こころの病い人"棄てられそうな、あなたへ"

あなたが心配です。ひとりぼっちの、あなたが心配です。あなたは棄てられようとしている。あなたは、消されようとしている。あなたは、どこですか?あなたは生きていますか?


変わりました。
忌まわしいことになりました。
そして・・・あなたは棄てられる。不要にされる。
あなたのような、弱くてちっぽけで、無力であえいでいるだけの"被害者"は・・・。
心の病い?
いじめ?
虐待?
暴力?
トラウマ?
孤独?
何を贅沢言ってるんだ!
現状を見ろ!
生きてるだけでありがたいと思え!
甘えるな!
泣き言言うな!
不謹慎な!
でもよく見て下さい。
あなたを罵る人たち、あなたを蔑む輩・・・何をしていますか?
買占めていませんか?
行列作ってませんか?
お揃いの作業服作ろうとしてませんか?
脱出しようとしていませんか?

強者達の言うことはいつも同じです。
ざまぁ見ろ!とばかりに。
さぁ俺の出番だ!とばかりに。
それは我欲。ただただ権勢を誇示したいだけ。
己を神だと信じているのです。
永遠に自分の天下でなければ、気がすまないのです。
だからシモジモの者共は・・・俺の命令に従わない哀れな負け組は・・・"罰"を受けるがいい。洗い流されてしまえばいい。
俺様以外の我欲は絶対に認めない!
貧乏になれ!ささげろ!
みんな、同じです。
俺を誰だと思ってるんだ!
僕はものすごく詳しいんだ!
あげくは・・・。
"天の恵み"
"本当に地震が起こって良かった"

昔からそうです。
男も女もそうです。
"何を書いたか、みんな忘れましたね"
今もそうです。
「引きこもり」は贅沢病。
栄華に明け暮れ、放埓に溺れていくうちに、人は人であることを失います。
戦場の一戦士・・・・?
どちらがゼータク病でしょうか?

業界とて変わりはありません。
苦しい?
助けて?
もう駄目?
おととい来やがれ!!
無名の女の子達の涙と裸と陵辱の上に、虚妄の帝国を築いてのし上がった男。
苦しがらずに股を開く、助けてと訴えることの出来ない使い捨ての女優たちを、怒鳴りつけてコーヒーぶっかけて、駄目を許さずケツの穴まで酷使し抜いてきた無責任親父は、今もなおカネになる単体だけをはべらせて、優雅に踏み倒し生活。
これからも札束で女の子達の横面を引っぱたきながら、守銭奴野郎は、こうわめくことでしょう。
"すべては想い出になるのだから"
加害者ならではの決め台詞です。
全てを自分に都合よく片付けるための究極の自己弁護、責任逃れ。
被害者に想い出なんて、ありません。
それは永遠の現在に続く、決して癒えることのない悪魔の疵口、常に血を流し、膿み続け、激痛に狂わされる地獄の業火です。
苦しくて何が悪い?
助けて、のどこがいけない?
もう駄目、がなぜ認められない?
あなたの苦しみ、あなたの助け、あなたの・・・叫び、うめき・・・・。
今は誰も振り返りません。
これまで以上に、高圧的に、支配的に、あなたは誰からも救ってもらえません。
守ってくれる人は、どこにもいません。
けれど・・・だからって・・・・どうして、どうして、どうしていけないというのか?
何が許されないというのか?!
泣いてもいいんです。
うずくまってもいいんです。
呪ってもいいんです。
自分を。
あなたを。
弱くて弱くて、戦えなくて、傷つけられてばかりの、あなたを・・・。
想い出なんかじゃない。
あなたが、想い出なんかで片付けられては、たまらない!
許せない!
泣いて下さい。
僕にも聞こえるように、泣きたいだけ、叫んで、怒鳴って、泣きじゃくって下さい。

「夜と霧」という記録映画を見ました。
強制収容所という独裁の巣窟を建設するにあたり、多くの利権とワイロが横行したそうです。
終戦後、指導者たちは弁明しています。
"命令には背けない だから責任はない"
あなたを叱咤する周りでもすでに利権とワイロが迫ってきてはいませんか。
常に誰かの"命令"にして、あなたを排除しようとする連中はいつもこう言いませんか。
悪いのは、お前。
いけないのは、お前。
お前のせい。
お前の責任。
生きてるのが悪い。
お前なんかがいるから。
お前、お前、お前・・・・。
親衛隊の標語だそうです。
"清潔すなわち健康 労働が自由を生む 義務を果たせ"
指導者はこう言ったそうです。
"生産的に処分しろ"
権力者にとっては、虐殺も生産なんです。戦争も災害も、あらゆる大衆の不幸も生活も命も、自分達を肥え太らせるための生産的な処分対象なのです。
奴らは過去を振り返りません。
他人を自責させようとすることしか能はありません。
それは自分を正当化させるため。
おのれが神にのし上がるため。
歴史のカリスマに君臨するため。
あなたも虐殺されますか。
それしか道はありませんか。
過去など決して顧みない奴らのために。
責任などカケラもとる気のない驕慢な"カリスマ"共のために。
悲し過ぎます。
あなたは、人間過ぎます。
あなた・・・あなた過ぎます。

「貴様は死ね!貴様のような奴は死ね!貴様のような奴が清算されるまでには時間がかかりすぎるんだ!!その間にいい奴がまいってしまうんだよ!!!死ね!死ねぇ!」
「人間の條件」第6部荒野の彷徨篇「(61年 監督小林正樹)より

もう始まっています。
差別が。
格差が。
切捨てが。
いじめが。
弱い者イジメが。
さらに開き直り?
戦え。
被害者だと思うな。
ひとつになれ。
そう、合言葉は"イジメはなかった"
"誰も悪くないんだよって思う"
イジメる側も苦しんでいる、でしょうか?
自殺した○○君の分まで生きようと思います、でしょうか?
もう終わったこと、でしょうか?
そんなにカネが欲しいのか!、でしょうか?
イジメられた側はいつもこう言って優しく責め立てられます。
"分かってあげないと!"
"憎しみからは何も生まれないよ"
イジメてきた側ほどこう吼えます。
"私たちが 何をした?"
"ただではおかない"
分かりません。
僕にはもう分かりません。
こんなことを平気で言える、その魂の奥底がまるで見えません。
人間でしょうか?
人間って、こんなもんでしょうか?
ここまで・・・これほどまでに・・・。
あげくは
"神のみぞ知る"?

どさくさに紛れて、容疑者は釈放されます、加害者は自由になります。自分の部屋と秘書がいないと仕事出来ないとセンセイは駄々をこねます。
被害者は・・・動くな帰るな逃げるな・・・それは終身刑宣告の言葉嬲り・・・。
がんばれ。
頑張れ。
ガンバレ。
誰も守ってはくれません。
そして予感どおり・・・圧制が襲ってきます、全体が蔓延します、もはや"○争"が始まろうとしています。
がんばれ。
敵だ!
頑張れ。
欲しがりません。
ガンバレ。
みんな自分を抑え、こらえた。
みんな?
あの時の連帯感は美しい。
だから、がんばれ。
とにかく、頑張れ。
黙って、ガンバレ。
ガタガタ言わずに、がんばれ!
何もしてあげられませんが。
死ぬまで、頑張れ!
死んでもいいから、ガンバレ!
つまりは
"狼生きろ、豚は死ね"

あなたはこう思っていませんか?
私なんて死ねばいい。
いなくなってしまえばいい。
こんな何の役にも立たない、厄介者の、社会のお荷物の、うざったいだけの、私なんて、私なんて・・・。
その方が、世間のため、困っている人のため、苦しんでいる人のため、生きたくても生きられないかもしれないくらい、つらいつらい、そういう誰かのため・・・。
待って下さい。
もう少し、ほんの少しでいいから、待ってみて下さい。
これからどうなるか?
現実はどこへどう流れて行こうとしているか。
すでにもう虎視眈々と、奴らが狙っています。
舌なめずりしながら、己の権益を最優先に、千載一遇の好機とばかりに!
歴史は繰り返してきました。
この非常時に!
非情時に?
カネと利権に結びつかないものは、癒しも優しさも、自分探しも迷いも自由も、そして弱さも悲しさも祈りも、全て棄てられます。
愛する人を守るため?
"愛する人"の中には当然あなたは含まれません。
"余人をもって代えがたい"連中だけ。要するに
"バレない嘘なら、ついていい"
"起きていることはすべて正しい"
決め台詞はこんな感じです。
"力"
"肯定"
"感情のコントロール"
"興味・関心"
でもどうして、あなたが、あなた一人が、犠牲になる必要がありますか?
あなたが何をしましたか?
あなたの何がいけないのですか?
力が湧かない。
何もかも否定したい。
感情に振り回される。
誰にも何にも、自分にすら興味も関心もない。
そして苦しい。
苦しくて苦しくてたまらない、耐えられない。
起きていること全てが、他人が病いが運命が・・・極悪でしかない。鬼にしか見えない。絶対に絶対に許せない!
だからあなたは今何も出来ないでいる。
黙ってひとり、ボロボロでたったひとり、願えない、望めない、夢もない、誰もいない、自分なんていらない、たまらない、もう消えたい・・・・!!
だけど待って下さい。
もう一度、だからこそ待ってみて下さい。
己のエゴを、浅ましい我欲を、もっともらしい大義名分の元に、好き勝手、撒き散らしている輩なんかよりあなたは、そこまで弱いだけのあなたは、だからこそ、本当にだからこそ、ずっとずっとマシではありませんか。
正しいのではありませんか。
美しいのではありませんか。
人間ではありませんか。

"まさか・・・奴らは幸福な奴だ・・・一度も自己を顧みない・・・ああゆう手合いがその時、その時の主流のような顔をしていては、世の中に害毒を流してゆくのだ"
映画「日本の夜と霧」(60年 監督大島渚)より

この状況・・・この現実・・・僕には言葉もありません。
ずっと更新などしないつもりでした。
自分の言葉に、何の価値が、意味があるかと、全否定の底に沈んでいました。
でも、書きます。
あなたにだけ書きます。
誰もあなたに書こうとはしないから、それどころではないから、命あってのモノダネだから、何より、あれだけの沢山の命が理不尽にも奪われてしまったのだから。
それでも書かせて下さい。
あなたに言わせて下さい。
生きていていい、と。
あなたは生きていて構わないんだ、と。
今までどおりに、あなたのままで、生きられるだけ、生きたいだけ、生きていて誰にも悪くない。
清算されるべきは、あなたを死ねと罵倒する側です。
あなたをまいらせようと、ガンバレ、頑張れ、がんばれ、あなたのような、弱くて無力で、でもいい人で、本当に優しい人間で、そんなあなたを、あなたたちを、罰にかけようとのさばっている、人間を失くした"悪い"方です。
今、あなたはどうしていますか。
何も言えず、何も願えず、何の主張も聞いてもらえなくて・・・・。
でも、いいんです。
あなたは生きていていいのです。
生きなくてはならない、のではなくて、生きていてほしい、でもなくて、死んではいけない、でもなくて・・・ただ、あなたは、生きていて、それでいいんです。
僕の前には絶望しかありません。
僕が生きている理由なんて、もはやどこにもありません。
だけど、あなたもそうなら、そう思うのなら、そうとしか考えられないくらい、あなたが苦しんで絶望して、死を夢見ているのなら・・・・僕は書きます。
あなたは生きています。
生きていていいんです。
あなたは、あなた。
それが真実です。
何の罪もない、それが命です。
魂です。
あなたは、人間なんです。
あなたは・・・あなたの悲鳴は・・・・・聞こえています!
あなたに。
あなた達に。
あなたという、大切な、かけがいのない、あなたの味方に・・・・。



"ある国のある時期の話と言い聞かせ、絶え間ない悲鳴に耳を貸さぬ我々がいる"
「夜と霧」(55年 仏 監督アラン・レネ)より







夜と霧 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2009-02-20
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜と霧 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

リリー
2011年05月15日 10:54
ありがとうございます
ありがとう…
この言葉の数々を、貴方を、この場所をみつける事ができてよかった…
本当にありがとうございます
こんなに救われた気持ちになったの初めてでした
自分を認められる気持ちがまた持つことができそうな気がしました
本当にありがとう…
貴方のおかげで…
また、少し生きる事ができそうです
2011年05月15日 13:41
ありがとう。どうか・・・・。
ここ
2011年08月22日 19:58
生きていていいの。
で検索カラこちらに・・・
落人さんの言葉は、ダイレクトに響きます。
ありがとうございます。
明日も笑って過ごせる自分を維持できそうです。
心が…
もう少し…
ありがとうございます。
2011年08月24日 12:05
ありがとう。心を許してあげて・・・。
闇のココロ
2013年07月14日 01:15
味方になってくれてありがとう。
でも、嘘をついてはいけません。
上のリリーさんやここさんの心の叫びを聞いてから、
人々の心の叫びを聞いてから、
あなたの悲鳴は・・・・・聞こえています!
と、書いてください。
でないと私の闇が深くなってしまうのです。
2013年07月14日 06:54
あなたの悲鳴は・・・あなたのものです。
あなただけの大切なものです。
僕はここにいるだけです。
でも・・・だから・・・聞こえています・・・。
きっと・・・どうか・・・あなたと・・・。

この記事へのトラックバック