AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 十二人のイかれる女

<<   作成日時 : 2006/03/29 18:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「AV FREAK」(JD MEDUSA)5月号が届いた。ちょっとした縁で毎月送ってもらっているのだ。今月号の目玉は「AV女優完全カタログ100+8人」。
よせばいいのに数えてみた。僕が共演した女優はわずか十二人・・・だった。

”2006年AV女優名鑑108”である。
こんなにいるのか単体女優。まだまだいるのか、AVアイドル。
そんな中、僕が出会ったAV女優はざっとこの子たちだ(敬称略、順不同)。

三津なつみ
麻生岬
持田茜
日高ゆりあ
早乙女みなき
楓アイル
瀬戸由衣
杉山圭
早坂ひとみ
紋舞らん
森下くるみ
新堂有望

さて、ここから先は御想像の世界である。一切実名は出さない分、お好きなようにあれこれイメージしていただきたい。

この十二人の中で、本番した子は・・・たった三人。
フェラのみだった子が、やっぱり三人。
言葉責めオンリーだった子が、四人。
触りもしなかった子が、一人。
偽似絡みだった子が、一人・・・。

何のことはない、言葉責めが一番多いわけだ。当たり前の?結果が出てしまったということだ。
別に悔しくもない。正直、本番した子ほど、印象は薄い。
言葉嬲りした子は、みんな泣いた。その後、ちゃんと笑ってくれた。
その方が、いい。自分のザー●ンなんかより、女の子の素の涙の方が、よっぽど嬉しい。

この十二人の中で僕の名前を覚えていてくれているのは、恐らく五人。
まったく記憶になさそうなのが、四人。
昔過ぎて、仕方なさそうなのが、御一人。

ろくに名乗り合わないままカメラがスタートすることが、たまにある。
挨拶しても、ろくすっぽ聞いちゃいない子と当たることも、たまに、いや、ちょくちょくある。
ロン毛のハゲオヤジなんて論外なのだろう。
さっさと終わって携帯に戻りたいのだろう。
性格の悪い女なら、その方がありがたい。
どんなに売れてるアイドルだろうと、やり過ごすような態度で終えられると・・・こっちもとっとと忘れちまいたい。

この十二人の中で、ぜひまた共演してみたい子は・・・五人。
二度と勘弁、の子が・・・四人。

あくまでも僕のエゴだ。弁解無用なるプロ意識の欠如だ。
もっとも彼女達の側はどうか?
ぜひまた、なんて・・・多分、よくて三人。
まっぴら御免が・・・どうせ六人・・・?
謙遜ではない。これはもう、確信犯、みたいなものだ・・・。

ちなみにシリコンガールズは、ざっと・・・二人。
意外に?少ない?
指に噛みついた女が、一人。
ひっぱたいた子が、ひとり。
僕が、ではない。その子に僕が、本気でビンタされたのだ。後で、泣いて謝ってくれたのだが・・・。
噛みつき女は、ナチュラル巨乳。
犬とヤッた女が一人。
中出し物に出た女の子・・・約十名・・・・。

しかし現場でトラブった女優は、ただの一人もいない。
本番前にゴネたような子も、やはりいない。
大したものだ。十二、三年前にはおよそ考えられない事実だ。
何せ当時は単体と聞くだけで、いささかウンザリさせられたものだが・・・。
キスしないで下さい。
指入れは第一関節までにして下さい。
アナルは絶対に触らないで下さい。
ゴム二枚かぶせて下さい。
煙草吸ってるとこは撮らないで下さい。
女優へのステップですから。
芝居、出来ないんですけど。
セリフ、減らしてほしいんですけど。
だって女優だもん。
いち押しギャルだもん。
私を誰だと思ってんの?
ナンバーワンになりました。
男優なんてサイテー。
愛読書?聖書に決まってるじゃん。

こんなタイトルの映画があった。
「十二人の怒れる男」(米 57年 監督シドニー・ルメット)
「十二人の優しい日本人」(91年 監督中原俊 脚本三谷幸喜)
彼女達はイカされる女。
イカせて人気のAV女優。
そして優しい、日本のオンナ。
ずいぶん変わったニッポンのエロビデオ・・・合掌ものだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十二人のイかれる女 AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる