AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS AV出演強要まとめ4・・・僕が僕であるために

<<   作成日時 : 2016/11/14 12:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

"正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる"尾崎豊

  


報告書・・要請書・・また報告書。
そして三回目のシンポジウム?
業界側は一度でも正式な抗議文を出したろうか。
一般、マスコミの前で堂々実名顔出しして、シンポジウムを開こうとしたことなどあったろうか!
これから?
誰に期待する?
"被害者"への"啓発"ばかり。
身内(つまり男)へはとことん甘々。
内部批判は当然スルー・・・。

当事者?
誰のことだろう。
被害者、告発者・・単体、キカタン、企画・・イケメン、中堅、汁・・現役、元・・有名、無名・・親バレ、秘匿・・・。
男、女・・人間。
結局、双方、都合のいい"当事者"を餌にしようとしているだけにしか見えない。
現場を知る業界関係者?
一番身近にいるじゃないか!
なぜ語らせない?
顔も名前も、声さえ出させない?
当事者よりも大事だから?

♪心すれ違う悲しい生き様に
ため息もらしていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと
生きてゆかなければ♪

映画「赤線地帯(56年 監督溝口健二)
息子も夫も父親も、客までもが娼婦である女たちを軽蔑し否定する。
経営者は恩着せがましく「お前達の味方は俺達だけだ!」と、売春防止法を罵倒する。
そんな中、また一人の処女が生きるために店先に立ち・・・。
AV女優の本当の味方って誰なんだろう?
肉親でもなく、利害関係もない、純粋な味方なんて、どこにいるのだろう・・・。

無視されていた?
僕はマスコミから何度も聞いた。
「取材、受けてくれないんですよ」
今まで全く取材拒否してきたのは、男の当事者の方ではないのか?
それを容認し続けている女達・・・おぞましいほどの、身内への甘さ。
業界愛の発言のみ賞賛し、内部批判はとことんスルー。
印象操作はどっちだろうか?!

顔も名前も隠すAV蔑視という本音。
卑屈なまでの"男尊女卑"
それを擁護する女達。
高見からの"女の敵は、女"
本当の敵は外部じゃない。内部にこそ!
その体質、本性、実態にこそ!
世間は分かっている。
被害者も分かっている。
分かりたがらないのは、女達。
分かろうともしない、男達。

♪人を傷つける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく♪

結局、誰も味方しない・・・。
応援は?呼びかけは?一件も許さないはずでは?
やっぱり無駄に終わるのか?
そんな暇無い!とばかりに、絶対的な自己肯定に身構えるだけの業界。
"戦いが始まる時、まず失われるのは若者の命である。そしてその死は、遂に報われた試しがない"
映画「仁義なき戦い 代理戦争」
若者とは・・・被害者のことだ!
だから・・・死ね!と言うのか?!
誰のために・・・業界のために・・・あの人のために。

サミットという名の賑やかしい宴から帰ったその夜、僕は震えた。
独りの"被害者"の届かない訴え!
「業界側では味方になって下さる人は未だにいません」
浮かれて放言した己を恥じ入った。
所詮は負け犬の遠吠え。
長い物には巻かれる自分。
四千分の一、なんて問題外?
やはり、いじめの構造。
君が我慢すれば全て丸く収まる、と?!

映画「ヒトラー 最期の12日間(2004年 監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル)鑑賞。
真に怖いのは、敵でも外野でもない。
リーダーへの妄信。
カリスマへの追従。
リーダーは真実を語らない。
カリスマは現実を認めない。
理想と全体のためと称し、弱者を切り棄て、己がエゴで洗脳する。
「若かった、は言い訳にならない。目を見開いていれば気づけたのだ」

♪僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで♪

両陣営がどの記事をリツィートし、どんな記事はスルーしているか、よく検証してほしい。
結局、双方共に都合のいい記事だけ。
目障りは徹底無視。
露骨なまでの情報操作とプロパガンダ。
あの日、僕は会場で叫び忘れた。
「女の敵は、オンナ!」
"威勢のいい奴がいたら、そいつが何をするか、よおく見るんだ。お前の上に立つ奴がいたら、そいつが他の人にどんな物の言い方をするか、言葉やする事に裏表がありやしないか、よおく見分けるんだ!
映画「戦争と人間」

AV問題・・・また"男優"という言葉を聞かなくなった。
被害者では?
当事者では?
表現者では?
ただしAV男優はほとんどフリー、契約書なんて滅多に交わさない。
ギャラ、待遇の格差は、女優の比ではない。
そして年齢確認も、性病検査も・・・ザル。
御存じなのだろうか?実態を。
結局は、員数合わせ?
体裁作り?

♪僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる♪

AV女優達の声が聞きたい。
数ではなく、その想いを、本音を訊いてみたい。
本当に反対なのか?
肯定しているのか?
秘匿すべきではない、と思っているのか?
誇りを持っているのか?
被害者ではないのか?
見たことも聞いたこともないのか?
賛同しているのか?
自分の意志で入会したのか?
もし被害にあったら、強要されたら・・どこに助けを求めるのか?

「忙しいから」と見棄てられた少女。
AV業界も「忙しい」。
商売に、表現に、承認欲求に、使命感に、プライドに、身内贔屓に、健全化アピールに・・・忙しい。
だから見棄てられる。
あの人も、あの"告発者"も、そして貴方だって、いや僕だって、いつか・・・沈められる?
「弱者が虐げられる社会は衰退する」勝田孝則

♪別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ
こんなに愛していた
誰がいけないとゆう訳でもないけど
人は皆わがままだ♪

業界擁護?側のセンセイ達に訊いてみたい。
AVを何本見ましたか?
何人のAV女優と話しましたか?
AVの撮影現場を見学されたことありますか?
本番やってるって知ってますか?
AV男優に会ったことありますか?
業界の男達からどんな話を聞きましたか?
AV問題に本当に関心ありますか?
AV強要被害者に会ったことありますか?
AV出演を肯定しますか?
AVが好きですか?嫌いですか?

僕が連日、AVやSW関連のリツィートを繰り返しているのは、一人でも多く、この問題に関心を持ってほしいからです。
同じツィートを何度も載せているのも、最近になってこの話題に興味を抱いた人へ、様々な角度、両論からの情報発信を提供したいからです。
僭越かもしれませんが、沢山の多種多様な方々に、深く自由に厳しく考察していただきたいのです。
答えは簡単に出すものではない、と思いますから・・・。

♪慣れあいのように暮らしても 君を傷つけてばかりさ
こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから♪ 

「洗脳」は被害者だけではなく、今や「洗脳」しようとしているのはAV業界側ではないか、と思う。
「健全化」、「権利」、「応援」、「責任」、「意思」、「肯定」・・・全てが「貴女のためなのよ」という"強要"?!
業界の闇、が怖いから、弱者側を丸め込んでの鎮静化・・・やはりイジメと変わらぬ構図。

AV強要問題の一番の当事者とは、"被害者"と"加害者"ではないのか?
それなのに業界側でこの両者に実際に聞き取り調査した人などいるのだろうか?
結果、被害者は口先だけの"応援"と、業界内セカンドレイプ・・・。
加害者は・・・「ウチはちゃんとやってる、ヨソのことは知らない」?
健全化?
自浄?
誰の幸せ?

♪君が君であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで♪

両陣営とも、いよいよ問題のすり替え、歪曲化、そして強弁体制に加速か?
片や、一般女性の出演強要が出発テーマだったはずなのに、規制を超えた高圧要請?の果ての投げっぱなし・・・。
一方、反発から健全化、自浄へ、の流れだったのに、開き直りとAV村常識の弁明化、そして被害者は一般人ではなく、全てAV女優?!

一般女性の皆さん!
騙されて無理やりだろうと、一本でも出演させられたら、貴女はAV女優の星を張られてしまい、AV出演を全肯定させられ、AV出演を秘匿することも禁じられ、契約が残っていたら、業界人とその家族のために、どんな屈辱にも耐えて現場に行かなければならない、これが貴女の"心得"だそうです。

♪君は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる♪

一番大事なはずの女優の人権が、まさに国家ぐるみで侵害されようとしているのに、業界の男達はとことん無言。
過去、要請書、報告書、人権団体、マスコミ、そしてお上にも一切の抗議声明など出した試しのない「奥ゆかしくて」「超・慎重」な方々。
これが本音。
長い物には巻かれろ?
当事者って・・・一体誰だ?

強要被害の実態に一番無知無関心なのは、AV業界かもしれない。
彼等はとにかく信じようとしない。認めたがらない。情報拡散、提供なんて、とんでもない?!
その排他的な姿勢こそが、業界への、そして自発的に頑張っている女優達への偏見差別を増幅させていると、なぜ考えないのか?
被害者までAV村に取り込もうとしても無駄なのに・・・。

本来、AV業界こそが"被害者"を招き、強要の実態を講演してもらうべきではないか。
そうした反省と自戒の上で、浄化方策と健全化精神を真摯に学び、考察していくことが本道ではないだろうか。
今日、僕は被害者の声を聞きに行く。
彼女に「強要は絶対ない」などと、僕は言わない。
彼女のことを「元AV女優さん」なんて、決して呼ばない。

強要被害者が、AV=悪、AV業界=地獄、と感じたとしても反論する権利が誰にあるのか?
そう思わせたのは他ならぬAV業界側ではないか。
彼女達の死にたいほどの悲しみと苦痛に真摯に向き合ってこそ、初めてAVを、AV業界を語る資格がある。
AVを全否定して救われる人がいるのなら、僕はその意思を尊重したい。

あの日、もし会場で僕の出演作が流れたら、多分こう罵られただろう。
「こんな犯罪繰り返してきた鬼畜男が何を偉そうに綺麗事言うな!偽善者!!」
構わない。
その通りだから。
そこから始めなければ何も変わらないと思うから。
僕は最近で一番非道だと感じた自作を、まず取材陣に見せた。
AVの出発点は下劣なズリネタだから。

♪僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない♪

要請書にも報告書にも僕は反対です。
だから彼等の話を直接聞きに行くのです。
仮登録ながら僕はAVANに入会しています。
当事者の一人だから、彼等が何をし何をしてくれるか直接聞きに行くためです。
ですが、真の意味でAV女優&強要被害者全てを救済してくれそうな団体は、今のところ見当たりません。
だから、どこへでも行くし、誰にでも会いたいのです。

5月のあの日、高円寺・・僕が語った複数の強要被害例について「詳細を教えて」と尋ねてきた業界人は、ただの一人もいなかった。
皆、無関心。
ひたすら規制派への感情的な反論ばかり。
確かに聞いたはずなのに「聞いたことない」が合言葉。これが本音。つまりは責任逃れ?
僕の絶望と不信はここから始まる。
AV村の常識=世間の非常識!

♪正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで♪

AV強要問題の専門家なんて一人もいないと思う。
両陣営とも(もちろん僕も含め)己の狭い実感とナルシスな思い込みで、好き勝手罵り合っているだけ。
例によって当事者はカヤの外。
そのうち、ますます活発詳細報道しそうな多種多様なマスコミから「そんなことも知らないんですか?」と呆れられるかも。
"AV業界派"は特に・・・。

「AV出演強要被害者は(一般人ではなく)AV女優!」
「だからAV業界は、一般女性に何の被害ももたらしていない!」
一般女性の方々、一般男性の方々。
AV業界人とその家族の方々。
AV女優さん、男優さん、監督さん。
出演強要被害者の皆さん、マスコミの方々。
この意見をどう思いますか?
よろしかったら御返答お願いします。

今現在の僕の意見です。
「AV出演強要被害者は(AV女優ではなくて)一般女性!
だからAV業界の一部が、一般女性に被害をもたらした、ということも業界側は認めるべきでは?」

♪僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる♪
「僕が僕であるために」尾崎豊

反対派は被害者を一般人としては向き合わず、規制派は自発的AV女優には向き合わず、業界上層部は当事者たる出演者全般には向き合わず、マスコミは法や権力には向き合わず、世論は家父長的差別主義とは向き合わず、僕を含めた人間なんて皆、所詮己が傲慢さと自省にはとことん向き合わず・・・ただただ虚しくないか。

ジャパンアダルトエキスポに行ってきた。
ここにいられた女優たち。
ここにいられなかった女優たち。
こんなところ、絶対に入りたくない女性たち・・・。
彼女達全ての10年後、20年後がどうなっているか・・・それは業界と男達にかかっている?

「一体正しい人間なんているのかい?みんな、自分でそう思ってるだけじゃねえのか?
人間という奴は、自分に都合の悪いことは忘れちまう。都合のいい嘘を本当だと思ってやがるんだ。
その方が楽だからな」
黒澤明監督映画「羅生門」
AV出演強要問題について発言している全ての人(もちろん僕へも)に問いたい。
あなたは、どうですか?
自分を"正しい人間"だと、言い切れますか?


僕が僕であるために
君が君であるために
AVがAVであるために
被害者が被害者であるために・・・・
























amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。AV業界の状況が悪くなっていますね。
前に中村敦彦氏が以下のツイートをしていました
「AV業界の問題は「介護業界ひどすぎる問題」に酷似。真面目にやっている人もいるという話はどうでもいいわけで、どうしてもAV業界には悪い人はくる。解決策なし。」

AV業界にとって危機的状況と思います。
後悔しない為にも正しい手段で、出来る限りのことをやったほうが良いと思います。

@まずは、なぜ今の状況になってしまったのか?何がいけなかったのか?を 纏めてはどうでしょう。
(例 6月のプロダクション逮捕時に強要はない等と騒いで、その後、謝罪もしなかった等)

Aどれだけ状況が悪いのかを纏めましょう。
(例 公明党もAV強要問題を政策に掲げた等)
@とAを全て把握して(纏めて)
B今やるべき事を考えたら どうでしょう?
@ABを文書にして、IPPAとDMMに提案して上層部に行動して貰う。
これらをやる事は絶対にムダにはなりませんから、
辻丸さん頑張ってください!


NIKE
2016/12/15 11:57
弁護士ドットコムニュースで、AVANアドバイザリーの青山薫教授がレイプもの法規制が必要とコメントしていますね。

川奈さんは、素晴らしすぎて有難すぎる。
とツイートしてますが、その部分を読んでいないんでしょうかね?

AV業界にとって どんどん悪い状況になっています。

AV業界が出演強要問題に取り組まないで
表現の自由、規制反対を主張したのが失敗だったと思います。
優先順位は出演強要問題を業界内で解決させることですから
警察当局やHRNと協力してでも強要問題を解決させるべきと思います。

強要問題に取り組んでいないのに
表現の自由、規制反対を主張しても業界にとって不利になるだけですね。
NIKE
2016/12/19 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
AV出演強要まとめ4・・・僕が僕であるために AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる