AV出演強要まとめ15・・泣き出しそうな毎日でも

どこへ向かっているのかも わからないまま ほら 毎日は過ぎ去ってく(キミにKISS)ストレートニュース Vol.1 [DVD] - 三上博史, 原田知世, 大塚寧々, 米倉涼子, 金子賢, 森本レオ, 竹中直人, 三上博史
ストレートニュース Vol.1 [DVD] - 三上博史, 原田知世, 大塚寧々, 米倉涼子, 金子賢, 森本レオ, 竹中直人, 三上博史




「(被害実態の報告書に)現役AV女優など業界関係者から反発の声が相次いだ」
「(AV人権倫理機構の取り組みは被害者支援団体から)根本的な被害の防止につながっていないと批判されている」
「AV業界の自主的な取り組みには限界もあり、業界内外の関係者から『何も変わっていない』という声も漏れてくる」
同意!
(弁護士ドットコムのAV強要記事について)

「全裸監督」を絶賛し、村西どころか黒木香氏ネタまでやったことを「清々しい」とベタ褒め!
#セクハラはネタじゃない と非難されたDJ社長との「会話」を自賛したように、こんな番組も「石を投げ合うより素晴らしい」ですか?
「男が声を上げねば」の掛け声はどこに?
面白ければOK!がマスコミの本音ですか?
(村西ネタの年末番組を記事にしたハフポスト編集長に対して)

「全裸監督」ネタの披露を「攻めた姿勢」と賞賛する大手マスコミの無責任なミソジニー姿勢が、強要という性犯罪疑惑&セカンドレイプ発言男に厚労省や日本青年会議所のお墨付きを与えたという自覚は無しですか?
AV問題を扱いつつ、大袈裟ではなく現政権の極右思想に加担するのは、矛盾してませんか?
(やはり村西ネタの年末番組を記事にした毎日新聞デジタルセンター長に対して)

残念ながらAV業界に#男と女で見えてる景色が違う は当てはまりません。
男女問わず「業界はクリーン。強要?見たことも聞いたこともない」。
でも実態は「勝ち組とその他で見えてる景色が違う」です。
4年前から何も変わっていない思考停止。
そして世間もマスコミも行政も「全裸監督」洗脳に染まる家父長体質!

格差業界速報!
一般俳優の勝ち組が斬られ役やエキストラにこんな傲慢なランク付けするか?!
フェラ男も汁男もエキストラも作品作りには欠かせない存在であり、れっきとした"AV男優"!
トップの出る大手現場ではこんな差別的冷遇を当然と思ってるらしいが、食事やタオル支給のちゃんとしたメーカーは少なくない!
(しみけん氏の男優ピラミッド構造のツィートに対して)

番組未見ですが、村西本人には被害者に謝罪させたのですか?
「セクハラは女の気まぐれ。男達よ、セクハラ批判を恐れるな」と放言しているAV強要疑惑まみれの元AV監督を起用すれば想定内のこと。
もし謝罪させてないのなら、性犯罪を放任したと見なされても仕方ありません。
アベマの見解ははどうなんですか?
(ラップイベントにおける村西のセクハラ発言に関して関係者に対して)

反吐が出る!
心底軽蔑する!
これがヒップホップ界のレジェンド?
これ以上ないセクハラ発言をエロコメントで済ませ、「監督を独りにしてはいけない」とゴマすりし、女性ゲスト一人にはカメラ使って悪ふざけ?
まさに典型的な女性蔑視のミソジニー思考。
視聴者のため?
全ては己の下劣な加害欲じゃないか!
(上記の別の関係者のセクハラ行為について)

最低!
同じ男として恥ずかしい。
セクハラに幅なんてない!
全てが「強要」「凶悪」「変態」であり、「エロじじいのスケベ悪ノリ」こそ「地位や権力を使った女性への犯罪行為」!
このヒップホップ男が村西とおるに加担してやったことは全部これらに該当する「セクハラ」という名の「性暴力」「魂の殺人」だ!
(同)

ヒップホップやラップって若者の反逆文化のイメージだったが、こんなセクハラ極右老害に謝罪もさせられないどころか、『エロじじいのスケベ悪ノリ』と乗っかるなんて所詮は若者の無知に付け込む洗脳商売だったのか。
下劣な女性蔑視にしか己のプライドを託せない昭和思想の継承?
(同)

「チャンス」とかもっともらしいことを言いながら、このAV強要疑惑まみれのミソジニー男は、ただ己れの醜悪な性犯罪ギリギリの過去を「なかったこと」として責任放棄したいだけ。
日本が大麻以上に性犯罪を軽んじ、男加害者擁護の国であることを、この老害の昨今のモテ囃しぶりが象徴している。
無邪気に賞賛する若者達に絶望!
(同)

絶句!
ここまで来たか、この国は!
「全裸監督」で世界に「美しい国ニッポン」を発信した功績?
実名ドラマで村西とおるの強要疑惑を隠蔽した制作側の一人。
国家がミソジニー極右にお墨付きを与える国。
75年間「お待たせしすぎた」戦争を「ナイスですね!」と迎えるためなら、これ以上ない適任だろう。
終わったな・・。
(オリンピック聖火ランナーに山田孝之が選ばれたニュースについて)

この話題への違和感ツィートは今のところ皆無・・・。
聖火という勲章を得て、「全裸監督」シーズン2は国を挙げて?称賛されるだろう。
あの差別老害はますます調子ずき、地上波は間違いなく"全裸ランナー"ネタを乱発するだろう。
いよいよ歴史修正主義に雪崩れ込む「聖戦国家」!
手始めは、性暴力と男尊女卑の隠蔽主義だ!
(同)

こういう「一方的な女性批判」を論理思考と振りかざす"お気持ち当たり屋"男には同性ながら憤慨する。
「それはやっちゃいけない」「連座の誤謬」「対立ではなく相互理解」?
絶対的男権社会の不均等に無自覚のまま、加害側が被害側に「理想」を押し付け、結局黙らせようとする姑息な風潮工作。
うんざりだ!
(#男と女で見えてる景色が違う を批判したコンサルタント男に対して)

地上波や映画では難しいこと」がエロと女性蔑視か?
こんな男が聖火ランナーに選ばれる国。
クオリティーファーストで、モデル許諾や性犯罪疑惑はゼロか?
こんな作品が世界中に配信され、オリンピックに"公認"される。
ハフポスト、毎日、日経・・男ファーストの大手マスコミは、反MeTooを「革命」と絶賛する!
(日経の「全裸監督」記事について)

毎日新聞同様、AV強要問題を盛んに取り上げていたウィズニュースが、全裸監督にコメントさせる無節操ぶり!
村西が「便所紙朝日」と常々罵ってる事にも無知なまま「狙っている」とスポーツ紙を冷笑?する恥知らず。
実際、大手マスコミは村西を「狙って」起用しまくっている。
その軽薄さは、まさに便所紙!
(ウィズニュースが村西にスポーツ紙の見出しについてコメントさせてる記事に対して)

その「危うさ」を否定し「世界中の犯罪学者がポルノを無くすと性犯罪が増えると認識している」と語る警察大学校嘱託教官が理事のAV人権倫理機構の代表を、東村山市長選で共産党が推薦候補としたことについてはどうお考えですか?
彼らは表現の自由戦士団であり、「区別はついてる」を大前提に、AV強要も笑いながら矮小化しています。
(共産党市議のフィクションの影響についてのツィートに対して)

「(裸の映像の使い回しは)撮影当時の同意や承認の効果は及ばないだろう」小倉秀夫弁護士
"ワンチャンス主義"と吠えていた村西本人には、なぜ取材してないのだろう?
今なお黒木香氏主演AVを始め、使い回し映像で荒稼ぎしている強欲男に、被害者側弁護士の「重大な肖像権侵害」という指摘と対峙させてほしい!
(村西ドキュメンタリー映画で女性が無断使用を抗議し、削除した記事について)

「(村西監督は)子供や夫が見て、何を思うかまで考えてあげられないのかなと。私自身も迷惑」
「(東映は)配給するまで何も考えないのでしょうか。女性搾取です」
「作り手のモラルが疑われるのではないでしょうか」被害女性
村西も東映も片嶋一貴監督も(在日差別告発映画を撮った人なのに)恥を知れ!
(同)

「AV女優がオ●ン●見られたくらいでガタガタ言うな!」
メーカー倒産で無修正マスターテープを大量に裏流出させた際、抗議した元女優達にこの男はこう言って開き直った!
そもそも業界人には「引退したら素人」という観念がない。
一般女性がAV出演強要された時でさえ「被害者は全員AV女優!」と元勝ち組女優は吠えた!
(同)

「テレクラキャノンボール」「童貞。をプロデュース」「全裸監督」そして本作。
AV絡みで無断使用が頻発するのは「どうせ恥ずかしくて訴えたり出来ないだろう」という、まさにレイプ神話的な男思想がこの国の映像業界の伝統だから!
特にドキュメントとポルノは、傲慢で選民的な特権意識の温床。
絶賛側も同罪だ!
(同)

モデル許諾問題は無視して「全裸監督」を傑作と発信、村西ネタ、黒木ネタの草なぎをベタ褒め、ネトフリ絶賛のハフポストがこの記事を載せる厚顔ぶり。
被害者が声を上げねば傑作ですか?
ネタにされた側の人権は無視ですか?
そんなマスコミ姿勢がこの男を増長させ、被害を生んでいるのではないですか?
(ハフポストが上記記事を配信したことに対して)

「女房はずいぶん叩きましたけど(笑)」松田優作(81年週刊明星)
40年前と何も変わっていないこの国。
自分の妻なら娘なら、空手初段のアクション俳優が、重量カメラ担いでハメ撮りしまくってた元AV監督が、"女性に暴力"発言しても不問の国。
今さら老害政治屋供の男尊女卑発言をランク付けしても始まらない!
(村西のグレタさんを「自分の娘なら張り倒す」発言について)

AV人権倫理機構代表。
現役女優や強要告発者を当事者としてヒアリングもせず、記者会見で「酷い強要はなかった。削除の為の口実がほとんど」と笑いながら理事に言わせておいて、この呟きには"いいね"?
AV強要という人権問題より、表現の自由問題が御専門なら、いい加減お引き取り願いたい。
(津田大介氏のあいトリ問題でのヒアリングを委員会から拒否されたツィートに対して)

AV人権倫理機構代表様。
彼女はこの強制出演作を削除申請したはずですが、結果はどうなのですか?
そして強要したメーカーは、業界最大手で、機構傘下の"適正"メーカー"だとの噂ですが、調査されたのですか?
彼女に聞き取りしたのですか?
機構に質問しても毎度無視なので、ここからお尋ねします。
(9年前のAV強要を告発した女性の記事について)

「全裸監督」を傑作としたり、セクハラをネタにしたDJ社長に「会えばいい人」と禊の場を提供したり、育休だけで不倫大臣?を賞賛したり、男マスコミのそんな姿勢が「女性嫌悪をここまで堂々と」行う国を後押ししたとは思いませんか?
批判の声を「石を投げる」と揶揄しませんでしたか?
(女性専用車両叩きのTV番組批判の記事を載せたハフポスト編集長に対して)

最初から「秘められ」てなどいない!
この国はもはや堂々たる「女性叩き」公認の男帝国!
#男と女で見えてる景色が違う
#性被害者のその後
ふたつのタグを毎日出来るだけリツィートしている。そして嫌でもこう叫びたくなる。
#男達よ恥を知れ
マスコミ、メディア、政治、警察、学校、家庭・・・男達よ恥を知れ!
(伊藤詩織さん事件を報道したBBCの放送について)

男が女性叩きする際の常套手段は"女性に言わせる"!
「性被害者は笑わないと女性被害者から聞いた」の山口。
「AV強要?痴漢冤罪と同じで言った者勝ち」の紗倉まな。
自己宣伝に黒木香氏をやたら持ち出す村西。
そしてセクハラネタのDJ社長を「会えばいい人」と女性に言わせたハフポスト。
陰湿姑息な印象操作!
(女性専用車両叩きTV番組を報じるハフポストに対して)

「ドブに捨てるAV撮らすつもりか!」と恫喝してアナル強要。
資金繰りのイライラで黒木氏を殴り飛ばす。
命令聞かない専属女優にコーヒーぶっかけ。
裏流出に抗議した元女優に「AV女優がオ●ン●見られたくらいでガタガタ言うな!」
グレタ氏に「自分の娘なら張り倒す」
全裸監督レベルの男マスコミ!
(辛坊治郎のパワハラ記事に対して)

こんな弁護士がAV人権倫理機構を名乗れる男国家。
「男性に感謝のアナウンス」「男性だけ料金割引」
二つの"男性へのご褒美"と称する提案を無視されたものだから、当然"表現の自由戦士"としては一連の専用車両叩き番組もしっかり擁護か?
#男と女で見えてる景色が違う の域を超えた絶望的認知の隔絶!
(山口貴士の女性専用車両についてのツィートに対して)

性犯罪ネタ映画の歴史
「痴漢の季節」68年。山本晋也監督
「痴漢電車」75年。シリーズ化され、今も継続中。
「犯す!」76年。日活ロマンポルノ
「純」78年。主人公は痴漢常習犯。カンヌ映画祭出品
「水のないプール」82年。強姦魔。
「愛のむきだし」2009年。盗撮物
全作品で犯人は逮捕されない!

「純」評(小藤田千恵子)
「痴漢が主人公の孤独感の表出や、彼なりのコミュニケーションかもしれないが、妙に迫力を持っているのが、女にとって実に不愉快な、何ともイヤな映画である。それも被害者が誰一人としてその場で大声を上げたりしないのが余計に不愉快である。これは明らかに男の側の論理であり、女は誰一人として痴漢などには会いたくないのだということへの考察がまったく欠けている。女の側の自由を犯してまで、このような行為を持ってきたことに疑問感じる」Wikipedia
原作は「北の国から」の倉本聰
川喜多かしこの支援でカンヌ出品。英米の映画祭でも上映。

恋人がいながら痴漢を繰り返す若者(ラスト、それがバレても恋人は彼を許す)を描いた倉本聰は、「北の国から」で恋人のAV出演の過去に苦悩する青春を描き、映画「駅STATION」ではたった一度の不倫を許さず離婚する刑事を描いた。
女性には許されたい、でも女性は絶対許さないのが、この国の男のロマンか?!

ヤクザ映画では、ラスト必ず逮捕シーンを入れないと警察が許可しなかったそうですが、性犯罪物ではこの限りではない辺りに、この国の男社会的な性犯罪軽視を感じます。
さらに映像業界伝統の身勝手な男ロマンは今も昔も顕著です。

強姦被害者が主人公の映画「ザ・レイプ」(78年)ですら、犯人は逮捕されますが、有罪判決を受けるシーンはありません。
一方、同時期のアメリカ映画「リップスティック」では、犯人を無罪とされたヒロインが、ライフルで強姦男を射殺します。
この国は、遅れ過ぎなのです。

もっと酷いことを言うAV業界。
「誰がお前みたいなブスに触るか!」村西とおる
「自殺するくらいならやめろ。貴方に落ち度はないの?」加藤鷹
「痴漢冤罪と似てる」蒼井そら
「言った者勝ち」紗倉まな
「海に沈められたりして((笑)。無知にも程がある」元女優
「よくありますよね。頑張って下さい」男優
(事件被害者に絶対に言ってはいけない言葉、というツィートに対して)

AV強要問題に関わりだしたこの4年間に見聞した性被害。
●加害者は高校野球の監督兼教師。白昼堂々車に連れ込もうとした。
●映画監督。女性ファンと会い、彼氏ありと聞くや「なぜ呼んだ!」と恫喝、暴言。
●大手新聞記者。性被害の記事を連載しつつ、妻の妊娠入院中にセクハラメールでストーカー。
全員、現職!
(社会的立場のある男ほど性加害多し、という女性のツィートに対して)

中川淳一郎氏とやら(ガラ悪そうだけど偉い人なのか?)の大ヒンシュク記事。
速攻で恋愛メディアAMに削除されてるのに御本人は今だ気付いてないらしい?
おすすめユーザーが田端信太郎、三浦瑠璃、池田信夫、町山智浩・・ああ、村西とおるの御同類か。納得!
(中川淳一郎の女性が2000万溜めるための記事について)

AV強要を被害者が口にすることを、揶揄し妨害する業界人(男女問わず)が大半なのは今さら驚かないし、海外メディアで取り上げられてもやめてくれないからな。
強要を見聞したことがないと言い、本人もしたことが無いって人達が、なぜ被害女性の足を引っ張るのか!
痴漢揶揄男と同じことをやっちゃあかんと思うけど?
(神田つばき氏の痴漢揶揄男批判のツィートに対して)

AV撮影時の「ストップワード」は「カット!」とか「監督!」が定番ですが、僕はこれを最も必要とする凌辱系作品に32年間出演し続けて、ほとんど現場で女優の口から聞いたことありません。
彼女達は言えないのです。
スタッフに囲まれた撮影中という同調圧力空間では監督以外、ストップをかけれる空気は実質、絶無ですから。
(「童貞。をプロデュース」の松江哲明監督の釈明文に対する石川優実氏の批判ツィートに対して)

女性専用車両の賛否(それも女性の口を借りてのデマ偏向)を女性叩きに利用した大手メディアのミソジニー姿勢への批判を炎上扱いし、毎度の御用ゲストに論点すり替えさせて安倍的男権社会に迎合する陰湿TV。
痴漢はラッシュ時とか関係なく頻発している!
問題の本質は「性犯罪撲滅と男側の意識改革」だろ!
(鈴木涼美に女性専用車両について語らせるアベマTVに対して)

AV強要という性犯罪を「分んねぇ。大手では無いかと」とテキトーに否定し、加害者の"存在"すら今だに認めず「被害者の非」をあげつらい、その広告塔たる村西とおるを「ナイスですねぇ!」とまったく「ツッコ」まない「防犯意識」皆無の業界側の「これを善しとして推し進めるズレた感覚は、まさに地獄では」?
(ライターアケミンの防犯キャンペーンに関するツィートに対して)

この発言、お忘れですか?
「最終的には、弱い方が、声が小さい方が、『強要された』と言うのであれば強要なんです」
「小さい方が苦痛を訴えれば(強い方が)それに対して対処するのが大前提だと思う。それがないのは、まずいでしょう」森達也
「童貞。をプロデュース」はまさにAV出演強要問題。
そのための「AV問題を考える会」だったのに!
(森達也氏の加害者擁護的姿勢に対して)

映画「嫌われ松子の一生」(2006)で中谷美紀氏も共演した渡辺哲から「『何だよ脱げよ!』と言われてしまった。『脱げ』とか『何で脱がないの?』と言われるたびに、面倒臭いなあと思う」と書いていました。
「鬼龍院花子の生涯」の五社英雄監督のように"女優脱がせの名人"などと映画マスコミも煽ってきました。
(石川優実氏が、ある女優の「脱ぐ」を覚悟と試させる芸能界批判した呟きに対してのツィートについて)

つい先日、鈴木涼美なんか呼んで、女性専用車両を"欠席裁判"で論点ずらし叩きしてたアベマが、叩ける相手となるや、厚顔無恥の正義派大芝居!
杉田議員同様、伊藤詩織氏を中傷したミソジニー村西とおるとの番組同席を「光栄です」と呟いてた平石直之アナ。
アベマの姿勢こそ「おかしいじゃないですか」?!
(杉田水脈議員のヤジを批判したアベマの平石アナに対して)

度々「便所紙朝日」と喚く村西とおるは、杉田議員ヤジ問題を取り上げる貴殿のようなメディアを
「非生産的なバカ騒ぎ」
「『日本死ね』のロクデナシ」
「日本を駄目にしている真犯人」
「バカも休み休み言え」
と罵倒してますが?
これも「表現の自由」だから、言われて「光栄」ですか?
(杉田議員ヤジ問題で吠えるアベマTVの平石アナに対して)

残念ながらこの「女たらしのオ●ン●野郎」の言う通り、不況の"適正"AV業界は彼女を虎視眈々と狙っているでしょう。
過去、村西とおるの言動を批判したAV業界人は男女問わず、皆無です。
この老害の放言こそ、今も昔も変わらぬAV業界の本音であり、その知名度に寄生して恥じない、歪んだ偽善と守銭の共同体なのです。
(不倫女優をAV界に誘う?村西の下衆ツィートに対して)

貴殿が"異色の映画監督"と呼び、「表現の自由」を語らせた元AV監督村西とおるは、この問題を取り上げたメディアを
「非生産的なバカ騒ぎ」
「『日本死ね』のロクデナシ」
「日本を駄目にしている真犯人」
「バカも休み休み言え」
と罵倒してますが?
これも表現の自由なら、杉田議員のヤジもOKでは?
(杉田議員のヤジ問題に触れた毎日新聞デジタルセンター長のツィートに対して)

森さんは大切な盟友です。
だからこそ沈黙でも「叩く」のでもなく、「意見」してほしい。
松江氏も森さんも僕自身です。入れ替え可能です。
これまで僕と共演したAV女優の中にも、僕に良くない気持ちを持ってる人はたくさんいます。
泣き寝入り的に封じられてるだけかも。
ですが僕はAV強要を、AV業界を「叩いて」います。
(「童貞。をプロデュース」の松江哲明監督に対しての森達也氏のツィートに対して)

僕はAV強要の加害者です。
「後ろめたい」です。
僕だっていつ何時、同じ目に合うか分からない。
しかし「松江を批判する資格」のある映像業界人がいるでしょうか?
「同じ」世界の当事者だからこそ、自己と相互の批判を外部に向って掘り下げ提示することが、あらゆる社会に巣食う"同調圧力"への抵抗になると思います。
(同)

後悔どころか、出演を"強要"された被害者を「見下し、追い込む」AV業界人を、性教育活動家が"尊敬"する、この国!
「貴方に落ち度はなかったんですか?」加藤鷹
「誇り持って仕事してる人もいるから」しみけん
「言った者勝ち」紗倉まな
「よくありますよね、頑張って下さい」男優
「無知にも程がある」元女優
「唐田さま、AV業界は君を見捨てない」村西とおる
(シオリーヌ氏が、グラビア出演を後悔する女優への中傷リプに対して憤ったツィートについて)

「セクハラは女の気まぐれ。男達よセクハラ批判を恐れるな」
「女の羞恥心は誘ってるだけ。本当は好きなくせに」「
セクハラ訴える女に美人なし。誰がお前さんなんかに触るか!」
中出し推奨。
パワハラ、レイプ未遂を青春の武勇伝として自慢。
16歳のグレタ氏を「自分の娘なら張り倒す」
こんな男で一稼ぎですか?
(村西とおるを講師にYou Tubeを開設する放送作家に対して)

「唐田さん、AV業界は君を見捨てない」
「ハサミと性欲は使いよう」
「僕なんか生涯監獄にブチ込まれても仕方ないような児童虐待の犯罪をいくら犯してきても何も騒がれることはないんだよ」
「便所紙朝日」
「杉田議員ヤジ問題を追及するメディアを)非生産的なバカ騒ぎ。日本死ね、のロクデナシ」
原発推進!
(同)

「お前なんかの顔でドブに捨てるAV撮らせる気か?アナル物にするぞ!」
「(裏流出に抗議した元女優に)AV女優がオ●ン●見られたくらいでガタガタ言うな!」
「(AVだと聞いてない、と訴えた女性に)あなたが聞かなかったから。聞けば説明した」
「専属女優に珈琲ぶっかけ。
黒木氏を殴り飛ばす。
性病検査無視でオール生本番!
(同)

「全裸監督」以来、傑作と持ち上げたハフポスト編集長。
映画監督だと文化人扱いで「表現の自由」を語らせた毎日新聞デジタルセンター長。
同席を「光栄」と語ったテレ朝アナウンサー。
女性蔑視発言を了解しつつ主催イベントに登壇依頼した厚生労働省。
四文字連呼で講演させた日本青年会議所。
全ては男権国家の本性!
(同)

「最高のセックスをするために大切なこと」?
●商品価値のみで物色。
●セクハラ(あくまで「ナイスですねぇ」と甘い声。
●力ずく(恫喝、監禁)
●ハメ撮りレイプ(笑顔の強制)
●生本番(性病検査無視)
●中出し(販売用だけ顔面射精)
●映像無限使用(許諾無視。同意を印象ずける狡猾な編集)
●徹底搾取
(同)

PV撮影と称して素人女性達を無人島に集め、深夜疲れた頃「ではハメさせて」と迫り、当然拒否すれば札束かざして無言の圧力。
昼間、スタッフへの殴る蹴るのパワハラ見せつけられた彼女達は渋々性病検査無しでハメ撮り生本番強制。
かくなる"合法レイプ映像"を今なお多売して稼ぐ、この国の男共のカリスマ守銭奴!
(同)

僕の記憶では、引退寸前にK嬢は全裸監督をギャラ未払いとセクハラで告訴したが、結局示談で片付いたらしい。
その際、今後一切お互いの内情には触れない、の誓約書が交わされたとの噂。
だから今、太鼓持ちライターが何を書こうと、駅弁監督が何度映像使い回ししようと、彼女は沈黙するしかないのでは?
(同)

【危険注意】女性の皆さん、これが全裸監督のやり方です!
🔴色んな講義?
過去、AVだと聞いてなかったと訴えた出演女性に「貴方が聞かなかったから。聞けばちゃんと説明した」と誤魔化す。
🔴顔出し、ギャラ無し?
一度撮った映像はワンチャンス主義と称して30年以上も無制限再利用。二次使用料など無視!
(同)

反響の大きさに驚いています。
しかしこれらは「全裸監督」以前から僕が何度も何度も繰り返し発信してきたこと。
いかにこの国のマスコミ、メディアが男主義の「代弁者」「広告塔」としてアイコン化しているか!
MeToo、性被害、性教育に関わる活動家たちまでもが、その存在を「冗談」として見過ごしてきたか!
(同)

「男と女の肉体の機能を見れば、男は攻撃的、女は受動的な主体であることで成立している。この"男の攻撃性"に蓋をしてブレーキをかけることのメリットはどこにもない」
「若い女性の羞恥心は性欲の一部。誘惑のサイン」
「中出しが一番気持ちいい」
「男の優しさは性欲あればこそ」
こんな男が、性の講師?
(同)

「性に自由な我が国ほど生きやすい地はない」
「従軍慰安婦は売春婦」
「(伊藤詩織氏は)『避妊しないでやっちゃったわ』と」
「性の劣等感の持ち主の女弁護士。有名になって企画AVに出たいのか」
「暴力がいけないのは、次に自分が暴力を振るわれるから」
「生の味が欲しくて」
「少子化の救世主エロ本」
(同)

2人きりのハメ撮りと称して、こっそりカメラ止めたままセックスさせられた女優が、専属解除を申し出ると「では来月までに20本本番撮影(全て生。性病検査無し)と言われ「壊される」と恐怖を感じて夜逃げ。
腹いせに寮に残してきた使用済み生理用品を、勝手に販売された再編集物の中で晒された。
(同)

AV業界人の同類発言。
「フェラで生い立ちが判る」「握手してあげるからオッパイ触っていい?」しみけん
「AV強要被害者に言ってやりたい。貴方に落ち度はなかったんですか?」「性教育は不要」加藤鷹
「AV強要?痴漢冤罪と似てる」蒼井そら
「AV強要?言った者勝ち」紗倉まな
「SNSで喚く女は病気」二村ヒトシ
(同)

「男性はSEXで攻撃的に振る舞い女性はそれを受容するという形で人類の歴史は築かれた。それは男尊女卑といった思想の影響によるものではなく、男性の性器は勃起して挿入し、受け入れる女性器が濡れそぼるといった、それぞれの機能に由来するもの。生殖行為は男性中心主義的文化の偏向ではありません」
最低!
(同)

「村西監督のツィッターでの女性蔑視とも取れるツィートがたびたび物議に」
"とも取れる"?!
いい加減にしてほしい!
あれが女性蔑視でなくて何だと言うのか?!
どこまでこの国の男マスコミは、村西に媚び売って、利用価値を残そうと企んでいるのか!
「AVの帝王」なんて、昔から業界内で誰も言ってない。男権メディアだけだ!
(村西YouTube賛否の記事について)

男尊女卑、女性叩き、性被害バッシング、女性搾取、児童虐待、パワハラ、セクハラ、歴史修正主義、自虐史観、原発推進、国家全体主義、拝金思想、人権侵害・・・全て該当する虚言爺をこの国の男共は己らの「代弁者」として安倍並に持て囃し、男権支配のミソジニー帝国への"洗脳"を着々と侵攻させている。
(同)

専門家からの指摘は二度目!いい加減にしてほしい!
これもファンタジーと称して、歪んだ性表現乱造に加担するAV業界人をNHKや厚労省や性教育活動家が安易に持ち上げ続けているせい。村西にさえ、こう言われているのに。
「男優って馬鹿が多い。男優のギャラ、女優の十分の一。俺そんな金でパンツ脱ぐ人間、信じられない」
(しみけん氏の、男にも生理がある、とのツィートに対して完全否定した医師のツィートに対して)

完全同意します!
過去、AV業界で医師によるセミナー等、行われた試しはなく、だのにNHKや性教育活動家が知名度だけで有名男女優を起用、厚労省に至ってはまさに「性を扱う仕事をしているから、性に関する医学的知識にも詳しい」はず!という無責任な思い込みで、村西とおるを主催イベントに登壇させようとした有様。
(姫野桂氏のしみけん発言に関する医師の否定ツィートに対しての呟きに対して)

セクハラ狂言のDJ社長を「会えばいい人」と女性に言わせ、「会話が大事。石を投げ合うより素晴らしい」と禊の場を自画自賛したハフポスト編集長の押し付け男女協調?路線記事。編集も同じ女性だし。
フラワーデモに粘着するマスナリと通じる"笑顔のトーンポリシング"的男性優位思想。次は村西とおるか?
(ハフポストのひろゆきフェミ記事に対して)

「聞く」「会話」とか冷静中立を装いつつ、偏向人選と、最初から男側に発言の主導を置き、「会えばいい人」と女性に言わせる不均等ぶり(でなければ対等な対談形式にすべき)。
フェミの声を「石を投げる」行為と蔑み、「男性の権利を制限しよう」としている、と苦々しく感じているからこその悪意と揶揄の高慢な炎上商法!
(ハフポスト編集長に対して)

昨今の映像メディアのフェミ叩き常套手段(著名異色ゲスト、女性に言わせる)をシレっと流用し、「会話」という正当を装う名分にまんまとノせられた女性記者側とフェミ側の"石の投げ合い"を高見の見物と決め込む、善意と誠実の第三者気取りの仕掛人。
次回は絶賛の全裸監督ですか?
ウケればOKが「仕事」ですか?
(同)

そんなに「会話」に重きをおくのであれば、こんな他人事のような呟きではなく、この記事へのフェミ側の悲痛な程の反発の嵐に対して、責任者として真摯な返答をすべきではないでしょうか?
それともひろゆきやDJ社長のような偏向無知男や、とことん理解と相槌と包容力のある女性以外とは「会話」不要ですか?
(同)

「ひろゆきさんへのインタビューについて、高崎さんはTwitterを通して議論を深めていますし」竹下ハフポスト編集長
ひろゆきもそう、様々な人に粘着している。
責任者の貴方は?
DJ社長同様、こんな短文だけで禊ですか?
仕掛人である貴方こそが積極的に「会話」に参加するのが責任の取り方ではないですか?
(同)

「私たちのフェミニズム」
高崎さんは厳しい批判の声にも真摯に対応されてるのに、一番の記事責任者が、どこ吹く風の他人事を決め込み、「愛されるウェブメディアを考える」?
煽っておだてて、分断を誘い、冷笑せんばかりの男マスコミのドヤ顔本性。
同じ男として、ひろゆき以上に大迷惑で害毒を覚える。
自省は?!
(ハフポスト編集長が「愛されるウェブメディアを考える」なるイベントに登壇という告知に対して)

ひろゆき問題は結局この記事に味を占めた男メディアと寄生女子達が、よりスキャンダラスな人選で確信犯的に話題集めを狙っただけ。
「対話」「有名人無罪」「石を投げるな」と巧妙にフェミ側の声を潰す姿勢は、アベマTVより悪質。
この記事以降、何か始まりましたか?
増長させただけじゃないですか?
(ハフポストのDJ社長謝罪記事に対して)

ハフポスト編集長殿。
DJ社長の記事では「会話が大事。石を投げ合うより素晴らしい」と自賛しておいて、今回は今も多数の声が記事やひろゆきに、貴方流に言えば「石を投げ」てますが、「心から反省し、謝罪」ですか?
高崎氏だけ晒し者にして「傍観者」に安住せず、ネット上でも「同じ立場」にお立ち下さい!
(同)

ひろゆき、村西とおる、しみけん・・連中には大多数の"信者"がいる。
どんなに当事者や専門家が否定しても彼らは盲信し拡散し"刷り込み"に加担する。
そして偏向が偏向と認識されない洗脳的"風潮"が構造化される。
だから発言権を与えるメディアの責任は甚大だが、ハフポストにその自覚は皆無らしい。
(ハフポストのひろゆき記事に対して)

村西とおるを講師として招き、記念撮影に際し四文字連呼で盛り上がった日本青年会議所とTwitterJapanが締結したことで、もはやあの老害の女性蔑視と人権蹂躙に満ちた下劣デマ放言は野放しだろう。
ひろゆき、百田、田端・・同類共も喝采か?
「公共の場での会話の健全性・公開性がさらに向上」?
反吐が出る!
(日本青年会議所とツィッタージャパンの締結記事について)

村西とおるを主催イベントに登壇させようとした時の厚労省の言い訳を思い出した。
●御本人が大変やる気なので。御本人が過去の言動に問題無いと仰るので。
●女性蔑視発言は大部昔のことらしいから。
●長くAV業界にいる人だから、性病対策にも取り組まれていると(しみけん等、有名AV業界人達から)聞いたので。
(同)

お返事遅れまして。
後編、拝読いたしましたが、「現状を知り、その共通認識を作る」という大義名分的な姿勢には違和感を拭えませんでした。
「知りたくもない」セカンドレイプ放言なる現状を露出させ、「共通認識」どころか、意見した何人もの人達がネットバッシングを受けても「意義ある企画」とお思いでしょうか?
(ハフポストひろゆき記事の高崎順子氏への返答)

残念ですが、この記事、女性専用車両に堂々居座ってる男に「会話が大事。否定しないで聞かないと」と、周囲の性被害者を含む女性たちの心中は結局無視して、普段満員電車にも専用車両にも無縁の女性に延々聞き役させ、十分騒がれたところで和やかに下車。タクシーで追いかけてた編集長がドヤ顔でお迎え!
(同)

"ジャーナリスト中村竜太郎の「会いたい人に、会いに行く!」"
ゲスト・村西とおる「"愛"言葉は『ナイスですねぇ!』
「セクハラは女の気まぐれ」等、数々の女性蔑視発言、連日のセクハラツィート。
AV強要、暴行、児童虐待、パワハラ・・疑惑。原発推進、性被害者叩きの極右。
婦人公論ってエロ本か?
(婦人公論の村西インタビュー記事について)

ハラスメント講習を受け、「女性をリスペクトすることを学んだ」と称する「全裸監督」スタッフ。
モデル許諾や実際の性被害の実態を無視して、それを絶賛し、ミソジニー思想拡散に走るハフポスト編集長。
まさに#男と女で見えてる景色が違う この国の男社会の「無意識の規範意識」!
(ミソジニーの根底にある家父長制についての記事に対して)

「悪名は無名に勝る」
「批判は何にも生産的なものを産まない」
「まったく打算もなければ損得勘定もない」
ハフポスト編集長、ひろゆき、のフェミ粘着の本音はこれか?
まさにこの国の発信する打算男側の合言葉!
かくて「無名」の声は無視され、「批判」は「石を投げる」と中傷され、男の「損得勘定」が全てを支配する!
(厚労省イベント登壇への批判の声に反論する村西記事について)

まさに、骨までしゃぶらんとする荒稼ぎ!
今後、村西に撮られた有名女優達は、永遠に搾取され続けるだろう。
AV人権倫理機構の対象外(いや、申請しない限りは無視される)をいいことに、やりたい放題!
黒木氏は過去、再販に対して裁判を起こした。
桜樹氏は夜逃げして専属から逃れた。
そんな"被害者達"を晒し者にして高笑いか?!
(村西の旧作再販について)

現役風俗嬢が「誤解を招く呟きはやめてほしい」と訴えている。当然だ!
AV業界は「AVはファンタジー。真似する方が悪い」と誤魔化しながら、こんな迷惑ツィートを拡散させている。
4万以上のいいね?!
いかにAV業界人が厚労省や性教育活動家の無責任な支援で"教科書化"されているか!
即刻、削除謝罪すべき!
(さもあり、と称するAV監督の乳首触りのツィートに対して)

現役男優として恥ずかしいです。謝罪いたします。
先程、謝罪削除するようリツィートしました。
こんな触り方したら女優さんからも即NGでしょう。
M男向けなら正確に書くべきだし、いかにAV業界人がAV影響に無責任でいい加減か、の見本です。
他にも似たような事例がありましたら、御指摘お願い致します。
(上記の監督の呟きに反論した風俗嬢への返信)

配信停止の署名運動も行われた「全裸監督」を絶賛し、セクハラ狂言のDJ社長への謝罪要請の署名も無視して「会えばいい人」と禊の場を与え、ひろゆきの女性差別発言を「否定しないで聞くこと」のハフポスト編集長は、フェミにだけ「会話が大事。石を投げ合うより素晴らしい」と説教するらしい。
(映画『バイバイ、ヴァンプ」の上映停止署名を行う高校生へのハフポストのインタビュー記事に対して)

同性愛⇒フェミ、村西とおる、と置き換えて読めば、アベマが散々やってきたことだろうに、白々しい!
「『へー、そうなんだ。フェミって、村西って、こういう人なんだ』という誤った知識を得てしまい、差別や偏見が助長される」
「会話が大事」のハフポストも同様。「見ていただければ」と結局は炎上商法!
(アベマTVの『バイバイ、ヴァンプ』プロデューサーインタビューについて)

同意します!
一時期に比べて減少気味とは言え、AV内性行為は今も"本物"が主流です。
結果、激しい手マン、潮吹き、イラマ、ハード責め具、そしてレイプ、痴漢、あらゆる性暴力を実行された女優が悦ぶ"演技"を男達は現実と思い込み、実行するのです。
本物をファンタジーとする前提を問い直すべきです。
(姫野桂氏の、AVは本番だから男に勘違いされる、のツィートに対して)

そもそも性行為を表現として認めていいのか?
僕には今だ疑問です。
AV創世記、多くの業界人も逡巡し、今程本番へのこだわりはありませんでした。
それが現在は、業界にとってAV内性交は"通常業務"であり、その軽視ゆえに性病対策や女優の心身へのケアも杜撰なままです。
本物の性の重みをとっくに忘却!
(同)

その最もたる者が全裸監督であり、全ては売らんが為の本番至上、騙し強要を"通常業務"とし、性病無視の生ハメ顔射、30年以上も映像再利用、女優の人権などどこ吹く風で暴走してきただけの人生を偉人扱いする昨今の風潮。
女性の性を己らに都合のいい視野でしか"本物"と認めない男権社会の結果です。
(同)

AVでは、映画やドラマと違って、加害者は何ら"報い"を受けません。
被害者は決して"保護"されず、奴隷的なマゾを"演技"させられます。
この国のAVは、ほとんどこの"定番"を、女性の"本物"の肉体と性でもって薄利多売し、まさに男の"常識"として蔓延させてきたのです。
家父長制に基ずく女性蔑視の合法的商品化です!
(同)

全ては本番AVをなし崩し的に合法化した政策の無責任ですが、女性差別を"公益化"して憚らないこの国は、性の解放だのファンタジーだのと歪曲化し、男権ファシズムの思想洗脳の道具としてAVを"公認"してきたのです。
"本物"の女性の肉体(性)、精神(人権)、画像(記憶)、が薄利"多買"され続けていいのか?!
(同)

女優の「本物」の肉体で行う性行為をファンタジーで片付けていいのでしょうか?
セクシー女優、セクシー男優と呼ばれる男女が、「演技」と称して、月一度の性病検査、生フェラ、ゴム本番で、セックスしているのです。
男は実際に射精し、女は顔や腹で受け、舌と唇で綺麗にしてあげる。
これが何の「表現」でしょうか?
(同)

映画「バイバイ、ヴァンプ」はファンタジーです。
が、沢山の人々がその表現に差別を感じ、抗議している。
だのに男の性加害行為を、生身の女性を使い実際に行わせ、男尊女卑的差別を正当化して表現しているAVは抗議されることなく、男社会で完璧に浸透認知されている。
たかがAV、と見逃し続けてきた結果は?
(同)

AV女優も「自分の身体を使って性を売り」にしてますが、この国のAVは男の性的支配欲を満たすだけが商品価値である為、他人(業界)が内容を押し付け、勝手に二次使用され、結局「性を売りにしても誰にでも人権がある社会」に今だ達してません。
だからこそ、石川さんのこの発言に賛同の女優は多いと思います。
(石川優実氏のツィートに対して)

この国の男向けAVの鉄則!
●コンドーム着ける描写皆無
●性病検査完全無視
●女性がどんなに疲弊しても行為続行
●女性の「痛い」という台詞はNG
●レイプ、痴漢等あらゆる性犯罪加害者は決して逮捕されない
●被害女性は必ず従順化
●常に潮吹きは成功
●手マンは激しいほど女性はイク
●口内射精は絶対飲み干す

AV見る男性にあえて知ってほしいこと
●キスもフェラも、音出すのは演出
●激しい手マンは、女優も痛いのを我慢している。有名男優が「激しく見せてるだけ」と吹聴しているが、手マンの乱暴さでNGにする女優もいる
●潮吹きは水分多めにとって、派手に吹こうと頑張る女優の営業努力
●濡れてるのは、大量のローション
●女優でも乳首弱くて、触れるか触れないかぐらいしか無理な子がいる
●顔面射精でも性病検査しない現場が今もある
●全裸監督にアナル強要された女優は、泣いて笑顔にさせられていた
●イラマNGの女優は結構いる
●現場で撮影を中断させるのは最も大変なこと。だから女優もギリギリまで「痛い」と言わない
●女優が本当に痛がったり嫌がってる部分は編集でカットされる
●強制イカせ物の連続絶頂は大抵演技!
●バックで尻叩く男優が多いが、女優はほとんど嫌がってる
●レイプで女優が全力で抵抗出来てるのは撮影だから。現実なら凍る!
●言葉責めは絵を保たせ、女優に反応させるため。返って集中出来ない、の声も
●乱交物は男優の潮吹き合戦。誰が早く派手に吹かせるか競い合ってて、女優は実験台扱い
●口内射精は擬似多し
●緊縛は専門家のみ
●現場には常に大量のローション
●昨今の女優はプロ意識の塊。かなりのことにも音を上げない。それをいいことに現場は無理をさせること多し。AVでさえ女性は忍従の世界
●全裸監督の頃、本番AVは全て生。男女共、性病検査なし。男優の病院通いは頻繁。
●生フェラ、ゴム着用になったのはエイズが発症してから。でも通常は検査なし。生中出し物の時だけ
●昨年からやっと全現場で検査票確認が義務づけられたが、女優にだけ検査票を見せない場合多し、との声複数あり
●本番性行為を行っていながら、AV業界側に「性的同意」という概念が昔から薄い。
仕事、誇り、不安のため、といった大義名分で、内容の過激化と営利主義を誤魔化す
●凌辱系拷問系は条件が厳しい分、制作側も慎重に女優の了解をとる。むしろ平凡な本番物の方が、出演強要される場合が多い。全裸監督が好例!
●女優のプロフィール表には、NG男優の項目があり、有名男優が記されている場合も珍しくない。理由は「手マンが痛い」「誘われた」等
●AVメーカーには三つの系列があり、微妙に業界ルールが異なるため、新ルールも不徹底。有名男優の情報が絶対ではない。5年削除も最終的な判断はメーカー側。女優に権利はない!
●プロ意識溢れる女優達が自らの精進で表現する演技というファンタジーを、己らのテクや指導の賜物と勘違いしているのが、他ならぬAV業界の男達で、だから搾取の構造にも鈍感な様は、この国の変わらぬ家父長制的男尊女卑社会の縮図。「全裸監督」の時代と変わらず、だからあのミソジニー老害が今も持て囃される
●勘違い男達を徹底擁護するのが、他ならぬAV業界の名誉男性達(単体女優、元女優、女性監督、女性AVライター)。現役にはひたすら自覚、誇り、自己責任を叩き込み、強要被害告発者にはセカンドレイプ並のバッシング。全体主義に加担し、性被害という弱者への選民的嫌悪。
村西とおるを批判した業界女性はゼロだ!
●「全裸監督」の頃から「本番は違法」と答えつつ、今も放置する警察
●AVの影響を無視し、文化人の如く業界人を起用する厚労省、NHK、毎日新聞、テレビ朝日、日本青年会議所、性教育活動家
●出演強要問題に取り組みながら、「酷い強要は無かった」と笑って報告したAV人権倫理機構の代表を東村山市長選に推薦候補にした共産党
●ハラスメント講習を受けつつ、モデル許諾問題を無視した「全裸監督」制作陣と、#私たちのフェミニズム なる記事を出しながら作品を絶賛したハフポスト
●かつて在日差別告発映画を撮った人が、女優から映像無断二次使用を訴えられた村西ドキュメンタリー映画を監督
●「桜を見る会」にAV男優を招いた安倍
●AV影響無視の男政府
●元女優の"忘れられる権利"無視の男メディア
●元女優の肖像権無視の男映画界
●村西とおるのAV強要疑惑や女性蔑視発言を無視の男マスコミ
●AV強要を立件しない男警察
●勝ち組業界人を無条件で信奉する"男"性教育活動家
この男社会において、女性の人権こそファンタジーだ!
●業界男達の持論?
「セクハラは女の気まぐれ。女の羞恥心は誘い」村西とおる
「女性のセックスの好悪を決めるのは、100%男次第。フェラで生い立ちが判る。男にも生理があるから、その時は優しくして」しみけん
「強要被害者に言ってやりたい。貴方に落ち度はなかったんですか?性教育は不要」加藤鷹
「僕は男尊女卑だが、女性蔑視ではない」高橋がなり
●AV流「性的同意」全裸監督の場合
PV撮影と称して素人女性達を無人島に集め、深夜疲れた頃に本番要請。当然拒否する彼女たちの眼前にギャラ積んで承知するまで眠らせない。撮影後、AVと聞いてなかったと怒る女性に「貴方が聞かなかったから。聞いたらちゃんと説明した」と開き直り、今も映像は再販売。
●AV流「性的同意」宮台真司が推すドキュメント系AV監督の場合
女優にはお芝居と説明し、素人男優には本当にレイプしろと言い、躊躇えば「いざとなったら埋めちまうから」と煽り、結果、拳で殴り中出しさせてしまう。
宮台は絶賛!
「本物か?」と問題視した女性活動家達に「1件でも訴えた女がいたかよ、馬鹿が」
●AV業界の姑息な性的搾取
絡み6回中、本番3回擬似3回にして本番分のギャラしか払わない適正メーカー。
本番3回の契約を「射精しなかった分は、0.5回にして」と迫り、結果4回のセックスを楽しむハメ撮り監督。
二日前に台本確認させつつ、当日「時間が空いたからお願い」とオナニーやチェキを撮る制作。
●AV強要を否定する業界側の言い分
応募女優が大半⇒容姿レベルが限界まで上がり、大抵の応募女優では売れない
何百本も出演した⇒強要は性加害であり、洗脳状態で支配下に置かれ、長期間抜け出す意志を奪われる。
楽しそうに出演していた⇒デートレイプ下と似た状況を必死に笑顔で反射的に凌いでいただけ
彼氏にバレそうになり強要されたと嘘をついた⇒業界側の噂。実名告発者は5人以上もいるが業界側は無視
見聞したことない⇒自分の周辺の実感だけで都合よく解釈
本当のレイプなら女優が固まって絵にならない⇒カメラ回すまで徹底して洗脳し、本番中も随時、演技強要。全裸監督の常套手段
本音⇒業界擁護
●AV女優が好む男優タイプ
カリスマぶらない
女優より目立とうとしない
監督の指示がない限り、激しくしない
事前に弱い部位はないか、確認してくれる
潮吹きにこだわらない
指示なしでイラマしない
バックで尻を叩かない
下らないアドリブでいちいち返事を求めない
無理な開脚させない
力任せでしない
●顔射は派手に、男の征服欲を満たすためのAV演出
●ガシマンはモザイク越しでも迫力出すためと、女優の盛り上がる演技に勢いをつけるため
●潮吹きもモザイク越しで、見栄え良く可視化させるため
●細かいフェラテクもモザイク越しで、単調にならないように見せるため
●女優の喘ぎ声はほぼ完璧に職業病的演技

