テーマ:生活

2010年私的映画録

"春三月縊り残され花に舞う と吟じた大杉栄と、乱調の美の生涯を生きた伊藤野枝の反逆とエロトロジーについての若きわれわれ、私それともあなたのアンヴィバランスな加担に至る頽廃の歓びのあるトーキング" 「エロス+虐殺」(脚本山田正弘&吉田喜重)のオープニングタイトルである。 去年2010年に見た映画、初見だけで・・・321本!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年、私的映画録

去年見た映画・・・初見だけで171本。 再見も含めて記憶に残ったタイトルを列記してみる。 だからどうした?別に何の意味はない。 これも僕だけの足跡。誰でもない、極私の映像録・・・。 (製作年 国 監督 主演者)順不動 「愛の流刑地」(2006 日 鶴橋康夫 豊川悦司) 「LOFT」(2005 日 黒沢清 中谷美紀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たるむ日々

暑い。異様に暑い。 そのくせ肌寒さがどうしても抜けきれない。 僕の体は末期的らしい。それも仕方のない、精神の弛緩が、やるせない。 猛暑の中に数時間座っていた。全身汗だくで、途中から感覚がなくなっていた。 生きている感覚。 動いている感覚。 しゃべっている感覚。 人と会っている感覚。 僕はもうどこに存在しようが一人だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここはどこだ?

またテッペン越えた。それは別に構わなかった。 問題は帰りの足だった。 ここはどこだ? 僕はどうやって帰ったらいいんだ・・・。 どこ?というほどの遠方でも僻地でもない。 たかが埼玉県だ。なぜかサイタマ、東京の隣だ。 要は時間がまずかった。平日の午前二時過ぎ。 撮影が終了し、僕はギャラとタクシー代をもらった。正直、都内まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四連チャン

四連チャンである。 久々の四日連続撮影である。 死ぬ、とは思わなかった。しかし、予想通り、重量級の疲れで、今日は仮死状態だ。 これ以前の四連チャンというと、いつのことになるだろうか。 ほとんど記憶にない。初めて、とは言わないが、恐らく五年以上ぶり・・・とアヤフヤな記憶を辿っていたら、何のことはない、あの撮影を思い出した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許怪伝?

免許の更新に行った。AV男優が、そんなことをしに出掛けた。 なぜか笑ってしまう。一応、自分も一般社会人だったか・・・こんな時にしか気が付かないのだ。呆れたものだ。 場所は都庁第二本庁舎。 駅から遠い。オマケに分かりにくい。 通り越してから気付いて、グルっと廻った。ガラス張りの大きなドアがやたらとあるくせに非常時用のみで、開い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡る日々

パソコンの調子が悪い。 いよいよ末期的症状を見せ始めたらしい。 らしい、とは他人事だが、正直焦りも恐怖もないのだ。 主である僕の方が、万年末路をグルグル回っているのだ。 髪を切った。注文通りやってくれなかった。 すでに四回目の常連なのに・・・つまり裏切られた。 やり直し。責任追求。イヤミの再来店。 こんなことしたくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗い日々

雨が続く。心にも雨が降り続ける。 楽しいことなど何もない。 嫌なことしか、日々を訪れてくれない。 また舌を噛んだ。いつか記憶もないままに舌の付け根に傷がついた。 食べにくい。しゃべりにくい。染みて痛くて、イライラが治まらない。 たかが舌先。口中のかすり傷。 そのつまらなさが、腹立たしいのだ。こんな下らないことでムカついて…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

また風邪?

また風邪?である。 この陽気なのに、絶えまない悪寒である。 一体どうなっているんだ。 僕の体にはもう、何の根っこも残ってないんだ・・。 大して無理はしていない。断固、無茶な張り切りなんかに欲をかいてはいない。 現場が続いた。が、時間にしても労力的にみても、きついものではなかった。 それなのに翌日から寒気がしてきた。少し薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれなる秒読み

パソコンがおかしい。いよいよ秒読みが近い。 するとこのブログもカウントダウンか。次なる気まぐれまで、さえない沈黙か。 どうでもいい。誰も困りゃしない。僕の日常自体、風前の、繰り返しだ。 パソコンが変な音を立てる。 唸るような、引きずるような、不快な音をずっと立て続ける。 実際、もう寿命だろう。 今年で五年目? よくもっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなことばかり

また騙された。またコケにされた。 最近こんなことばかり。 いや、一生こんなことばかり。 約束の時間に待たされた。一時間外でブラブラして、約束の場所でまた電話をくらった。さらに三十分遅れると。 何しに来たんだ。こんな想いで、これから何をするつもりなんだ。 集合時間にスタジオに入っても知った顔一人もなし。それどころか話も通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デザイナー失格!

デザインテンプレートをやめた。アッサリやめた。 やってられないのだ。実に馬鹿馬鹿しい、軽薄な理由だ。 正確にはランダムテンプレートをやめた、ということ。つまり写真が載らない。 理由は簡単。 僕は自分の遺書をプリントしている。誰に遺すわけでもないが、とにかく過去のものはすべてプリントして保存している。 それがランダムだと写ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機械文明こぼれ節

昨日、携帯を買い替えたことについて書いていたらアレコレ思い出してしまった。 大したことではない。茶化されているだけだ。 我々の生活は、機械というデモ隊に始終煽られているんだ。 機械ってヤツは結局当たり前に動くか、まったく無情に壊れるか、どっちかでしかない。 僕はよく壊される。 携帯みたいに自分の不注意で落っことしたのなら諦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

携帯恨み節

携帯電話を変えた。またまた気まぐれで変えた。 さっそく後悔している。使い方がサッパリ分らない。まったくワケが分らない。 携帯は鬼門だ。こんな男優、僕だけだ。 そもそも初めて携帯を買うのは遅かった。普通に流行り出してから、三年は遅れていた。 いい加減、持って下さいよ。 連絡の不便さに馴染みのスタッフから悲鳴が上がったところで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

即日デザイナー?

デザインテンプレートというのを始めた。記事ごとに背景が変わるわけだ。 まったくの気まぐれ。いつまで続くか。いつ頃、忘れてしまうか・・・。 今までしてこなかったのは、別に理由もない。単に気がつかなかっただけ。まったくの、それだけ。 ブログそのものにしても、ある日、偶然だ。唐突な思い付きだ。 それでもう八か月目。ざっと二百五十回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

翌々日の疲劇

疲れは翌々日にでる。現場明けの翌々日は、いつも地獄である。 全身が、だるい。気分が重たい。 こんな繰り返しで僕の残りの人生は、終わる。 嘆く気力もない。抗う心も、へたり込んでいるしかない。 昨日は時差ボケ。 何せ一昨日、帰宅して寝たのが午前一時過ぎ。そのくせいつも通り(?)六時半に目が覚めてしまった。 ニ度寝したら、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪と共に懲りず

風邪が直らない。いや、直ったはずなのだが、直り切ってくれない。 この寒さのせいだ。しつこいほどの底冷えのせいだ。 暖冬なんて言った奴は誰だ? 僕はとことん、追い詰められていくみたいだ。 昨日は曇った末の雨。 今日は晴れ渡ったあげくの・・・わかりゃしない。予報なんてホトホトあてにならない。 また雨か、それとも雪か。 喉の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風邪から逃れて

風邪が一応直った。完治ではないが、とりあえずまともに動けるようになった。 もっとも、昨日書き過ぎた。 今日はここまで、後は来週・・・とはいかないのが、僕の何だ? 直ったかと思ったら、この寒さだ。 雨も雪も降っていないが、とにかくどんより底冷えの空気だ。 一日、陽も差さない。電話もない。メールもない。 何のための一日だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪ひき男優自転車行

風邪が直らない。 一昨日の今日だから、当たり前か。 それにしても喉が痛い。寝起きなんて、焼け付くみたいに痛い。 こんな日に自転車行脚だ。今週の快晴は今日ぐらいだから、仕方ないのだ。 目的は隣の駅前のツタヤにDVDを返却すること。 「花と蛇2 パリ 静子」。 ひどい映画だった。救いようもない駄作だった。 人間描写が出鱈目…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

風邪ひき男優

風邪をひいた。とうとう、ひいた。 まあ無難な線だろう。僕なんぞでも風邪をひく。 馬鹿でも、怠け者でも風邪くらいはひく。 そういう世の中らしい。人間に、変わりは、ない。 若松孝二監督のインタビュー本を読んでいる。 世界を股にかけての凄まじい行動力には、ほとほと敬服する。 僕は日本以外、どこも知らない。 カンヌもバレスチナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

AVグルメ探訪

先日書いた食に関する話題の続編である(ネタ不足で遂に安易な、引っ張り戦略に走ったって?) AV現場にだって食はある。AVならではの、グルメ文化がある(ホントかよ?!)。 腹が減っては、アレもヤれぬ。ひもじいままでは、イくのもしんどい。 人間は食う生き物だ。男も女も、しょせんは喰い合いの果ての、サバイバルだ。 撮影現場の定番と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食い下手男優

食い下手である。 つまり味覚オンチである。 御馳走ってのが、わからない。マズいってのも、あまり感じない。 貧乏性だ。安上がりにできているんだ。だから飢えなくて済んできたんだ。 外食はしない。誰かと一緒でない限り、一人で外でメシ食うなんてことは、まずない。 上京して色んな所に住んできたが、駅から家までにどんな飲食店が並んでい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シロウトの日常

久々に取材を受けた。 日常のことを聞かれた。男優の日常なんて・・僕の生活なんて・・・。 しゃべっているうち、何ともやるせなくなってきた。語るに落ちる、とはこういう生活を言うのだろう。 僕はこれでも社会人か。都会で暮らしている分別盛りの中年世代か・・・。 十七年の男優人生で、取材されたのは七八回。 大抵が、言葉責めについての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は冴えない

今日は冴えない。本当に、だるい。 昨日の風は強かった。あんな日にわざわざジムへ行った。 今日は大して吹いていない。気温だって・・・わからない。 肌寒いから。悪寒がするから。 冴えない日はたまに巡ってくる。 寒気、だるさ、筋肉痛にあちこちの凝り。 全身から重たくてやるせなくて、うっとおしい。息するのさえ、きびし過ぎて、どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の思い出

雪だった。いきなり昨日は大雪だった。 丸一日閉じ込められた。心地よい隠遁だった。 仕事がないと、雪の日は、静謐なる独居と化す。僕は怠け者だ。寒がりのエセ行者だ。 久々の東京豪雪デーらしい。 僕の記憶では2002年の12月9日にもこんな風に雪景色が覆った。 やけに記憶が細かいのは、よりにもよってこの日が仕事だったから。それも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿男優日記

久々、新宿へ出た。 いや、そんなはずはない。平均すれば最低週いちペースは利用している。新宿駅を。 つまり新宿という町自体をブラついたのは久しぶりということだ。 混沌の町、新宿に紛れるAV男優。はかないものだ。ここは、どこだ? 東口前に腰を下ろした。ジベタリアンではない。細長い花壇らしきものに沿った太い手すりの上に。 70年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ死んで、ない

稽古始めに行った。 今年初の単なる自主トレではあるが。よりにもよって東京はこの冬一番の寒さ? どうにでもなれ、死ぬ時は死ぬ・・・。 例によって六時起き。充分真っ暗だ。 近くのコンビニで初売りの週刊プロレスを買う。 もう二十五年は毎週欠かさず買い続けている。 様々な発言、夢、野心、希望・・・人間は変わる。四半世紀も読み続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇に目覚める

トシのせいとは言いたくないが、ここ半年ほどやたらと早起きになった。大体五時過ぎ、遅くとも六時前には目を覚ましている。完全にまだ夜のままだ。 何をしているわけでもない。ただ起き出している。憑かれたように暗黒の底から、這い出ている。 こんな生活サイクル、初めての経験だ。 大学時代は一限目の授業なんて大抵遅刻、編集者時代もせいぜい八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰らざるや、レンタルビデオ

何気なく行きつけのレンタルビデオ屋を覗いてみた。仰天した。 なんと全面改装、100%のレンタルDVD店に生まれ変わっていたのだ。おいおい、僕のビデオ屋はどこへ行ったぁー・・・。正直、遠吠えしたい気分だった。 当たり前のこととは言え、ビデオテープは一本もない。どこかに中古バッタ売りコーナーくらいあるだろうとウロチョロしてみたが、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠い遠い、スタジオが遠い

またまたとんだ目に合った。どうってことではない、ただの迷子。そう、スタジオへの道を大間違いしてしまったのだ。延々の遠回り。死ぬかと思った。発狂するかと思った。人間なんて、ほとほと嫌になった。 初めて行くスタジオの場合、どういうわけか、当たり前のように「ファックスしますんで・・」という製作さんが多い。そんなに男優ってみんなファックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more