AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS AV出演強要まとめ5・・・なんにも、変わってない

<<   作成日時 : 2017/03/29 18:03  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

おれは、孤立を恐れない。これは、いわば、絶望からの出発だ(三島由紀夫)



健全化って結局何だ?
規制派の求める健全化、業界派が謳う健全化、政治の企む健全化、法が決めつける健全化、業界トップの望む健全化、マスコミがネタにする健全化、AV女優の願う健全化、AV男優が傍観する健全化、"被害者"の訴える健全化・・・・。
全部、違う気がする。
だのに皆、我こそが理想と盲信している?

どんな問題であれ、人間でしかない以上、中立なんてありえない。
AVを肯定するか、否定するか。
強要を信じるか、無視するか。
全ての人権への配慮なんて謳っても所詮、敵か味方か。
結局何が正しいか、ではなく、どれが自分にとって都合がいいか、だけ?
だからヘイト?も辞さない。ゴリ押しも厭わない。
お互い様だろうに・・・。

やはりと言うか・・新たな実名告発者を業界側はとことんスルー。
もう昔のことですから?
すでに引退した人ですから?
僕の常識には絶対ないから?
私の周辺では聞かないから?
団体とは無関係だから?
全体からすれば極々少数でしかないから?
何を言っても、揚げ足をとられるから?
誰のための健全化・・・?

AV出演強要問題。
業界側の本音はコレか?
「レイプじゃない!犯罪じゃない!
最初は少し嫌がってたみたいだけど、そのうち抵抗しなくなった。笑えといったら、笑うようになった。何回もヤらせるようになった。
事実、これまで全然立件されてないじゃないか!
あの女達は、被害者なんかじゃない!
俺のオンナだ!!」

自浄?
僕には「自衛」にしか見えない。
挙げられないように。叩かれないように。目立たないように。
バレないように。気づかれないように。揚げ足とられないように。
何よりも商売第一!
そして自分と家族の人権が第一!
だから団結しましょう、応援し合いましょう、かばい合いましょう、褒め合いましょう。
"私たち"のために!!

「ラスト・タンゴ・イン・パリ」のベルナルド・ベルトリッチ監督を非難出来るAV監督などいるだろうか。
まだ10代のマリア・シュナイダーに性暴力を強要したマーロン・ブランドを否定出来るAV男優なんて、どこにいるだろうか。
これがAVだったら、例によって業界はこう言うだろう。
「昔の話ですから」
「もう死んだ、いやすでに引退した人のことですから」
「今?絶対ないと思いますよ」
生き残るのは、加害者の権利と歴史ばかり。
女優騙しのガチ苛めは、今も行われている!

業界側は、出演強要が未だ立件されていない事実を免罪符にしているようだが、あれほどの被害相談が寄せられながら一件も犯罪として認定されていないことこそ、女性差別、性犯罪への偏見だと、なぜ一部のフェミやSW擁護陣は問題視しないのか?
男社会やスティグマにあれほど敏感な人達が、AV問題になるとなぜか業界側にとことん立つ不思議・・・。

業界の謳う「健全化」とは結局
「挙げられないようにしよう」
ではないのか、本音は。
過去、業界の変化は常に摘発後、でしかなかった。しかもその「改善」にしても所詮、実質的には"ザル"!
「自浄」にしても世間から「叩かれないようにしよう」アピール?
だから被害者も強要も、身内の失言もとことん無視・・・。

AV業界を描いた一般映画を見た。
25年前、AV現場で傲慢な男優(本職はれっきとした舞台俳優)から撮影中でもないのに女優がナマで!挿入されているのを完全無視していたその監督が、企画女優を応援する?映画を撮ったとは・・・。
僕が29年のキャリアで唯一キレて、監督に食ってかかった現場。
「なぜアンタ、やめさせないんだ!」
「まあまあ・・・」
今もたまに"本編"を撮っているその映画監督にとって、AV女優などただの"素材"か・・・。

私の周りにもいません?
香西さんは?くるみんアロマさんは?ほしのあすかさんは?
AV業界を取り締まる法案?
AVで有名になれず、被害者ぶって有名になろうとしている?
業界側のこの反応こそ「偏って」いないか?
一部をもって全体を"お花畑"化していないか?
「全てに網をかぶせて」"強要はない"で押し通そうとする姿勢こそ「強要」ではないのか。

先日のTV。
法規制VS自主規制、なんて単純構図に納め、結局は田原某のAV男優ネタで視聴率稼ぎするだけのTV的いい加減さをなぜ両陣営とも疑問視しないのだろう。
自分の主張さえ出来たらそれで満足?
所詮、大手マスコミも世間もあの程度にしか捉えていないAV問題、いや"AV被害者問題"なのでは?

相手への「想像力」に欠け、主張のための「断絶」を生みたがり、勢力獲得のために「境界線」を引き、利用するために「カナリアの叫び」と押し出し、遂には「戦争」とまで煽り、結局は「思想統制」に励み、誰のためでもない己が「選民思想」に酔い痴れ・・。
曲解です。偏見です。
でも、こう感じることも現役のAV実演家としての僕の"権利"です。

規制派の偏った人権無視。
業界派のヘイトな煽り。
いつまで続けるつもりか?
被害者は本当にあんな「規制」を求めているのか?
当事者は本当にあんな「言葉」を使ってほしいと望んでいるのか?
両派とも"本人の意思"をどこまで確認したのか・・・。
リーダー気取りの勝手な思い込みかも・・と、省みたことはないのだろうか。

「目的に向った情熱はそこに行きついたときすでに失われてしまう。やはり無目的の革命の方がいい。無目的の革命は無傷の革命だ」映画監督・藤田敏八
己が革命のためなら、一般人の真情を踏みにじることも厭わない?
それでどうして「社会とつなぐ」ことが出来るだろう。
断絶、無慈悲、攻撃・・・お互い様では?

規制派の報告書や要請書を被害者は読んだろうか?
業界派の主張を実演家は目にしただろうか?
僕は、彼女達の声を聞きたい。
あなたはどうしてほしいのか?
誰かがあなたの代わりを気取っていないか?
誰かがあなたの声を封じていないか?
誰かがあなたを"戦争"に巻き込もうとしていないか?
「あなたのためなのよ!」と称して・・・。

「被害者の皆さん!
貴方達個人の真情よりも職業差別、表現の自由、といった社会問題の方が遥かに大事なんですよ。
だから一緒に巨大な敵と戦争しましょう!
AV女優は素晴らしく楽しい仕事じゃないですか!
何も気にせず私達の様に堂々と生きていきましょう!
強要なんてそもそも犯罪じゃないんですから!!」???
女の敵は女・・・。

「・・・・なにを残したの?」三島夫人

僕には"真相"への期待などはない。
所詮、「言った」「言わない」の水掛け論。
僕が今望むのは、"自省"だ。
なぜこんなことになったのか。
なぜ巻き込まれてしまったのか。
ただ、運の悪さ?因果応報?
これまでの言動に問題はなかったか?
「社会的信用に関わる発言」をしてこなかったか?
実感とやらを省みたことが一度でもあるか?
言うだけ無駄かもしれないが・・老婆心ながら。

被害者へのバッシングは、AV、AV女優、AV業界へのバッシングだと思う。
被害者に向き合うことが、AV、AV女優、AV業界に対して社会が向き合ってくれることに繋がると思う。
改めて願う。
こういうイベント(被害者に聞く場)こそ、業界側が積極的に開催してほしい。

昨夜の打ち上げ?
その名も「11人いる!」。
熱かった!
ライター、監督、編集者、元AV女優、記者、男優・・・。
願わくば両陣営の代表格の人達にもいてほしかった。
なぜかアゥエーには決して顔を出さないヒロイン達・・・。
ただの飲み会で構わない。見て聞いて話して、そこにいるのが同じ人間であることを・・・。
居心地のいい場所から互いに罵り合っていても誰も救えない。

「焦るな・・森田。おれも計画は練っている。やみくもに動いても抹殺されるだけだ」三島由紀夫
「抹殺されたって、構わない!この国への想いが伝わるのならば、先生と一緒に立ち上がれるのならば、本望です!」森田必勝
「・・・・森田。若さとは、愚かさではないんだぞ」三島由紀夫
「ぼくは、愚かでも構わない。それこそが生きた証なのではありませんか?!」森田必勝

2月3日。被害報告イベントにて。
『今、内閣府を中心にこの問題に対して法規制のようなものが行われようとしているんですけど、業界にはこの法規制に対して反対の立場の人が多いんですけど、僕はここ半年くらいこの問題に関わってきて、業界の様子なども見て、もう法規制もやむなし、なんじゃないかという気持ちに傾いています。
というのは、業界の男達は相変わらず
「強要なんてない」
「見たことも聞いたこともない」
「もしあるんだったら警察で勝手にやって下さい」
みたいな感じで、あくまでも他人事であると。
そしてこのようなイベントや記者会見なども開かない。
マスコミの取材も受けない。
顔も名前も出さない。
こういう有様です。
声を挙げているのはもっぱら女性なんですけれども、その女性達もまた、男達を非難するわけでもなく、あげくは
「被害者はAV女優である」と。
「一本でも無理やりでも、出ちゃったらAV女優なんだ」
「それをあたかもマスコミや人権団体が、被害者は一般人であるかのようにすり替えている」
とか、こういうことを言う。
果ては「人権団体が仕掛けてきた戦争である」と。
「彼等は業界と我々を断絶させようとしている選民思想の持主」
こんな過激な言葉まで使うような人が業界の表に立って、話したりしているわけです。
こういう様子を見ますと、僕はおよそ被害者と向き合わない健全化であるとか、被害を想定しない業界側の自主的改善であるとか、そういうものはまったく信用のないもの、出来ません。
ですからこういう場に当事者の誰かを呼ぶべきではないか、という意見もありますけれども、しかし僕からすれば誰を呼べばいいのか、結局誰を読んでも頭から
「強要なんてない」
それよりも
「自分達の権利を守れ」
「差別するな」
「表現の自由を認めろ」
そう自分達の権利ばかり主張している有様なんですね。
非常に僕なんかは、今絶望的な気分になっているんですけど、ただここで心苦しいながらも皆様にお願いしたいことは、どんな法律も完璧ではないと。
必ずこぼれ落ちる部分があると思います。
特に先程のお話に出たような、被害者でありながら、くるみん(アロマ)さんを始めとして、世間からバッシングを受けてしまう。これなんかも法を謳っても償えない部分があるんじゃないかと。
あと、これも理解していただきたいのは、自らすすんでAV女優になる女性も決して少なくない。
そして若い女性ばかりが取り上げられていますけれども、30代40代50代、シングルマザーの方も含めて、幅広い層で自らAVに出演したいという女性達もいると。
なぜ彼女達はAV女優になるのか。
何が彼女達をAV女優にするのか。
そこまで考えれば、AV問題というのは、女性問題を起点にした社会問題じゃないかと。
社会問題にまで議論をすすめれば、メディアのタブーを超えて、もっと広く、新聞にも載るのではないでしょうか。
ところが残念ながら、世間はAV問題というものをまったく大して問題にしていない。
くるみんさんに対するバッシングのように、騙される方が悪い、とかそういう風な見方をする。
AVなんか自ら出る者は馬鹿なんだ、とか世間は見ている。
そういう世間に対して、一般的なものを含めた社会問題なんだ、ということを、どうか皆様お一人お一人の力で色んな形で議論を深めていただければ、本当の意味で被害者も、そして自らが活躍しているAV女優さん達も・・・彼女達もいつ被害者になるか分かりませんので、救っていただくことが出来るんじゃないかと思います』

「いま、ぼくがいちばん聞きたいことは・・・(三島)先生は、いつ死ぬんですか?」(山口二矢)

3月2日 参議院議員会館にて
『業界歴30年になりますAV男優の辻丸と申します。
本日はせっかくこのようなシンポジウムを開いていただいたにも関わらず、AV業界側の男達の反応は、この問題が取り上げられた半年前からとほとんど変わっていません。
相変わらず
「強要なんてない!」
「見たことも聞いたこともない!」
「もしあるなら勝手にどんどん取り締まってほしい」
「でもウチはちゃんとやっている。ヨソのことは知らない!」
こういうスタンスです。
そして業界側周辺の女性達は
「被害者はAV女優!」なんだ、と。
「たとえ一本でも、たとえ強要であっても、出演したのならAV女優!」
「それをあたかも一般女性が被害者であるかのように、人権団体やマスコミがすり替えている!」
こんな風に言ってる人もいます。さらには
「これは現代の魔女狩り、ユダヤ人狩りだ!」と。
「警察はヒューマンライツナウの言いなり!」
「マスコミは裏取りしない!」
遂には
「これは戦争である!」と。
「彼等は業界と世間を断絶させようとしている選民思想の持主!」
「ファシズムの権化!」
こんなことまで言っています。
先日、内閣府による公聴会も行われて、業界側はそこに意見書などを送ったようですが、僕からすれば、なぜ業界自らが内部調査して報告書を作り、それを発表して世間の信を仰がないのか?そうすることこそが本当の意味で健全化や自浄に繋がることだと思えるのに、実際はただただ周辺に喧嘩腰で反発しているだけのような気がします。
しかしこのような結果、世間からバッシングを一番受けるのは、被害者であり、自発的なAV女優たちなのです。
僕はこのAV問題は、これまでの性風俗、ポルノグラフィ、JKビジネス等とちょっと違っているのではないか、と思っています。
芸能という面もあれば、セックスワーカーの面もある。
何より若い女性ばかりではなく、30代40代50代と、幅広い、あらゆる世代の女性達が、被害者にも、そして自ら自発的なAV女優になっている。
何が彼女達をAV女優にするのか?
何が彼女達を被害者にするのか?
ここまで考えるとこれはもう、貧困問題、女性問題を超えた、れっきとした社会問題ではないか、こう思います。
そこで皆様にお願いなのですが
被害者は、自発的AV女優達は、有権者です!
納税者です!
国民です!
誰も"戦争"なんか望んでいません!
誰かを"ファシズムの権化"だなんて思っていません!
強要被害を誰よりも、許せない、失くしたい、こう思っている人達です。
そんな彼女達がなぜ真っ先に世間からバッシングを浴びるのか?
それは残念ながら、まだ世間の人々に、AV問題なんて取るに足らない、騙される方が悪い、我々には関係ない!その程度の認識しかされてないのではないか、と。
そこでどうか皆様お一人お一人の御力で
AV問題はあらゆる世代が、貴方の同世代の誰もが、被害者にも、また自発的AV女優にもなり得る社会問題、つまり国民全体の問題であるということを、世間一般に広めていただければ、と。
全ての有権者が、国民が、この問題に理解を示して下さることによって、バッシングを無くしてほしい。
彼女達を差別偏見から救えるのは世間です、世論です。
そのための法規制、健全化であってほしい!
誰もがAV問題に真摯に向き合ってくれるような"国"に、皆でしていっていただけるよう、切にお願いいたしたいと思います。
最後にすいません。
僕は今も業界側の人間です。
強要の"加害者"です!
加害者だからこそ
被害者のために
いつ被害者になるか分からない全ての人達のために!
どうぞ今後ともAV強要問題、よろしくお願い致します』

つくづく「仁義なき戦い」(73年 脚本笠原和夫 監督深作欣二)だ。
鉄砲玉の如く"殺される"のは、常に最前線の兵隊たち。
諸悪の根源たるトップは今なおノウノウ・・・。
「戦いが始まる時、まず失われるのは若者の命である。
そしてその死は、遂に報われた試しがない」
(仁義なき戦い 代理戦争)
すでに何人の"死"が?
どう報われたと言えるのか・・・。

またも出発点からしての勘違いと、被害者への責任転嫁。
かつての無法業界への罪悪感も自省もない放漫なるノスタルジー。
年齢性別世代を問わず、一度カリスマに祭り上げられた幸運な人達の、その鈍さと感覚のズレには、ただただ唖然とさせられる。
被害者は、騙された一般女性!
これすら理解出来ていないとは・・・。

「記録者は不可能に対する挑戦のあがきを描くものかもしれない。
どんな記録者も絶対に客観的な真実など表現できない。
自分とのたたかいの記録にしかすぎない」
(TVドキュメンタリスト牛山純一)
様々な取材者と会う機会が増えた。
彼等は皆、あがいている。自分とたたかっている。
AV業界人なんかよりずっと、ずっと・・・。

男「強要?嫌なら辞めちゃえばいいんだよ。貴女に落ち度はなかったんですか?」
女「説得力あるなぁ」
男「強姦?嫌なら逃げちゃえばいいんだよ。貴女に落ち度はなかったんですか?」
女「説得力あるなぁ」
結局、これがAV村の論理。だから
男「強要は絶対ないと思いますね」
女「被害者は誰ですか?AV女優なんですよ」
嗜癖はどっちだ・・・"逆嗜癖"?

AV創世記にも強要はザラに聞いた。
カリスマ監督の無人島監禁まとめ撮りなんて典型的な例。
飛んだりバックれられた不良?の子はまだマシ。
AVとは知らせず現場で脅して、暴力と恫喝で強姦まがいの本番を商品化する。
これが平和な時代?
携帯やスマホなんて無関係。
AV村の感覚が、今も昔も異常なだけでは?

「なんにも、変わってない・・・」三島夫人

3月24日
海外に向けてのインタビュー映像発信の予定が・・・当日、一方的にボツ!
『業界歴30年になりますAV男優の辻丸と申します。
僕はアダルト雑誌の編集者、フリーライターを経て、80年代末のAV創世記に男優になった者ですが、当時から90年代にかけて日本のAVは、それまでの完全演技による成人ポルノ映画の延長のようなスタイルであり、本番無しの擬似絡みが主流でした。大島渚監督の「愛のコリーダ」(76)が本邦初のハードコアポルノと世界的に騒がれてから10年余・・・まだまだ世間的にも、業界内においてさえ、"本番"に対する心理的情緒的"戸惑い"は、根強いものがありました。
それが2000年前後から、本番撮影が当たり前となり、自ら出演を志願する自発的AV女優が増大していきました。
そして日本独特の、性器部分にモザイクさえかかっていればプレイ内容は基本"何でもあり"、というスタンスで、顔面射精、大量ぶっかけ、乱交、中出し、強制イかせ物、拷問系・・・とエスカレートしていき、ネットによる実質無制限の配信拡散を経て、今や年間制作本数2万6千本以上、AV女優はおよそ5千人、という一大産業と言っていい状態の中、昨年「AV出演強要問題」が起こったのです。
この問題に関しての現状は
意に反して無理やりAV出演させられたと訴える被害者への支援活動を行っている幾つかの人権団体からの被害報告を元に、国が内閣府が超党派の議員が、様々に調査し、被害防止のための対策を協議して色々な提言をまとめ、場合によっては新たな法規制も視野に積極的な活動を政府レベルで行っています。
しかし一方、それらの動きに対してAV業界側は、なぜかあくまでも
「強要はない!」
「少なくとも我々は見たことも聞いたこともない」
の姿勢を今だに固辞し、一部では人権団体や政府に対してヘイトまがいの非難反論まで行っている有様です。
ですが、業界には未だはっきりとした業界団体も窓口もなく、メーカーやプロダクションのトップの人間達は記者会見や声明はおろか、マスコミの取材さえ受けず、嵐が過ぎるのを待っているような無責任無自覚な態度にしがみついています。
それはあたかも、日本でここ数年ずっと騒がれている「いじめ」の問題と似ているような、被害者がいくら告発しようと、学校側は「イジメは認められない!」と言い放っている構図と変わらないものを僕は感じています。
そして現実的には
複数の被害告発者、そして警察、支援団体への多数の訴え、相談が寄せられているにも関わらず、今もって「強要」の逮捕者は出ておりませんし、一件も立件されていないのが現状です。
これは日本の法律の不備なのか、業界側の言う通り、本当に「強要」などはないのか?
しかしその答え以上に注目すべきは、この問題が大きくマスコミ等で取り上げられることによって、被害者に対して、また自発的AV女優達に対して、ネットを中心に「売名行為、自業自得」といったバッシングが起こった。そのくせ国民全体の関心はどこまでも鈍く、冷ややかである、という現実なのではないか、と僕は感じています。
なぜ、こんな風になってしまったのか?
なぜ、出演強要が起きたのか?
なぜ、被害者の訴えが認められないのか?
なぜ、業界は否定しつつ、ダンマリを決め込むのか?
なぜ、世間の人々は無関心なのか?
これらの答えは全て、日本という国そのものの歴史的な有り様に根差してるのではないか、つまりAV強要問題とは、日本で、日本人ゆえに起こるべくして起こった問題ではないのか?!僕は今、こう考えているのです。
日本は戦後70年、民主主義国家ではありますが、今だ戦前からの、さらには"サムライ"の時代からの
「家父長制」
「男尊女卑」
そして「村社会」
「本音と建て前」思考
「事なかれ」主義
さらには、雇う側が雇われる側より優位に立つという「労働の不均等」
そしてこれらを支えるかのような「献身的ナルシズム」
根拠のない伝統的なまでの「精神主義」
一方では根強いほどの「差別主義」
「セックスワーカーへの蔑視」
・・・これら日本と言う国の体質そのものが、AV問題の根底にあると僕は思っています。
改めて考えますに、日本のAVは、世界でも特異な存在ではないでしょうか。
セックスワークの一面を持ちつつ、ポルノグラフィであり、アンダーグラウンドな部分も否定出来ないまま、エンターティメントとして大々的に普及しながら、これら全てのジャンルとも微妙に異なった部分を含みながら、法的にはどこまでもグレーゾーンであり、結局のところ、国と国民から「お目こぼし」によって存在してこられた、そういうコンテンツだと思います。
そして何より、若い女性ばかりではなく、30代40代50代、あらゆる層の、社会経験も豊富な、シングルマザーも少なくない、そんな女性達が自ら出演を希望し、彼女達の様々なセーフティーネットにすらなっています。
何が彼女達をAV女優にするのか。
貧困問題?性の解放?精神の自由化?
しかし一方で何が彼女達を被害者にしようとしているのか。
男女不平等?雇用側の優位性?権威主義?性暴力への無理解?女性への差別?弱者へのヘイト?
これはもう、AV問題とは、強要云々を超えた、れっきとした社会問題としてとらえるべきじゃないか、と僕は強く感じています。
しかしながらやはり現状は
日本のマスコミ、有識者、ジャーナリズムはこの問題にまだまだ無関心か一方的。
規制派も、被害者のみに向き合っていて、業界や自発的AV女優に対しては無理解な部分が多々あります。
業界派は逆に、被害者と向き合わず、被害そのものに対して無知のまま、自衛的な主張ばかりにこだわっています。
そして世間一般は、最初からAV問題など取るに足らない、自分達には関係ない、と決め込んで、やはり無理解無関心のままです。
僕から見ると、全てが偏っている!
いずれにも無理解無関心がある。
結局は自分達の立場からしか考えようとしていない、こんな風に感じずにはいられないのです。
そこでこの映像を御覧の世界の皆様にお願いがあります。
どうか世界の方々に、この問題を注視していただきたい。
助言していただきたい。
正していただきたい。
そのために、学ばせていただきたい。
業界の一部には、これは規制派との戦争である!、という声さえあります。
ならば戦争を避ける努力をこそ、この国に促してほしい。
被害者も、自発的AV女優も、誰一人、戦争なんて望んでいません!
戦争なんかにならないよう、導いていただきたい。
AV村という、排他的で閉鎖的な世界を開国してもらいたい。
そしてこれらを支えてきた、日本という国を啓発してほしい。
なぜなら、「AV強要問題」とは、世界に通じる
「人身売買」
「性暴力」
「女性差別」を含んだ
何より「人権問題」!
に他ならないと確信しているからです!
この問題は、3年後の東京オリンピックに向けての浄化作戦の一つだという声もあります。
ならばなおのこと、世界の人々に対して恥じることのないよう、全ての国民が真摯にこのAV問題に向き合うような、そんな国になっていけるよう、世界の方々に御協力ご鞭撻をお願いしたいのです。
この人権の問題について、日本人そのものにどれだけ自浄能力があるのか?
そしてあらゆるマイノリティ差別に対して、自らを省みる意識がどこまであるのか?
最後に・・・僕がなぜ、現役でありながらこんな声を上げているのか、ご説明します。
僕は10代の頃、いじめられっ子でした。
自殺を何度も考えました。
加害者を刺してやろう、と思ったこともありました。
その僕が、どういうわけか、気が付けばAVという世界の中で
「女性虐待」
「人格攻撃」
を一つのプレイとして売りにする
"いじめ男優という職業"
に就いていました。
「被害者」から「加害者」になってしまったのです!
僕はこれからも恐らく業界側の人間です。
強要の"加害者"です!
でもだからこそ、贖罪と懺悔を込めて、たとえ偽善者と誹られようと
被害者のために何が出来るか?
いつ被害者になるかもしれない全ての人達にどうしていくべきか?
世界の人々と共に考え、行動していきたいと切望しておりますので、どうか今後とも「AV出演強要問題」、よろしくお願い致します』


"おれたちがやろうとしていることは、なんの効果もないのかもしれない。人によっては、狂っている、と、言うだろう。しかし、おれは、孤立を恐れない。これは、いわば、絶望からの出発だ"
引用すべて、若松孝二監督映画「11,25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」(2011)より































11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2013-01-25
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
There's defimately a greeat dal tto fid outt about thiss subject.
I love alll the poonts yyou made. I'll right awaay take
hold of yourr rrss feed ass I can't find your email subscription libk orr
newsletter service. Do yoou havee any? Pldase permit mme reconise so that I mayy subscribe.
Thanks. Greetings!Veery helful advkce within this article!
It iis thhe little chhanges thyat mke the mozt sivnificant changes.
Manyy thankss for sharing! http://foxnews.net
Georgetta
2017/04/06 21:35
I could noot refrain frrom commenting. Verry well written! I've beern surfing online more than 4 hlurs today, yet
I nevr fund anyy intereting article ike yours. It iis prtty woth enokugh forr me.
Personally, iif all website owner andd bloggers made gookd content aas youu did, thhe
internet ill bee a loot moore useful tgan everr before.
Thamk yyou foor thhe aujspicious writeup. It inn fact wwas a amusement account it.
Look advaznced tto morte added agreeable from you!
However, howw cann wee communicate? http://foxnews.org
Nellie
2017/04/06 22:03
I amm sur thuis article hhas topuched alll thhe
internet people, itss really really pleasant pjece oof
writing oon building upp new blog. I aam sire thbis piecce off writinng hhas touched aall tthe intfernet people,
itss really really fastgidious artice oon buildihg upp new blog.
I couldn_t resisat commenting. Perfectly written! http://www.cspan.net
Melisa
2017/04/08 16:05
Incredible! This blog lookss exactly lie mmy oldd one! It's on a completely diffrent toic butt itt haas
pretty much tthe same layout andd design. Wonderul cboice of colors!
Ahaa, itts nide djscussion oon thee topic off this post hre aat his wweb site, I have read all
that, soo noww me alsso cpmmenting here. I enbjoy what yoou guyus
are upp too. Suuch clever work annd exposure! Keeep uup thee vety good workks gus I've incuded yoou guyhs
too mmy personal blogroll. http://foxnews.Co.uk/
Virgilio
2017/04/09 02:04
おはようございます。
AV業界は最悪な状況になりましたね。
AV出演強要は重大な人権侵害である。政府を挙げて取り組む!
との事ですから大変な状況です。
もう、出来ることは当局、国の機関に出向いて知っていること、事実を話すのみと思います。辻丸さん一人でも勇気をだして
出向いてはどうでしょう。
頑張ってください!
NIKE
2017/04/12 09:54
I am surfe thnis piece of wwriting haas toucned alll the inhternet users,
itts realoly really fastidiious paragraph oon buildiung uup
neww website. I visited variouus webb pagess except
thee audi uality foor auxio songs existing at this wweb sikte is genuinely superb.
I wll immediately clurch youur rsss fed ass I can't finnd our e-mail subscription hyperlink
or newsetter service. Do yyou have any? Kindxly llet mme recognikze so that I maay subscribe.
Thanks. http://foxnews.co.uk
Sherlene
2017/04/15 07:03
Does yoir ite havge a contact page? I'm having trouble locazting itt but, I'd ljke too shooot youu aan email.
I've got ome recommendationhs ffor yyour blogg yoou mignt bbe
interesred iin hearing. Eithher way, gteat wehsite and
I look forwazrd to seeiing iit improvee ovver time. Wow, thuis
paragraph is nice, myy ounger siter is anslyzing theee things, ths Iaam
gokng to tll her. I could nott rersist commenting. Exceptionally wekl written! http://cspan.org
Eloy
2017/04/23 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
AV出演強要まとめ5・・・なんにも、変わってない AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる