AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS こころの病い人~舞台に立たないあなたへ~501遺文C

<<   作成日時 : 2014/08/13 18:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。難しい天気ですね。難しい舞台ですね。人生という舞台。あなたの舞台。誰かに見てほしいです。僕が見ていたいです。



501は舞台です。
あなたはそこにいなかった。
当たり前です。
あなたは女優じゃないから。
パフォーマーじゃないから。
人前に出れる人ではないから。
覚悟?違います。
商品価値?違います。
事情?違います。
あなたは舞台に立たない人だから。
立たない人生を選んだ人だから。
立たないことを、覚悟した人だから。
舞台から離れたあなたを誰かがこう言うでしょう。
勇気を出せ。
その他大勢になるな。
オンリーワンを目指せ。
どうしてでしょう?
あなたには、あなたの人生があるのに。
あなたの選んだ舞台、があるのに。
誰ひとり、舞台と認めてくれなくても、それはあなたにとって、あなただけの、あなたのための、大切な大切な舞台なのに。
信じて下さい。
あなたには、あなたの舞台があることを。
あなたにだけ立てる、現に今立っている、あなたにしか感じられない、あなただけがしっかりと観ている聞いている、そんな舞台があることを。
誰も知らなくてもいいんです。
観客もカメラもマイクもなくていいんです。
あなたの命があれば。
そして、あなたがそこにいてくれたら。

501の舞台に参加した人達の動機は様々です。

「今の自分は、自分の思い描いていた自分じゃないような気がする」

あなたもそうでしょう。
きっと後悔しているでしょう。
悔しくて情けなくて、みじめで悲しくて、そして、誰かを羨んで、時には憎んで、呪って、秘かに唾棄して・・・。
でも、実は誰でもそうです。
誰もが好き勝手に自分を思い描き、そして絶望しているんです。
そこから我欲に走り、嫉妬にまみれ、現実を罵倒し、運命を踏みにじって・・・。
全ての原因を他者に押し付けて、ふんぞり返ります。
誰彼見境なく攻撃して、溜飲を下げます。
人をとことん蔑んで、悦に入ります。
あげく、君のためお前らのため、バカで間抜けな下々のため、と称して・・・何もかも捻じ曲げて、歪んだゲームを享楽します。
命を弄ぶゲームを。
魂を打ち捨てる殺戮ショーを。
自分のため。
今の俺様のため。
思い描いていた自分じゃない、己の卑小な正体のため。
でも、あなたは違います。
今の自分が、自分の思い描いていた自分じゃなくても、全然違っていても、遠くかけ離れてしまっていても・・・あなたは憎まない、呪わない、他者の誰のせいにもしない。
あなたは勇気のある人です。
立派な人です。
決して弱くない人です。
そう、あなたは、思い描いていた自分ではなくて、もっともっとかけがいのない自分になれました。
それを知っている人がいます。
あなたを分かっている人がいます。
あなたを見て、感じている人がいます。
信じて下さい。
あなたという自分を。
今の自分を。
思い描いていた以上の、いいえまったく異なる美しさを纏った、今のあなたを。

「何かを頑張りたい」

あなたは頑張っています。
毎日毎日、精一杯生きて、頑張っています。
誰もこう言ってくれないだけ。
よく、頑張ったね、と。
目立たないこと、その他大勢のやること、誰でも出来そうなこと・・・。
あなたが頑張っていることは、そういうことばかり。
だから、誰も褒めてくれない。
認めてくれない。
頑張っている、と信じさせてくれない。
あなたを讃えたら、目立ちたい人間は困るからです。
その他大勢になりたくない輩が妬むからです。
誰でも出来そうなこと、をやりたくなくてたまらない身勝手で高慢な連中がエバれないからです。
あなたを蔑むことで、軽んじることで、奴らの商売は成り立っています。
あなたのような無名の人々を踏みつけることで奴らは君臨します。
あなたの頑張りを否定することで、奴らはカリスマの座に居座り続けます。
もう忘れてしまいましょう。
目立っているだけの輩を、騒がれているだけの連中を、権力を振りかざしたいだけの驕り高ぶった人間たちを。
僕は、頑張って、という言葉は嫌いです。
でも、あなたが少しでも安心出来るのなら、自信がつくのなら、生きていけるのなら、僕も言います。
あなたは、頑張っている。
だから、もう今以上、何かに頑張らなくてもいいんです。
受け入れていいんです。
今のあなたを。
必死に、無私に、頑張っている、あなたを。

「興味本位」

生きることは興味です。
あなたは501に興味を持った。
舞台に憧れた。
それだけであなたは生きたのです。
今も興味を持って生き続けているのです。
そこであなたに何が出来たか・・・女優?スタッフ?エキストラ?フォロワー?観客?ユーザー?通りすがり?
何でもいいんです。
興味を抱いた時、生きていると実感した時、今も生きているその瞬間、あなたの舞台がそこにあるのですから。

「他人に褒められたい」

頑張って生きているあなたを誰も褒めない。
誰だって人から褒められたい。
認められたい。
大事にされたい。
もっともっと愛されたい。
あなたは自然です。
生きているから、当たり前に、そして歪みなく生きているから、あなたはあなたのままの、人なんです。
他人を憎まない。
悪く言わない。
罵らない。
吐き捨てない。
たとえ、周りからどう言われようと、無視されようと、利用されようと、笑われようと・・・。
あなたは自然なんです。
自然に感謝してくれる人間はいます。
人間は自然に頼らなければ土台生きていけない弱い存在なんです。
それを受け入れない不遜な連中が、臆病者の集まりが、あなたを恐れ、褒めないだけです。

「自分は何になりたいんだろう」

あなたはまだ迷っている。
年齢にも、職業にも、立場にも、家庭にも・・・・。
誰もが何かになりたがります。
女優に、監督に、男優に、観客に・・・。
でも、なったつもり、なれた気分、なったという思い込み・・・これも現実です。
あなたは今、何なのか。
だから、何になりたいのか。
誰も言葉には出来ません。
軽々しく誰にもそんなこと決めつけられません。
あなたはもう何か、だから。
すでに大切な、何かだから。
誰かにとって、代えがたい何かであるのだから。
これからも想うがままの何かを探して下さい。
辿って下さい。
生きて下さい。
あなたの命はその何かです。
それこそが最上の何かなんです。
何でもいいのです。
あなたが愛おしく感じられれば。
あなたがそこに、生きていてくれれば。

「自信が欲しい」

誰にも自信なんてないんです。
ふり、しているだけ。
ぶってるだけ。
そうすればカネになるだけ。
人が寄って来るだけ。
好き放題振る舞えるだけ。
あなたは違う。
生きるための自信がほしい。
愛するための自信がほしい。
笑顔のための自信がほしい。
舞台に立てるための、自信がほしい。
求めて下さい。
素直に。
無欲に。
純真に。
誰かのために。
そう出来ることが、あなたの自信です。
今のあなたを支えている柱です。
生きる杖です。
欲にも憎悪にも嫉妬にも、華々しい舞台にも心を乱されない、あなた。
それが自信です。
今もあなたを導いているのです。
静謐に、純白に、高潔に・・・あなたそのものに。

「肩書きが欲しい」

世間はあなたに何の肩書きもつけないでしょう。
舞台に立たないから、と。
オンリーワンでないから、と。
生きようとしていないからだ、と。
そんな肩書きなら、あなたにはいりません。
あなたを汚すだけのレッテルなら、まったく不要でしかありません。
あなたの人生は、あなただけの女優です。
監督です。
舞台です。
501です。
あなたは観客でありフォロワーであり、棄権したかも、脱落したかも、逃げたかも、尻込みしたかもしれません。
でもあなたの命はそこにあります。
誰かと共に、生きています。
あなたの女優は続いているんです。
決して終わることはないんです。
最終ステージは、まだまだ永遠の先であるかもしれないんです。
生きることが501であり、あなたの舞台であり、あなたが立つのは、あなた自身という永遠であり・・・。
そのための
知力
体力
テクニック
人脈
情熱
表現力
いわゆる人間力・・・。
あなたは、考える。
あなたは息をする。
あなたは思い悩む。
あなたは誰かにまみれる。
あなたは今日も頑張る。
あなたは日々の仕事に自分を捧げる。
それら全てが、あなたの人間力となって、あなただけの、舞台を創り上げている。
501は舞台です。
あなたもそんな舞台です。
立たなかったのでも、立てなかったのでもなくて、あなたは今もそうして、あなたの舞台に立ち続けているんです。
あなたの想いが、命が、魂が、501に通じています。
世間では未だ何の注目もされていない舞台。
まったく顧みられることもない舞台。
このまま忘れ去られてしまうだけの舞台。
かもしれません。
その他大勢のAV。
オンリーワンには程遠い、ただの商品。
使い捨てのズリネタ。
ゴミ?
それが何でしょうか?
何を迷うことがあるでしょうか?
人間なんて、あらゆる人間なんて、元々が、まさにそんな程度のちっぽけで、とるに足らぬ、他愛もない存在でしかないのではないでしょうか?
501に立った人々。
立たなかった、あなた。
同じです。
変わらない人間です。
そして、これからも、501が終わっても、誰からも振り向かれることがなくなっても、無名のまま、消えてしまったとしても・・・。
あなたは人間です。
人間という舞台に立ち続けた命です。
愛することを知っている魂です。
そのままでいて下さい。
あなたの舞台は、僕の舞台です。
誰もが大切な、輝きのステージです。
息してみて下さい。
あなたには聞こえます。
僕にも聞こえます。
そこに舞台があるから、きっとそうなのです。





ノスタルジア [DVD]
パイオニアLDC
2002-11-22
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノスタルジア [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こころの病い人~舞台に立たないあなたへ~501遺文C AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる