルを舞台に上げてヤジとイジメで犯しまくる 3」(甲斐正明事務所) 自分の出ていないところばかり見ていた。僕はこの作品に、必要だったのかどうか・・。 この作品の評価を決定的に分けるのは、やはり主演女優に対する思い入れだろう。 それはまた全ての人間追求ドキュメントにおいて、言えることだろう。 彼女を愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡る日々

パソコンの調子が悪い。 いよいよ末期的症状を見せ始めたらしい。 らしい、とは他人事だが、正直焦りも恐怖もないのだ。 主である僕の方が、万年末路をグルグル回っているのだ。 髪を切った。注文通りやってくれなかった。 すでに四回目の常連なのに・・・つまり裏切られた。 やり直し。責任追求。イヤミの再来店。 こんなことしたくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるシナリオ(さらに没)

タイトル「トーシロ娘 掟破りの暗黒仕置き 掲示板編」 1 メーカーHPの掲示板・・ある女の書き込み。              「おたくのビデオ見たけど全然つまんない!あんなの全               部ウソでしょ。女の体があんなヘタクソなプレイで感               じるはずがない。私は彼氏とラブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀む日々

暑いのか寒いのか分らない天気が続く。 元気なのか、生きたくないのか、見当もつかない日々が続く。 僕は「大丈夫」なんかじゃない。そんなことさえ、誰にも伝わらない。 なぜだろう? 毎日、更新しているからか。 AV男優なんかやってるからか。 人を愛そうなんて、浅ましい思いに取り憑かれているからか。 モテるでしょう? 癒し系…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more