AV出演強要まとめ10・・値しないものなど何ひとつない

「気を付けろ 私が行く 自分で叩くドラムが伴奏」




「『適切な映像製作の方法』を専門家に学ぶ勉強会を開きました。AV強要問題に取り組むNPO法人のスタッフを講師として呼びました」
被害者支援団体に対して、プロダクションやメーカーの人を講師として招いては?と上から目線で言ってた某業界団体の元代表とは大違い。
まあ、中途投げ出しの有閑マダムに今さら用は無いが・・・。
(不適正?とされたIPPA非加盟業者の新団体立ち上げの記事について)

「安達かおる監督はIPPAが、独占禁止法にあたる行為をしているとして公正取引委員会に告発する準備を進めていた。IPPAがプロダクションに対して非加盟メーカーに女優派遣させないようにしていると各種資料で判断したから。CCNと第三者委員会は会合を持ち、以降プロダクションからの女優派遣の制限が緩やかになった」
つまり"適正"なんてザル?!
(同)

AV人権倫理機構総則「(加盟団体は)広く社会に認められる業界にするために尽力しなければならない」
解散宣言もなく、唐突にHP等閉鎖し、元代表は沈黙してしまったAVAN。
わずか一年で4倍近くも加盟社を増やしまくった日本プロダクション協会。
HPも連絡先すらない実態不明の第2プロダクション協会。
そして都合が悪くなると「そんな提言はしてない」とシラバクレル無責任体質。
これで誰が適正なんて認めてくれる?
(同)

「AV女優さんの安全を守るための団体になるのか、業界の利益のためだけの団体に過ぎないのか、現時点では分からない」
「きちんと被害事実に向き合っていかないと、地に足がついた活動にならない。まずは実態把握から進めてほしい」被害者支援団体
AVANはその無責任&投げ出し解散で答えは出た。さて新団体は?
(同)

♪見られても怖くない 謝る必要もない これが私♪

「将来的には適正AV=AVとして社会認知されることを目指す」AV人権倫理機構
「IPPA非加盟の(わいせつ動画製作の)『裏』ビデオ業界は、表のAV業界とは別のものです」AVAN元代表
「不適正AV=違法AVという誤った認識を改めたい」CCN代表
AVANの名は今だ倫理機構の提言規則内に堂々と残っているが・・・。

AV人権倫理機構の方々は、本当に歴史を知らない(と思いたい。知っているなら悪質な確信犯)。AV業界は40年くらい前から延々繰り返し問題を起こしてきているのに、その経緯を無視して「IPPAに加盟すれば適正」とか物を言われてもねぇ。今だ「業界はクリーンです」とか無邪気に信じてる勝ち組女優たちと同じレベル」
(オウム事件真相究明の会、を揶揄した倫理機構理事の発言をパロディー化した揶揄)

元々は普通の学生、市民であった一般女性が何故、AV業界と関わった結果、AV強要という違法行為の被害者にされるに至った経緯を解明するには「マインドコントロール」した側(AV業界)ではなく、された側に話を聞く必要があります。にもかかわらず「被害告発者への聞き取り?向こうが来ればやる」ですか?
(同)

♪心に弾を受け続けた でも撃ち返す 今日は恥も跳ね返す
バリケードを破り 太陽へと手を伸ばそう
私達は戦士♪

出演強要された女性だけが被害者ではない。
自発的に出演している女性も、AV出演したことで様々な差別を受けている。
全ての出演者が被害者になりうる。
セクハラ、性暴力、女性の権利、表現の自由・・・そして被害者、AV女優を偏見差別する社会構造。
日本社会そのものへの問いかけがしたい。
(第1回『AV問題を考える会』開催に向けての決意表明)

なぜか6日に「『適正AV業界の倫理及び手続に関する基本規則を改訂』とトピックスしたのに、未だツィッター上で告知しない倫理機構。
「いい経験させてもらいました」とお気楽に代表退任して、とっくに解散?したはずのAVANは相変わらず記載されたまま(会員ではなくなっているのに?!)
提言規則のどこをどう改訂したかの説明も当然?一切なし!
「そんなことしても、どうせクリーンな風にしか見せないでしょ?」理事

「生産性、東京医科大事件、METoo・・全てはこの国の女性蔑視が起点だと思います。
強要被害者もAV女優も、AVそのものも等しくバッシングされる偽善的男社会。
AV問題だけがMeTooからも置き去りにされ、偏見差別が風化無視されそうな理不尽な現実を問い直すべく「AV問題を考える会」第2回開催を計画中です」
あるAV女優への返事。

♪戦うために姿を変えた
心の誇りは失わない
居場所はあるはず
輝く私達のために♪

「(潮吹きは)現場ではほとんどの女優さんが苦痛に感じていて、見ていて気の毒になるほどです」
ならば、なぜ止めない?助けてやらない?
所詮、それが男優!
僕もそうだ!
「(男の勝手な)支配欲が満たされるファンタジー」にとことん加担しておきながら、女性の味方を気取り、"適正AV"と称する偽善者集団!
(エロメン男優インタビューへの提言)

違法AVには必死に?意見していながら、出演強要や業界健全化に対しては・・・。
「痴漢冤罪と同じで、言った者勝ち」トップ人気女優
「自殺するくらいなら辞めちゃえばいいんだ。あなたに落ち度はなかったんですか?」加藤鷹
「適正AV?正常位しかやっちゃダメとかね」ライター、自称アダルトメディア研究家
アナログ以前の思考停止ぶり。

「(日活ロマンポルノ出演に際し)"そうだ、私には翼がある。引きこもっていないで羽を広げてみよう"と、代わりに普通の女性の幸せは捨てました」
「覚悟はしてたけど、やはり我が身を人前に晒すというのは、意志とは別に身体が叫ぶんです。『もう、やめて!』って志と心と身が分裂して、撮影を中断させたことも・・・」
女優・中川梨絵

「感染して長く休むのは困る」「撮影を優先したいという気持ちも分かる」業界関係者
「(撮影前に提出する)身分証明書と検査表の名前が一致しているかを必ず確認してほしい。撮影で慌ただしいと、手早く済まされがち。検査表の期限が過ぎていないか等、些細なことも見逃さないでほしい」単体女優
このいい加減さが自称"適正"AV業界。
(AV撮影における性感染症についての記事を読んで)

「業界改革を訴えたAV実演家のための団体は、今年3月いっぱいで代表が退任し『AV人権倫理機構』の会員組織でもなくなった。なぜ、そうなってしまったのか。形がどうあれ、発言すら出来ない状況になっているように思える」
「業界の人間がこの問題に関して、自由にものも言えなくて、何が『適正』なのでしょうか?」
弁護士ドットコムのインタビューより

「(AV人権倫理機構は)知らせるのが遅すぎる。感染した女優と接した関係者にととめず、判明3日以内には広く注意喚起してしかった」男優
「今回の早期発見と迅速な対応につながり、不慮の蔓延を防ぐことが出来たと考えております」プロダクション団体
毎度の自画自賛。プロダクション団体はなぜか二つある。どっちだ?
(AV女優のHIV感染の記事について)

「AV出演者全員の人権全般を守る役割を担っています」AV人権倫理機構
男優に関しては?
「昨年のAV業界改革推進有識者委員会にて実施されました第1回AV業界アンケート調査でも、性感染症予防への意識と対応について調査しております」同
配布された調査報告には、性感染症について何も記載されていなかったが?
(同)

「女優に性感染症のリスクがある本番はない方がいい。ただし、それを本番がまかり通る現状でメーカーに伝えるのは無理。干されるか、ギャラを減らされるだけ」プロダクション関係者
これが『女優が一番大事』と言う"適正AV"メーカーの正体!
それを黙認?するAV人権倫理機構は、なぜかこの件(AV女優のHIV感染)をリツィートしない!

強要問題は他人事とばかりに嘲笑し、女優にばかり「人生賭ける覚悟を持て!」と説教垂れてきた男達が、女優のHIV感染のニュースが流れるや、大騒ぎ?!
人権倫理機構なんてハナから男優無視なのは分かってたはずだろうに。
「これで業界はまとまった!」と喝采上げてたじゃないか!
「あなたに落ち度はなかったんですか?」加藤鷹

♪気を付けろ 私が行く 自分で叩くドラムが伴奏
見られても怖くない
謝る必要もない
これが私♪

「しみけんさんに握手して下さいと言ったら『じゃあ自分もおっぱい触っていいですか?』と言ってきて、「いいですよ」と言ったら片手で握手して片手でおっぱい揉まれました(笑)」企画女優のインタビューより
セクハラでは?
相手が一般女性なら絶対やらない行為。
イベント「AVの教科書化に物申す」に関わった女性の皆さん、どうお考えですか?

「この(AV出演強要)問題は、痴漢冤罪と同じで『言った者勝ち』の部分があります」紗倉まな
セカンドレイプ発言ではないのか?
実名を出して被害告発している女性は二人もいる。
イベント「AVの教科書化に物申す」に関わった女性の皆さん、どう思いますか?
"性暴力をなくそう"には、言葉の暴力も含まれるのではないですか?

「AVの教科書化に物申す」
このようなイベントが大学で開催されるのは意義深い。
だが、その業界の恩恵を受けている"勝ち組"だけに「強要問題」を語らせるのは偏向では?
性暴力の加害者の多くは、所謂その業界の"勝ち組"たちだ。
第2回『AV問題を考える会』の追加テーマはこれ。
「勝ち組AV業界人達の発言の"教科書化"に物申す」

♪私にも愛される資格はある
値しないものなど何ひとつない
これが私♪

11/10第2回『AV問題を考える会』アンケート結果①
回答21名 男14名 女7名
年齢 20代6名 30代3名 40代5名 50代4名 60代1名
職業 会社員8名 AV監督2名 公務員1名 漫画家1名 セックスワーカー1名 文化財団職員1名 ライター1名 自営業1名 記者1名
大変満足9名 まあ満足7名 普通3名 やや不満2名 がっかり0名
次回も来たい15名 いいえ1名

11/10第2回『AV問題を考える会』アンケート結果②
発言印象度トップは、麻生希さん!
女性回答者、ほぼ全員が記名。
「麻生さんの正直な御意見と、想像を絶する体験を伺えました」
「麻生さんの話を聞きたくて参加した」
「『負け組AV女優』の声が一番聞きたいかも」

第2回「AV問題を考える会」アンケート結果③
「初めて知る事実や、改めて考えさせられることが多かった」
「現場の話が聞けた」
「性被害者やAV女優の具体的な話、率直な感想を聞くことが出来た」
「難しい問題だが、正面から向き合う場所を設けていただき、ありがとうございました」
「わかりやすかった」

同・アンケート結果④
女性の意見
「AV人権倫理機構に属する方々の持つ差別思想などの問題に鋭く切り込んだ内容だった」
「数々のモヤモヤを改めて抱え直す時間だった。業界の組織的問題、社会全体の意識、その根底にある女性蔑視の思想についてこれからも悩み続けていきたい」

同・アンケート結果⑤
女性の意見。
「当事者性、専門性が薄い」
「それぞれ立場や意見の違いを尊重しながら進めていた」
「登壇者自身の内省が足りない」
「(業界内で)現場の人々の意見は主張しずらいのかなと思った」
「業界の末端に属す者としてAVの根深い問題を知っていきたい」

同・アンケート結果⑥
「ト沢さんが登壇するので参加した」
「被害者の方々が出てくれるのは有意義」
「リアルに理解が進んだ」
「AV女優の雇用問題についても議論してほしい」
「強要という言葉自体の難しさがわかった」
「論点が曖昧だった」
「ト沢さんのお話をもっと聞きたい」

同・アンケート結果⑦
「八ッ橋さんが登壇されるので来た」
「立場の違う方々の意見を色々聞けて良かった」
「結論はすぐに出るものではないが、議論することは重要」
「もっと長時間でもよい」
「AVが絶対に大好きで、今後どのようになっていくのか、関心があった。八ッ橋さんのファンです」

同・アンケート結果⑧
「もう少し詳しい話を」
「業界側の人も参加してほしい」
「会場の意見も含めて討論してて良かった」
「質問タイムが短い」
ここでしか聞けない本音がある」
「結論が遠い」
「己らは逮捕ギリギリのラインを歩いてる自覚はあるのか?人として」
「辻丸、話長い!」

同・アンケート結果⑨
「会場側の意見が少ないのが残念」
「初めて知る事実や、改めて考えさせられることが多かった」
「AV業界の行く末に不安あり」
「労働問題や下請け法に詳しい人の話を聞いてみたい」
「勝ち組だと思う人を呼んでほしい」
「これからも続けてほしい」

同・アンケート結果⑩
次回呼んでほしいゲストは?(敬称略)
麻生希 ト沢彩子 プロダクション関係者 友田真希 労働問題に詳しい弁護士 市川まさみ 亀山啓司 風間ゆみ 青柳勝久 香西咲 しみけん 悪徳スカウトマン 神納花 斎藤仁一 しじみ 雑誌編集者 一徹

♪私は暗闇を知ってる
言われた
「隠れてろ お前など見たくない」
体の傷は恥だと知った
言われた
「消えろ 誰もお前など愛さない」
でも心の誇りは失わない
居場所はきっとあるはず
輝く私達のために♪

「AVは人の本質に関わる『性』を題材に扱っている。それを撮る人達は忘れてしまっているのではないか」
「女性の性に対してもっと尊厳を持ってほしい。心の問題を抱えずに引退できる女優もいるが、そうでない女優も多い。業界内でケアできていない」小室友里
業界にとって性は売り物、女優は使い捨て?
(AV人権倫理機構の報告会に関する記事について)

「(親バレを恐れ)配信停止させるために強要被害の問題が起きたのではないか」河合幹雄AV人権倫理機構理事・大学副学長
つまり「口実」だと?
報告書にも「多くのケースはそうと考えられるのではないかとの結論に達しました」と。
さすが、「シングルマザーのAV女優はモテるはず、結婚相手にも困らないはず」
と、男目線発言した大学教授(自称・司法と犯罪のプロ)らしい。
(同)

「HIV感染発覚後も業界内に周知されることなく撮影は続けられていた。全体で撮影ストップすべきだったのでは?の声に
『将来的には検討していく。一方でペナルティを厳しくすればするほど正確な情報が上がってこないというリスクもある』山口貴士理事
ストップして一番困るのはメーカー。
実演家の安全なんて後回し。
(同)

「統一契約書がしっかり使われているかなど、よく確認してほしい」被害者支援団体
"統一契約書"など無い!
"共通契約書“であり、その公開は業界側の判断任せらしい。
根幹部分は絶対守ってもらうが、細かいとこはそれぞれの合意で、とか。
つまり"合意"させてしまえばこっちのもの!?
業界体質に変わり無し!
(同)

「強要問題と言われた多くの部分が顔バレだったのではないか。(強要理由で申請した6人に)ひどい強要事件はなかった」河合幹雄理事
この大学教授、「私の仮説が当たった!」と終始御機嫌?に見えた。
「全体としては一か月ごとに改善されている」山口貴士理事
自画自賛だと感じたのは僕だけ?
「ひどい」か否かを決めるのは被害者だろう!
(同)

削除・販売停止申請書の理由欄に「強要」というチェック項目はない!「その他」に記述しなければならない。
「強要を理由にするとメーカーと揉めるから、他の理由にしては?」
それをいいことに"レアケース"を強調するのは、業界の昔からの体質。
(申請理由に出演強要は)"6人"なんて真実でも何でもない!
性暴力被害者に示談を勧める加害者側弁護士と同じ手口?!
(同)

前2回(の報告会で)は開催通知が届き、質問も出来たのに今回は来ず、質問NGの席に座らせられ、通知が来なかった理由を尋ねると、司会の事務局員から「ごめんね」とタメ口でスルーされた。
実演家の姿はほとんど見当たらず、質問は御馴染みの報道関係者ばかり。
何が嬉しいのか、やたら笑っていた理事たち・・・気色悪さのみ!
(同)

第2回AV業界アンケート調査(メーカー139社)
●女優本人へNG項目の確認を行っているか?
行っている89.8% 行っていない&分らない10.2%
●NG項目は撮影、台本上で守っているか?
全て守る98.3%
●女優本人に、AV出演に性行為があると説明しているか?
している81.3% プロダクション任せ13.3% してない&分らない5.4%
●女優本人に出演リスクを説明しているか?
している33.6% プロダクション任せ53.1% 不明9.4% してない3.9%
●女優の性病検査代を負担しているか?
しない67.3% 一部負担15.9% 不明9.7% 全額負担7.1%
●男優の感染予防は?
撮影前に検査表を提出・確認する78.8% 検査要請のみ(提出、確認なし)8% 不明7.1%
(AV人権倫理機構の報告会での配布資料より)

第2回AV業界アンケート調査(プロダクション64社)
●女性の応募、スカウト、どちらが多いか?
応募37.5% スカウト45.8% 不明16.7%
●スカウト紹介が占める割合は?
30%以下29.2% 90%以下25% 70%以下20.8% 50%以下12.5%
●いつ頃までスカウトを利用していたか?
最近まで35.7% 2015年頃まで35.7% 2010年頃まで14.3%
●女性にAVであること、またその内容を説明しているか?
はっきりしている98.4%
●女性はAVだと理解して来るか?
全員理解82.8% 半数12.5%
●出演リスク説明はしているか?
している95.3%
●その内容は?(複数回答可)
親バレ顔バレ98.4% 性感染症74.6% 違約金27% その他44.4%
●総ギャラは女優本人に開示しているか?
女優によって50% 開示している25% してない18.8%
●総ギャラ中、女優に支払う額は何%?
40から50・75% 60から70 14.1% 不明9.4%
●撮影がバラシの時、違約金など決めてあるか?
決めていない53.1% 作品によって20.3% 決めている15.6%

被害告発者にも、AV実演家にも、ろくなヒアリングもアンケートも集会も行わず、つまり「正確な事実認定」を怠り、"適正"という「正義の実現のための大前提」も忘れ、メーカーとプロダクションの話ばかりでもって『改善されている』と、「軽々に信じてしまうような人こそ」AV人権倫理機構理事としては失格では?
(ジェンダー法学会に対しての機構理事のイチャモンについて)

AV人権倫理機構による"適正宣言"はまさに"逆"魔女狩り!
業界が真に改善されたかどうかは、多数の実演家の声を「慎重に吟味して初めてはっきりする」。
強要「告発の信用性を検討せずに」"向こうが来れば話を聞いてやる"なんて姿勢で、大本営発表の如く実演家を黙らせることを「『魔女狩り』と言って、何が悪い」
(同)

女優へのアンケートも、実演家のための集会も開かないAV人権倫理機構の代表理事(歌う憲法学者?)。
AV実演家「個人の尊重、尊厳」が真に守られているか?
AV「労働・搾取」の実態は?
実演家が説明「を受ける権利」は?
"全部つながっているというお話"
メーカーとプロダクションの話だけでもって"適正"という名の憲法を歌っても受けるわけがない!

参加、質問させていただきました。
「当事者にアンケートすらとらない第三者機関なんてどこにあるでしょうか?このままではメーカー、プロダクション、そしてAV人権倫理機構によって実演家の声が、被害者の叫びが、潰されてしまう!と危惧しています。どなたか提言、指導をお願い出来ませんでしょうか?
(院内集会での発言)

♪言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる
勇気がある 傷もある ありのままでいる
これが私♪
映画『グレイテスト・ショーマン』より







































グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-05-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック