AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS "ドキュメント"に出る・・・「501」遺文@

<<   作成日時 : 2014/06/13 08:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

ドキュメントAVに出演します。タイトルは「501」。僕は来月、そこで生きます。



ドキュメントAV・・・・・。
過去何本、僕は出演しただろうか?
現在入手可能そうなものをざっと挙げてみると・・・。

V&Rプロダクツ
「ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル」シリーズ
「ブラックジーザス栗と栗鼠スーパースター」シリーズ
「口虫暴力」シリーズ
「糞尿家族ロビンソン」シリーズ
「ザーメン死亡遊戯 深田愛」

ブリット
「AVアイドルを舞台に上げてヤジとイジメで犯しまくる2」
「同3 持田茜」

ベイビーエンターテイメント
「素人娘お嬢様系 恥辱の公開色責め6」・・・一応僕の監督作。

V(ヴィ)
「しりとり中出し浣腸侍」
「しりとり緊縛侍」

ATOM
「M(女)1-グランプリ」

ディープス
「クイズレイプショック」シリーズ

SOD
「輪姦中出し調教1」
「同2」

これだけ?
いや、違う。全然違う!
DVD以前の所謂レンタルビデオ全盛時代。
"アダルトビデオ"と呼ばれていた、ネットも携帯もなかった時代。
僕の仕事のほぼ半数はドキュメントだった。
そしてほとんど、僕は女優を泣かせていた。

いや、AVとは、本来全てドキュメントではないのか?
僕はそう信じている。感じるようにしている。
何しろ本当にヤるのだ。
SEXするのだ、フェラチオするのだ、放尿するのだ、中に口に、アナルに出すのだ、男と女が・・・生身の人間同士が・・・。
演技では出来ない。
演技である必要もない。
人間なら誰でも出来る。
生きていれば、どんな人でも出来る。
男でも女でも、バイでも・・・獣でも出来る。
それぞれの性があるから。
無限の桃源郷が存在しているから。
これがドキュメントでなくて何であろうか?
仕事?絡み?表現?パフォーマンス?芸術・・・・?
そんなはずはない。
断じてそんなことがあり得るはずがない。
だって人間なのだから。
この世で自然に生きているはずの人間のやることなのだから。
仕事でSEXするのに、女優?
好きでもない相手との絡みで、本気で感じる?イく?
表現、パフォーマンス・・・人前でやることか?見せることか?
芸術?
ただのHが。
他人のスケベが。
愛し合ってもいない牡と牝が・・・。
どうして、どうやって・・・そんなことが出来る?
やっていいのか?
本当にいいのか?
許されるのか?
間違ってないのか?
そんなことして・・・。

僕はこういう時代に生きてきた。
こんな世代の男優だった。
仕事の八割は擬似。
本番どころではない、ゴムフェラ、指入れは第一関節まで、発射はスポイト、キスNG・・・・。
それがAVだった。
大半のアダルトビデオだった。
誰もがそう信じて、何も疑わなかった。

だからAVは全てドキュメントだったのだ。
無名の企画本番女優も、NGまみれの単体女優も、彼女達は自分をさらしていた。
自分の条件、自分の感性、自分の哲学、自分の常識、そして自分のプライド・・・それらを堂々とカメラの前で提示して、己の存在を問うていたのだ。
ワタシはここまで出来ます。
ワタシはここまでしかやりません。
それが、私です。
誰でもないワタシというAV女優です。
僕はその都度、与えられた枷の中で彼女達に向かい合った。
それは大袈裟ではなく、ひとつの真剣勝負だった。
格闘技。
ルール?のある、本気の喧嘩。
殺されるかもしれない、殺してしまうかもしれない、危険なスポーツ、いや見世物・・・。
もちろん殺したことなんてない。
だが、いつも泣かせていた。
泣きじゃくらせていた。
激昂させていた。
ブチギレさせていた。
殴られたこともある。
引っ掻かれたこともある。
噛みつかれたこともある。
唾を吐きかけられ、髪を引き抜かれ、顔を蹴り飛ばされ、「殺してやる!」と、罵られたこともある。
毎度のこと・・・。
それがAVだった。
あの時代にAV男優として生きた、僕にとってのアダルトビデオだった。

そんな僕が久々に"ドキュメント"AVに出演する。
わざわざ"ドキュメント"と銘打たなければ誰にも伝わらない、昨今のエロビデオ業界。
誰のせいでもない。
AVは今や、完璧なまでにファンタジー空間。
ドキュメントなんて求められていない。
ユーザーは自分さえヌければ、まったくそれでいい。
自分だけが人間として自涜出来れば、作り手など、他人など、どうでもいい。
女優も男優も、まして監督も、そのための道具、マシーン、オブジェ・・・ただの記号?
それでいいのだ。
それこそがエロビデオなのだ。
間違いない、本当のズリネタなのだ。
結果、僕の仕事は激減した。
僕みたいな男優は不要になった。
僕は道具という名のプロになれず、マシーンに徹する技術もなく、オブジェたるべき才能もなく・・・。
僕はもう半分以上、AV男優ではない。
時代錯誤の、忘れられた、化石にすぎない。
それも納得はしている。
僕にとってAVはやはりドキュメントだから。
どこまでもドキュメントとしてしか入り込めないから。
そうだとしか死ぬまで、信じられないから・・・。

こうして僕のドキュメントAVが始まろうとしている。
僕だけではない。
監督にとっての、女優にとっての、参加者にとっての・・・。
ひょっとしたら、誰ひとりとして、自分のことしか考えていない?
それがドキュメントだ。
何よりまず、撮る側と、撮られる側だけの世界、それこそが人間のドキュメントだ。
撮影まで、あと一か月。
いや、すでに一人ひとりの中では始まっている。
考えられている。
生まれようとしている。
各自の哲学が、条件が、感性が、常識が・・・そしてプライドが・・・。
僕はただの落ちぶれた男優です。
売れなくなった死にぞこないの、中年禿です。
とっくに希望も純粋さも、可能性も野心も、男であること、オスであることさえ・・・諦めかかったような、イジケ者です。
けれど、僕はそこから始めるしかありません。
己のドキュメントをその立ち位置から、現実から、宿業から、歩き出して、這い出していくしかありません。
今月で53歳になりました。
いつ死んでもおかしくありません。
これが最期のAVになっても、今さら何の悔いもありません。
それが運命なら。成り行きなら。
僕自身という、あらかじめ定められた、ドキュメントなら。
それが人間というものの、、どうしようもない、ありのままであると信じて・・・いや、諦めて。
僕は「501」に生きます。
多分、無様に生きます。
あなたは生きていますか?
情けなくて、寂しくて、虚しくて、それでも生きていますか?
あなただけの、"ドキュメント"を・・・・。


詳細は、僕のツィッター内でのドキュメントAV「501」(ビーバップみのる監督)に関する呟き をご覧下さい。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お仕事、お疲れ様です。

ドキュメントAV、VHSビデオの時代からこれまでのAV作品を見ていると、凄まじい遍歴があると思います。

記事を拝見すると、男と女の戦いが、そこに凝縮していたことが分かります。

「501」、作品を見てみたく思います。

AVオープンの女研ZEROも楽しみです。

じぃ
2014/06/17 20:03
ありがとうございます。
「501」はツィッター上で絶賛?進行中です。
AV落人
2014/06/18 12:03
辻丸さんの作品ってそんなに多くは見てはいないんですけど、中学のときに初めて見たAV(レンタル全盛の時代だったけど、借りるのは何かと度胸が必要だったので購入した)に出てらして比較的ノーマルな作品にも関わらず、あまりのスケベすぎる絡みにめちゃめちゃ興奮させられました。

んで、高校卒業する辺りだったかな。とある単体の女優を徹底的に潰しまくる作品に重要な役で出てらして、最初に見たときは作品に対して胸糞が悪くなって異様に腹が立ったのですが、あまりにリアルな内容なのでダビングして何回か見るうちに病みつきのようになってしまって、もう十年以上は見てないのに、今でも辻丸さんが一言一言吐いたユーモアに満ち溢れながら残酷に女を追いつめていったセリフなどは忘れられずに全部覚えていますね。というかモノマネできる自信あります(笑)

あれは今でも素晴らしい名演だったなと思う。自然体で気負わず独特のユーモアを持ちながら女を畏怖させることのできる男優は辻丸さん以外に知りません。僕は性癖はノーマルなのでカワイコちゃんが出てくるのが好みでしたが、男優辻丸耕平に関してはとても特別な存在でした。
エコー
2014/06/27 01:16
ありがとうございます。
「501」も御興味おありでしたら、よろしくどうぞ。
AV落人
2014/06/27 12:29
辻丸さん、ごきげんよう。ドキュメンタリーすごく楽しみ。ファンの集いあるとき教えてください。女研vsアマゾネス見ました。展開は女優さんの個性がでて楽しいです。美人でリアクションよくアドリブ冴える女優さんはテンション上がります。辻丸さんがアマゾネスに捕まりそうで、捕まらない。帝王感好きです。エロでドラマあるから他にはない徹底的なところ。女優さんの根性。チーム感。いいです。撮影後は反省会ありますか?NG、打ち合わせ風景も特典で見れた嬉しいです。Vシネマも作ったら教えてください。
ピピの助
2014/07/01 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
"ドキュメント"に出る・・・「501」遺文@ AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる