テーマ:「501」

AV出演強要ツィートまとめ

信じるなよ!男でも女でも、思想でも。本当によく分かるまで! 分かりが遅いということは恥じゃない。後悔しないための、ただ一つの方法だ。 威勢のいい奴がいたら、そいつが何をするか、よおく見るんだ。お前の上に立つ奴がいたら、そいつがどんな飯の食い方をするか、他の人にはどんなものの言い方をするか、言葉やすることに裏表がありやしないか、よおく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート4・・・極私的AV業界篇

AV村社会。カネにならない現実なんて誰も書かない。 "金のない悲劇。金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲劇を産む"  ほぼ毎日、ツィートしている。 https://twitter.com/kohe000 未練がましく、まとめてみた。 呟き、という名の、これも自撮りか・・・。 "己を偽るな。裸の己をさらけ出…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「劇場版501」の感想、なんて嘘(完全ネタばれ)・・・501遺文⑥

頑張らなくてもいいけど、頑張ってもいいよ。でも・・・頑張れなくても、いいんだよ。 「劇場版501」の感想、のつもりです。 完全ネタばれですので、未見の方は御注意下さい。 「劇場版501」は、4回見た。 最初のバージョンを2回。 再編集バージョンを1回。 再々編集バージョンを1回。 それぞれの感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート3 女の敵は?篇

泣かせたから 笑うんだよ 私たちが泣いたらその何倍も泣く人たちがいるから 私たちは後悔しても笑って生きてるの(現役単体女優) AV業界を巡るリツィート第三弾です。  https://twitter.com/kohe000 男の僕に・・ただの弱虫の僕に・・何が言えるでしょうか。 熟女系単体女優(キャリア5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート2 男ども篇

僕は男尊女卑ですが、女性蔑視ではありませんので(元AV監督、現農業)    AV業界を巡るリツィート拾遺、第二弾である。 https://twitter.com/kohe000 今回は男、オトコ、野郎共にこだわって?選んでみた。 AVに関わる男とは? AVを見る、AVに出る、AVを作る、AVを売る、AVを語る・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンフェア・ザ・リツィート

AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要(現役単体女優) ツィッターを本格的に始めて一年強。   https://twitter.com/kohe000 最近なぜか業界関係のリツィートを、それこそビーバップみのる監督曰く「狂ったように」連日行っている。 理由もきっかけも分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死に絶えるべし・・「燃えよ!カンフー」詩録

 「愛とは何ですか?」「愛とは、調和だ。響き合うことだ」 本稿は2005年9月3日公開記事の拾遺篇です。 高僧「海の向こうに何があると思うのだ?」 僧「見たことのない父の国があります・・・私につながる遠い過去があります」 高僧「では、いつか訪ねて行くのだな」 僧「過去を訪ね求めることは良いことですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男優私録・その七"Woman-貴方たちへ-"

"軽んじられ 忘れられ 疎まれることを受け入れる 侮辱され 傷つくことも"    僕は50年近く笑われてきました。 十代はイジメられっ子として。 以降は男優として。 けれど僕も笑ってきました。 醜いものを。 馬鹿なものを。 ブサイクなものを。 情けないものを。 どうしようもないものを。 そして・・・自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は私!文句あるか?!・・501遺文⑤

私は私、みんなとは違うの。これやらないと生きていけなかったんだ。 単発TVドラマ「青い花火」 制作NHK 98年11月28日放送 作・鎌田敏夫(資料提供・永沢光雄) 演出・若泉久朗 出演 桃井かおり 松尾れい子 岸部一徳 伊藤景衣子 黒川よし佳 谷本一 夕樹舞子 長坂しほり 松田千奈 林由美香 加藤玲子(桃…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こころの病い人~舞台に立たないあなたへ~501遺文④

こんにちは。難しい天気ですね。難しい舞台ですね。人生という舞台。あなたの舞台。誰かに見てほしいです。僕が見ていたいです。 501は舞台です。 あなたはそこにいなかった。 当たり前です。 あなたは女優じゃないから。 パフォーマーじゃないから。 人前に出れる人ではないから。 覚悟?違います。 商品価値?違います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕の閉会宣言・・・「501」遺文③

「501」は終わりました。いえ、終わってはいません。でも司会者として勝手ながら、とりあえずの「閉会宣言」をさせていただきたいと思います。 ドキュメントAV「501」は一応終わった。 いや、一区切りついた。 されど僕の「501」は終了していない。 僕は総合司会者だ。 そして開会宣言を行った以上は、閉会宣言もまた責…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

僕が501に出る理由・・「501」遺文②

「なぜ、501に出るの?」「他に出来ないからだ」 なぜ、501に出るの? 「あと何本、出演出来るか分らないから」 なぜ、501に出るの? 「いつ死んでも、おかしくないから」 なぜ、501に出るの? 「ツィッターを始めたから」 なぜ、501に出るの? 「最初の企画がポシャったから」 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"ドキュメント"に出る・・・「501」遺文①

ドキュメントAVに出演します。タイトルは「501」。僕は来月、そこで生きます。 ドキュメントAV・・・・・。 過去何本、僕は出演しただろうか? 現在入手可能そうなものをざっと挙げてみると・・・。 V&Rプロダクツ 「ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル」シリーズ 「ブラックジーザス栗と栗鼠スーパースター」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

出演作リスト

気まぐれに出演AVリストなどを書いてみた。 このブログもいつまで続くか、知れたものではない。 とにかく書いた。 それだけのことだ。 現在DVDで入手可能なもののみメーカー別(順不同)に列記した。 タイトル等不明なもの、二度と思い出したくないもの、完全に記憶から抜け落ちたもの、は全て割愛、と言うより、もはやどうしようもない。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そして、見た・・・。

そして見た。やっと見た。 「AVアイドルを舞台に上げてヤジとイジメで犯しまくる 3」(甲斐正明事務所) 今は、見たとしか言えない。あれからざっと百六十日・・・。 僕も疲れた。 一度見たくらいでは整理はつかない。先に疑問点だけを思いつくままに列記してみる。監督、ご容赦を・・・。 BGMが、あざと過ぎないか? クラシック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な人々

撮影現場には色んな人がいる。AVならではの、特異な雑居がある。 その中の一部の人々・・・彼等は基本的には一般人だ。にしては、奇妙な行動が、どうにも目立つのだ。 同じ男優である。控え室が一緒になる。 なぜか、自分から挨拶しない。自分の方から名乗らない。 別にこの世界は実力至上だ。年功序列なんて、ナンセンスな話だ。 それにして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NG男優の言い訳

NG女優と共演した。絡みはしなかったが、なぜか一緒に仕事してしまった。 僕がNGにしていたのではない。彼女が僕を当初NG男優にしていたのだ。 こういうことには、もう慣れっ子だ。AV男優に選択権はないのだ。 僕は何人の女優にこれまでNGとされてきただろう。数えたこともない。数えられる道理がない。 ただ確実に言えることは、共演し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

セリフ覚え陰話

セリフ覚えが悪い。最近とみに良くない。 年のせいだけではないだろう。人の書いたセリフが耳に入らないのだ。自分の言葉以外、誰の語りも感じ取ることが出来なくなっているのだ。 僕は僕自身しか演じられない。 それなのに僕ではない人間を、要求され、強制されるしか生きる術がない。 先日も、なかなかのセリフの量だった。僕一人だけが、ワンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってこーいよー!

AV女優のカムバックが相次いでいる。僕は一向構わない、と思う。 彼女達は自由だ。野郎共に何と言われようと、AV女優は生き抜くための存在なのだ。 先日、新堂有望チャンのカムバックについて書いたが、僕は一切否定などはしていない。自分の勝手な追想にしばしふけっていただけだ。 けれども業界内には色々なことを公然と言う輩もいる。 ”戻…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

AV女優のイヤミ

何事もヘタに頭数が揃うとロクなことはないというが、AV女優も例外ではない。 一人一人なら、それなりにおとなしいのだろうが、四人以上くらいになるともう手に負えなくなる。 本音の連鎖、素のインターネット? 現場の雰囲気はどうにもタチが悪くなるのだ。女優本人達だけが、それにまったく気がつかないのだ。 大体必ず、一人煽り役が出て来る…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

十五年、ひと昔

先日、林由美香のことを書いたお陰で、十五年前のAVを見てしまった。四半世紀前の、AV業界を、いきなり懐古してしまった。 これは書かねばなるまい。たった十五年、しかしその重さは、たかがAVされどAV、シミジミたる人間劇場なのだ。 「ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル 林由美香」(90年 V&Rプランニング)である。 当時と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、罵倒し続けるのか?

「AVアイドルを舞台に上げて~2」・・・僕はほとんど画面には映らず客席から叫ぶのみ。マイクを持っているのに、ひたすら叫んでいる。終始、絶叫している。なにをどうしゃべり伝えようとしたかなんて何も覚えていない。画面で見直しても自分の言葉だけさっぱり支離滅裂。僕はただ声を裏返して叫んでいる。わめいている。吠えている。 僕は怖かったのだ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more