返事が書けない。

返事が書けない。
どうしようもなく、書く気になれない。
理由は簡単だ。僕宛ての言葉じゃないから。この場を借りただけの、自己陶酔なひとり言だから。

僕は何度も書いた。
嫌になるほど書いた。
一行だけ、一言だけ・・・せめて。
でも無駄だった。何も伝わってはいなかった。
届くのは向こうの話ばかり。相手のことばかり。
僕への言葉など一行もない。一言も記されていない。
だったら僕のページである必要もないだろうに・・自分のページに好きなだけ書いてくれたらいいのに。

但し書きを思い出す。
何もしてあげられないけど・・・。
立派な断り書きだ。容赦無く突き付けられた絶対条件だ。
何も出来ないから。
何もする気ないから。
最初から何にもしてあげるつもりなんて、ないから。
勘違いしないでよ。
私は何もしないの。あくまでここで楽しむだけ。ちょっと一服させてもらうだけ。
くれぐれも勝手なこと考えないでよ。
何もしてあげる気なんてないんだから。そんなの当たり前なんだから。
だってAV男優でしょ、ただのブログでしょ、毎日暇だから書いてるだけでしょ。
何で私が何かしてあげなきゃいけないわけ?
そんな”資格”ないの。悪いけど。
そんなお返しもしなくていいの。アンタじゃ悪いけど。
とにかく改めて宣言しとくから。
何もしてあげられない。全然なーんもしてあげるつもり、ない。
だからせいぜい私達の方だけ満足させてちょうだいね。
それがアンタの役目。
それくらいがアンタみたいな人には丁度いいお務め。
だって来てあげたんだからさ。
覗いてやったんだからさ。
それだけでもありがたいと思いなさいよ。感謝しなさいよ。さあ、また、ありがとう、で始まる返事、皆に書きなさいよ。
ちゃんと返事しないと・・こっちは何もしてあげられないんだから。

してあげられない、じゃない。
する気がないだけでしょ。自分のことで精一杯なんでしょ。
だから僕の様子など一切問わない。心配もしない。
ほったらかし・・・ここに来て、ナルシスに書きまくるだけが無性な楽しみ。
僕は・・・ホストか?
何の見返りもなく御奉仕させられる、下等なシモベか・・・。
殴られ屋・・・書き殴られ屋・・・やっぱりバイキンだ・・・。

みんな、自分のことしか書かない。自分の苦悩やストレスや”純愛ドラマ”ばかり書いて、それで終わる。
さもなきゃ、彼がどうしたこうした・・・別れても好き、アンタより好き、私はヒロイン、可哀想でカワイソウで・・・。
僕のことなど少しも書いていない。
僕への語りかけなんて、一言もない。
僕を心配する気も、てんでないらしい。
僕を励ますことも慰めることも癒してくれることも・・・最初から何もしてあげられないから・・・と断ってる通りらしい。
僕はほぼ毎日ここで孤独な悲痛を訴えている。たった一言の暖かさを求めてギリギリで慟哭している。
だのにただの一人もそれを読んでいない。いや、読んだ端から忘れて、たちまち自分のことを書くことに夢中になる。
今日はこうでああで・・・私はこんなに不幸で哀れで悲しくて・・・。
僕はここにいるのが当たり前のようだ。
僕が全身全霊で相手してあげるのが、とことんサービスするのが、当然の義務と思われているようだ。
だから皆、自分のことしか書いてこない。
何度でも指摘する。
あなた方は、自分のことしか書かない。人のブログで・・・。
こんなブログ、他にあるか・・・?
僕に優しい言葉をかけてくれる人なんて、やっぱりどこにもいない・・・。

僕はもう、こんなブログだけで精一杯だ。
自分の言葉で自分を日々慰めるくらいが、やっとなんだ。
誰も何もしてくれないから。
他の無数にあるブログのように、支えてくれる、恵みを与えてくれる言葉の送り手など、ただの一人もいないから・・・心の苦悶を吐露するブログに書き込まれることは、普通はまず励ましの言葉だ、温かい慰めのエールだ、見舞うような慈愛のメッセージだ。
それなのに僕には一通もない。
たった一人も、たったそれだけのことも、まさに、”何もしてあげられない”。
しつこく、しつこく、嫌というほどしつっこく、断ってくるはずだ。
わざわざ書いてこなくたって、そんなこと充分分ってるのに。
ただごく普通に、傷付いている者への、平凡な言葉を届けてくれるだけで、僕はいいのに・・。

もう自分のことばかり書いてくる人に、僕は返事する気力はない。
結局僕から口当たりのいい言葉を引き出すことしか目的としていない人に、僕はこれ以上おとなしく仕える気はない。吸い取られるばかりの都合のいいオモチャなど、もう沢山だから・・・。

こんなことを書いて、いよいよ誰からも棄てれるばかりだろう。
でもひたすら利用されるのみで、いくら叫んでも哀願しても無視されるだけだと分ってしまったら・・・それも仕方ないだろう。
現実に付き合った女性達も皆、そうだった。
一方的に甘えるだけ甘え、自分のことばかりひたすらしゃべり・・・僕には何も言わせなかった。言った途端に、アウトだった。
そんな人だと思わなかった。
自分の胸に聞いてみることね。
私が欲しいのは、コ・イ・ビ・ト!

それとも、察しておくれよ、か・・・。
ありがとうございました、か・・・・。
要するにアンタの情けない愚痴なんてどーでもいいの。
それより私の話を聞いて。
可哀想な私の話を、全部聞いて。それから極上の言葉で癒して、癒して、思いっきり慰めて。
アンタはそこで死ぬまでそうしてれば、いいの!
それだけで、いいの!

どうしてなんだ。
どうして普通に書いてくれないんだ。
まず、相手のことを心配してから自分のことを書くのが、自然な思いやりってものじゃないのか・・・。

誰も僕に尋ねない・・・。
大丈夫ですか?
疲れてませんか?
つらくないですか?
苦しくないですか?
死にたくなっていませんか?

こんなことを自分で書くしかない、とは・・・。

もう三度目か・・・でも、また書く。

死んでみせなきゃ、わからないのか!


かもしれないな・・・何もしてあげない・・・だから死んでも・・・・誰も何もしない・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ドッグ
2006年06月11日 23:52
ごめんなさい。あなたの言う通りあたしは最悪な人間です。でもあたしは何をしたらいいのか分からない。あなたは優しい言葉で救われるのですか?苦しんでいる人は言葉で救われるのですか?あたしがここに来ることはあなたにとっては迷惑な事だったのですね…ショックだけどあたしのせいだし仕方ないですね。

この記事へのトラックバック