世の男達の本音!
出演強要を訴えた女性のAVは何度も再販。5年削除ルールなど無視してメーカーは荒稼ぎ。
AV堕ち、と揶揄される芸能人物は業界最大の売れ筋。
つまりこの国のAVは、女性を肉体的社会的に"レイプ"するためにあり、男共はファンタジーではなく、本物の人権蹂躙をネットの女叩きレベルで消費したいのだ!
(本物のレイプ映像すら流すサイトの閉鎖を求める署名キャンペーンにケチつける男のツィートに対して)

AV人権倫理機構理事で、警察大学校嘱託教官も「酷い強要は無かった」と笑いながら報告。
性犯罪の刑法改正を求める院内集会で、男の国会議員が多数の性被害サバイバーを前に駄洒落で笑いをとろうとした。
「働きすぎて死んだ人間なんていない」と喚く村西とおるを主催イベントに登壇させようとした加藤厚労相。
(過労死遺族の前で笑う安倍と加藤への批判ツィートに対して)

医者らしき人が、こんなデマ老害を「稀有な人物」?
未知のウイルスをインフルと比較する安易さ。
「数字遊びはやめろ」といいながら自分はやたらと何万人を連呼。
震災の際、原発が唯一のセーフティーネットと吠えてたくせに、今は「過剰反応」?
強要も無断使用も数々のセカンドレイプも責任放棄でのさばる男を!
(某医師のコロナに関する村西ツィート絶賛について)

「男の性欲というものは、女性の自惚れを満足させるためだけにあるのではなく、男性自身の自尊心を満足させるためのもの。故に相手女性に侮蔑的言葉を吐いてはならない。そのことで女性を怒らせ回復不能なほどの返り討ちにあって傷つくことになるから」村西
老害が人気稼ぎ?を狙っての偽フェミ論をぶってるが白けムード。
(村西とおるのツィートに対して)

「女性の自惚れ」と見下し、男の性欲は「自尊心」?
「侮蔑的言葉を吐くな」は女性から「返り討ち」に合うから?
とことん男尊女卑の塊であり、返り討ちの心配ない相手ならセカンドレイプや二次使用や暴力も辞さない卑劣漢。
起用した男側の皆さん、あなた方の「自尊心」はそれで満足ですか?
(同)

何て呟かれているか御存知なのか?
「異色の映画監督」毎日新聞⇒ロクデナシ
「同席できて光栄」テレ朝アナウンサー⇒テレ朝はヨタ者の集まり
「発言に問題なし」厚労省⇒腰砕け
「コロナの影響でイベント中止します」適正AV業界⇒馬鹿丸出し
「児童虐待、辛い」ハフポスト編集長⇒自分の娘なら張り倒す」
(同)

#私たちのフェミニズム と称し、対話、無批判、傾聴を女性側だけに求めるハフポスト⇒属性の「利用」
「全裸監督」を支持し、村西とおるを持て囃し、男尊女卑や全体主義を蔓延させようとする男国家、男メディア⇒加害者の「利用」
#AVの教科書化に物申す と、真似する男に責任転嫁のAV業界側⇒被害者の「利用」
(山口敬之の詭弁を批判する記事に対して)

この典型が村西とおる!
フェミには「美人がいない。誰がお前なんかに触るか!」
AV強要を告発した女性弁護士には「ふた目と見られないカラダ。性の劣等感の持主。企画AVに出たいのか?」
そしてグレタ氏には「自分の娘なら張り倒す!」
「お前みたいな顔でドブに捨てるAV撮らす気か?アナル物にする!」
(グレタ氏への誹謗中傷を批判する海外の記事について)

本当「日本のメディアは、男性が支配」している!
「躊躇はいらない」と、国際女性デーに「性別関係なく」割り込み、例の如く女性に語らせ、高みの見物を決め込む「会話が大事」主義者が本性表す威圧的態度!
全裸監督、DJ社長、ひろゆき、に続いてフラワーデモ介入のマスナリ路線と、#手を取り合おう か?
(ハフポスト編集長の国際女性デーに対する自社メディア活動のツィートに対して)

AV業界人の信用できない言葉
●男優は毎月性病検査受けてる
●手マンは激しく見せてるだけ
●女優ファースト
●フェラで生い立ちが判る
●潮吹きは擬似
●イク!
●女優は男優より高ギャラ
●誇り
●女優の自己決定権
●強要されたと嘘つく女優は結構いる
●5年削除ルール
●男にも生理がある
●縄酔い

一方我が国では
「セクハラは女の気まぐれ。セクハラ訴える女に美人なし」村西とおる
「ヤらせない女はレイプしろ。女はみんな死ねばいいね」友松直之
「SNSで男を罵りポルノ撤去を喚く女は病気」二村ヒトシ
監督と呼ばれる男達がこんな女性蔑視発言しても女優はスルー、女性ファンは絶えない・・。
(性犯罪者ポランスキー監督の受賞に抗議した退席する仏女優達の映像について)

報道マンたる者が、民主主義の根幹たる「選挙ってなんか面倒だから投票行かなくて思う」と書いておいて今さら語る資格があるのか?
「女性のいない民主主義」?「投票する国民のいない民主主義」を推奨してたくせに!
国際女性デーにまで持ち込んで差別問題を歪曲化しようとする男権主義!
(ハフポスト編集長のツィートに対して)

もう貴方の言うことなど、配下とお仲間以外誰も信じない!
ひろゆき記事で「心から反省、謝罪」などと舌出しといて、米国育ちがどうのとダラダラ言い訳。
やたら「勉強中」を強調しつつ、すでに結論ありきの厚顔さ。
「善人ぶる」
「女性に説明を求める」
「共感のふり」
「冷静に」
全部、今まさにやってるでしょ!
(同)

AV強要が問題視されだした時も、背広組業界男達は決して表に出ず、元女優や現役女優等に過激な支援団体批判、被害者へのセカンドレイプを行わせ、頃を見て適正と称した権益独占枠を作り、活動女性達を排斥、今や現役女優は沈黙と追従を強いられている。
女性記者間の激しいやり取りも全てはこういう仕掛人男の仕業だ!
(同)

連携している某メディアから取材を受けた際、「社内の男性達が村西とおる氏のインタビュー載せたがっててウンザリ!」と愚痴られた。
その後、文化人扱いで村西記事が出た。
同じく連携メディアの男性記者は、性被害取材しつつ、妊娠した妻が入院中、同業女性にセクハラした、とその被害記者から聞いた。
(ハフポスト女性記者の国際女性デー連携メディア記事について)

DJ社長のセクハラ狂言=女性差別を「会話が大事。石を投げ合うより素晴らしい」と書いておいて今はこれ?
「なぜ差別に怒りが必要か勉強中」とイベントで語ったそうですが?
#なりたくなかったあれは私だ の怒りをバッシングと配下に言わせる貴方こそ「自分の価値を理解していない」女性に「つけこんできた男性」では?
(ハフポスト編集長の、差別撤廃には怒りが必要だ、のツィートに対して)

この記事への楽観が #手を取り合おう なるフェミ叩きにつながったのでは?
「会話を始めないと何も分からない」と言いつつ自分は一切参加せず女性のみに押し付け「石を投げ合う」まで冷笑し「上から目線で」だから女だけじゃ「分かり合えない」と持って行ければ男メディアにとって最高に「素晴らしい」?
(ハフポスト編集長のDJ社長記事についてのツィートに対して)

借金50億!と豪語する老害が、僅か143万で告発されるとは!
AV界の帝王と持ち上げられながら、なぜこれほどの有名監督に大手AVメーカーがレーベルを任せようとしなかったか?
信用出来ないからだ!特にカネ!
好景気時には他メーカーをボロクソ言っといて、倒産するや揉み手してメーカー巡りしていた事は、業界中の噂だ!
(村西とおるが腕時計メーカーから告発された記事について)

AV人権倫理機構代表様
昨年、女優のHIV感染の際、「ペナルティを厳しくすると情報が上がってこないから」と業界に撮影ストップさせず、不安と詳細説明を訴える男女優の声を無視。
今だ当事者たる女優アンケートも行わず、機構に質問送っても返事無し、という「声が声として扱われない」現状は黙認ですか?
(AV人権倫理機構の志田代表の「女性差別への怒り」への賛同ツィートに対して)

AV人権倫理機構の理事で、大学教授、大学副学長、警察大学校嘱託教官の河合幹雄は
「シングルマザーのAV女優はモテるはず、結婚相手には困らないはず、だのに彼女たちの普通の結婚生活を拒否してAV女優を続けている」と放言、報告会では「酷い強要は無かった」と笑いながら語り、そのまま記事になりました。
(AV男優のシングルマザー蔑視的発言をそのまま載せた記者を怒ったという女性活動家のツィートに対して)

親フェミ男の正体なんて結局こんなもの!
女性の「現実の声」には目を背け、丁寧にお願いされてやっと「ほんとにねー」と見下すようなタメ口の他人事。
男共こそ見据えろ!
#私が初めて性被害にあったのは
#性被害者のその後
#男と女で見えてる景色が違う
キツいからこそ僕はリツィートをやめない!
(#私が初めて性被害にあったのは のタグ文をキツいとか揶揄?した一般男のツィートに対して)

「出演強要など、無理な撮影をすれば(販売停止等で)業界側が損するようになってきた」?
12人が強要を理由に流通停止を求めたのに、調査権もない機構が「強要事件と確認できるものはなかった」と却下、1117本も販売継続ですか。
そもそも最終的な判断は業界側にある5年削除ルールで本当の改革が可能ですか?
(AV人権倫理機構の報告会記事にコメントしてる代表のツィートに対して)

呆れ返る!「男優との距離を離して撮影」?
そんな本番AVであり得ないことを「業界は対策をとっている」と語るAV人権倫理機構。
かつて「撮影現場視察?そんなことしてもどうせクリーンな風にしか見せないでしょ」と言っただけはある。
所詮、この表現の自由戦士センセイ達にとってAV規制阻止が全て。村西とおると同類!
(AV人権倫理機構の報告会記事について)

「意に沿わない撮影でも頑張ってしまう」?
そんなこと、強要問題が可視化された4年以上前から被害告発女性が"洗脳"という言葉で何度も訴えてきた。
警察大学校嘱託教官で自称"司法と犯罪のプロ"が今頃気付く、まさに#男と女で見えてる景色が違う?
当事者たる女優にはとことん無関心の業界団体!
(同)

「契約があまりにも女優に不利。物凄く人身売買に近い」
「メーカー、プロダクションの三分の二がアンケートを拒否。そちらに闇がある」
よくこれで「着実な歩み」「業界は努力しているなんて言えますね?理事の方々。
人身売買?闇?つまり反社集団ですか?
(同)

AV男優(20代半ばから30代)の控室での話題は海外買春ネタがもっぱら。
「韓国やヨーロッパは安くてイイ女が多い」と、穴場探しの自慢と武勇伝と情報交換が延々。
女優やマスコミの前では正しい愛とセックスを語り、あわよくば性教育活動家に取り入って、厚労省やNHK起用を狙う新世代。
残念ながらこれが現状です。
(日本の男の海外買春に憤る女性のツィートに対して)

同業者からも「思い上がり」と非難されたAV人権倫理機構理事の放言!
"男"国家を振りかざし、女性の訴えを「思い付き」と見下し、男弁護士達の下劣な中傷を「指摘」と擁護し、フェミという男女平等論を「一思想」と揶揄し、"女は黙ってろ!"の本音?を「自覚して欲しい」とトーンポリシング。
反吐が出る!
(小川たまか氏のツィートを揶揄した山口貴士のツィートに対して)

ハフポストの女性記者がこれをリツィート!
「うわべだけの会話をする女の子」
「(男への?)差別や偏見」
「(女性が)空気読んだりするところ」
自省ぶってるが、性犯罪無罪判決批判を叩き、一思想に過ぎないフェミより国法が上、と思いあがる男弁護士とお仲間の人が、ハフポス流フェミ懐柔思想と同調!
(亀石倫子氏のツィートに対して)

一方我が国の自浄団体?AV人権倫理機構は、「コロナなんて、ただの風邪」と極右精神論をブチまくる村西とおるに倣ってか「男優との距離を離して撮影するなど、対策をとっている」と意味不明の報告。
HIV感染発覚の際も自粛させず、今だ月イチ検査(米ポルノ界は14日おき)。
出演者の健康より商売優先、表現の自由死守・・・業界自体が拷問AVだ!
(米ポルノ業界団体、コロナの影響により撮影自粛のニュースについて)

この国のAV業界。
「規制を強めたら地下に潜る!」と犯罪予備軍宣言
「ゾーニングは出来てる。影響される男が悪い」と責任回避
「ウチはちゃんとしてる。ヨソのことは知らない」と言いながら業界全体の健全性主張
「適正AV業界は女優の自己決定権を尊重します」グルーミングという概念すら最初から無い!
(韓国の「n部屋事件」の記事について)

強要問題が騒がれ出してからのAV業界
●モザイクを濃くした⇒規制を恐れただけ
●「当事者の声を聞け!」と吠えた⇒AV人権倫理機構はメーカー、プロダクションにしかアンケートとらず、4年経ってやっと女優に実施
●「業界はクリーンです」と有名女優達に発言させた。
●業界トップの男達は一切公の場に出ず
(同)

「コロナなんてただの風邪。普通に生活してれば恐れることなし!」と吠えまくってる村西とおるがもし感染入院したら、『俺たちは監督のおかげで本番顔射AVを当たり前に見ることができるんだ。死なせねぇよ』と、男女問わず信者が喚くだろう。
バカ殿は過去だが、全裸監督は現在進行形の女性蔑視!
黒歴史は繋がれていく・・・。
(感染入院した志村けんへのセクハラ応援ツィートに対して)



























































































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント