AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS AV女優を生きる命たちへ

<<   作成日時 : 2010/04/12 15:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

"一体誰だ?!君の体をそれほどまでに痛めつけるのは!何者だ?!僕達にこのような苦しみを強いるのは!君の顔は、もう美しくない。若々しくもない。しかし、僕は今、君を見直す想いに打たれている。君の内に輝く一筋の力よ!それは、今の弱い僕に、なお生きる力を与え、そして、僕が人間であることを、思い出させてくれるのだ"



"朝、集合時間まで少し、君は決まって、何かを抱きしめながら、目を覚ます。
君は、生まれて初めてなくらい長く伸ばした髪を、手早く梳かす。
今日の現場にヘアメイクが付くかどうか、もう一度確認しながら。
やがて一人で部屋を出る。
いつも誰にも「行ってきます」とは言わずに、素顔を隠すように黙ってドアを閉め、古里ではない街へ紛れる。
君は薄給のAV女優。
病院通いが絶えない君なのに、男優相手に、性具相手に、イったりイかせたりもせねばならぬ。
決して大きくもない体中の幾つもの口から、あらゆるものを噴出させねばならぬ。
そして、誰が見ていようが、産まれたままの、素裸にならなければならぬ。
一体、一日何時間の勤務だというのだろう。
話が違う。
約束を守って。
痛い。
苦しい。
悲しい。
つらい。
ここまでしたくない。
こんなこと、出来ると思われたくない。
安い。
つまらない。
仕事が欲しい。
もっと現場へ行きたい。
もっと必要とされたい。
ワタシでなければいけない、誇りある涙を流せる、ワタシこそが選ばれた、そんな場所へ辿り着きたい。
お金だけ、じゃないのに・・・。
みんな不平を持ちながら、みんな引退を恐れている。
一旦失ったら、今のこの時を逃したら、沢山のものを捨てて決心した今の自分を止めてしまったら、否定してしまったら、二度とありつけない職なのだ。
君は自分のこと、何よりもちっぽけな、誰もかまってくれない、守ってくれない、支えてくれない、導いてくれない、愛してくれない、そんな己の人生のことがあるから、歯を食いしばって頑張る。
君の、女として生まれたというだけの、痛々しい無力な体・・・・。
それは、まるで・・・まるで・・・打ち捨てられた、汚く古い、もう誰も戯れてくれないヌイグルミみたいだ。
一体誰だ?!
君の体をそれほどまでに痛めつけるのは!
何者だ?!
僕達にこのような苦しみを強いるのは!
君の顔は、もう美しくない。
アソコも綺麗ではない。
君のカラダに、汚されていない部分なんて、もはやひとつもない。
しかし、僕は今、君を見直す想いに打たれている。
君の内に輝く一筋の力よ!
AV女優に生きる、その不条理なる哀しみを、全身全霊で乗り越えんとする、真実の肉体と、孤高なる弱き魂よ!
それは、今の卑小な僕に、なお生きる力を与え、そして、僕が人間であることを、AVに生きることで人間でありえたこの人生を、この誰でもない、たったひとつの命を、思い出させてくれるのだ"


原文はこうである。
第二次大戦下、思想犯として投獄された夫よりの、妻への手紙。

「朝五時半、君は決まって目を覚ます。
君は、ガスコンロに火をつける。
釜の飯が炊け始める。
やがて、学校へ通っている子供達を起こし、みんなの弁当を作る。
君は薄給の小学校の代用教員。
痩せっぽちの君なのに、子供達相手に、飛んだり跳ねたりもせねばならぬ。
大きな声で唱歌も歌わねばならぬ。
一体、一日何時間の勤務だというのだろう。
みんな不平を持ちながら、みんなクビを恐れている。
一旦失ったら二度とありつけない職なのだ。
君は僕のこと、子供達のことがあるから、歯を食いしばって頑張る。
君の、十二貫足らずの痛々しい体・・・。
それは、まるで、ヒビのいった瀬戸物みたいだ。
一体誰だ?!
君の体をそれほどまでに痛めつけるのは!
何者だ?!
僕達にこのような苦しみを強いるのは!
君の顔は、もう美しくない。
若々しくもない。
しかし、僕は今、君を見直す想いに打たれている。
君の内に輝く一筋の力よ!
それは、今の弱い僕に、なお生きる力を与え、そして、僕が人間であることを、思い出させてくれるのだ」
山田洋次監督作品「母べえ」(2008年 原作野上照代 脚本山田洋次&平松恵美子)より


反戦映画内のナレーションをAV女優詩に転用するなど、不謹慎のそしりを免れないだろう。
けれど僕は書く。
あえてこの檄文にも似た反戦メッセージに託して、AVを、AV女優を謳う。
僕は来年で23年間、AV男優。
ほとんどAV男優としてだけ生きてきた。
是非もなく、誤りもなく、AVは僕の命であった。
戦争の究極にして絶対の罪は、人命を奪うこと。
戦死。
獄死。
被災死。
病死。
孤独死。
AVだって命だ。
僕のような人間にとって、AV女優に生きる彼女達にとって、それが命だ。
本名を殺される。
過去を殺される。
生活を殺される。
恋愛を殺される。
女を殺される。
心を殺される。
魂を・・・・・虐殺される。
戦争が理不尽なる宿命なら、AVもそうだ!僕達にとってはそうだ!・・・・・と叫んでは、おかしいだろうか?愚弄だろうか?
僕はAV男優として逝く。
だから書ける。
AVに死ぬ人間だっているのだ。
AVに奪われてしまう、そんな命だってあるのだ。
"AV"女優・・・・母でもない、妻でもない、恋人でもない・・・今の弱い僕に、僕が人間であることを想い出させてくれるのだ。



レッドマリア それでも女は生きていく [DVD]
ラインコミュニケーションズ
2015-03-20
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レッドマリア それでも女は生きていく [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまです。
貴兄の烈々たる文章に久しぶりに触れ身の引き締まる思いです。
私はこう思います。
私たちが貴兄の文にあるようなAV女優と現場でふれ合い、そしてその名もなき盟友に報いるためには、ただひたすらに男として自らが勇気を奮い起こし強くなっていくことだと。
頑張ります。まだまだ貴兄と共に。
Koolong
2010/04/19 22:50
ブログは休止中ですか?
辻丸さんのブログ好き野郎です。
ゴット
2010/05/02 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
AV女優を生きる命たちへ AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる