AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 寂しい帰り道

<<   作成日時 : 2006/03/22 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ九時前だった。それにしては寂しい道だった。
都会のはぐれ道。僕はAV男優だったから、そこを歩けた。

本当に21時にはなっていなかった。それなのに人通りはさっぱりだった。
確かに駅からは遠い。しかし車の走る大通りからは、さほど離れていない。
住宅街ともオフィス街とも、商店街とも言いがたいエアポケット。
僕は一人で歩いている。
その日の現場がその辺りにあったから、重い鞄を下げて帰っている。
男優になってなかったら、まず歩くこともなかった名もない道。
こういう無縁通りが寂れていると、何か空しい。同時に、もう二度と足を注ぐこともないのかも、と思うとひどく切ない。
ちっぽけな運命の気まぐれだ。じきに忘れてしまう、ただの移動の記憶だ。
しかし人間の一生なんて、その繰り返しだろう。
何をどうこねくり回したところで、結局はそんな程度の、はかなさだろう。
僕は毎日、死を感じている。
だから、たったこれだけのことでも、涙が溢れそうな、悲痛な錯覚に襲われてしまう。

このところ、本当に体調がおかしい。
自分の体が、まるでコントロール出来ない。
足腰だの肩や首だの、部分部分の痛みやコリなら治療の方法も考えられる。
だが、言うことを聞かないのは、頭なのだ。体全体なのだ。

二三日おきに頭痛に見舞われる。
それも起き抜けは全然平気なのに、朝食後、三十分くらいしてから急激に頭が重く締め付けられる。
椅子にも座っていられない。とりあえず横にへばっているしかない。
映像も活字も受け付けないのだ。思考自体が圧迫されてしまうのだ。
どうにもやるせなくなる。何もかも無理で苦役で、大仰な気分になる。
吐き気はおろか、目眩すらない。
ただひたすら頭がジーンとしているのだ。鈍痛の膜で、一切の活動を遮断されてしまうのだ。
そのままダウンして、およそ三十分。
折り返しが過ぎたみたいに治まってくれる時がある。
そのまんま一日中、役たたずのデクノボウで終わる時もある。
いずれにしても、仕事に出ると回復するのだ。現場を終えた頃には全快しているのだ。
そしてまた、翌日にはブリ返したりして・・・・。

もうワケがわからない。これは持病なんだろうか。
更年期障害、とやらだろうか。
それとも何か大病への、さえない序曲だろうか。
気まぐれの不眠なら若い頃からあった。それなりの理由も、つまり睡眠の不規則さも自覚は出来ていた。
けれどもこの偏頭痛?は、まったくの想定外・・・。
運命なんかに入れたくない。
人生の無常などに加えたくはない。
たかが頭痛じゃないか。馬鹿馬鹿しい、生活の悪癖じゃないか。
僕は病気でなんか死にたくない。
誰かに殺されたくもない。
それなのに死にたい死にたいと、毎日暗唱している。
この愚劣さが、つまらない頭痛を呼ぶのか。
僕をからかい、無意味な尻叩きをしているのか。
余計なことを・・・無駄なイタズラを・・・。

暗い夜道なのに、たまにすれ違うのは若い女性ばかり。
ここまであぶれた道なのに、一人ぼっちの帰り道に選んでいるのは、どこか美形の女揃い。
どういうことなんだ、これは。
都会の落とし穴とは、こういうことなのか。平和ボケ日本の、これが変わらぬ現実なのか。
僕には不思議なことが多過ぎる。世の中のことは、わからないことが有り余り過ぎる。
僕は四十年以上、何も見ないで生きてきたのかもしれない。
それが死を間近にして、初めて色々見るようになったのかもしれない。
だから疲れるのか。
頭痛に見舞われるほど、神経をまいらせているのか。
僕が今、この人気のない道でバッタリ倒れても誰ひとり気がつかないだろう。
いや、通り過ぎる女達さえ、見て見ぬふりをして、さっさと家路を辿っていくだろう。
それもいい。
出鱈目な頭痛なんかより、よっぽど自然だ。

現場は学園物だった。
獣姦ビデオに出た女優と一緒だった(幸か不幸か、絡まなかった)。
犬とヤった女の子。彼女の巨乳はナチュラルだった。
僕は犬には欲情しない。世間には、理解出来ない女の子が、一杯いる。
一体、何が自然なのだろう。
襲われかねない無防備な女達。
犬とエッチして悦び、金を貰う女優達。
頭が痛くなるほどではないが、都会の闇は、嫌らしいほど遠い・・・。

僕には答えてくれる人もいない。
自分の体調を、命の状態を、訴えられる人もいない。
頭痛が僕に何かを伝えようとしていても、無益なのだ。
僕には、あらゆる病気が、完全に徒労なのだ。
誰もろくに歩かない道で人知れず行き倒れ。
僕にはその方が安らぎだ。
冷たいアスファルトが僕の揺りカゴだ。僕はもう動かなくていいんだ。罵らなくていいんだ。誰も恨むことはないんだ・・・。
笑ってしまう。
僕はかろうじて、息を取り戻す。
ここは、どこだ?
僕はいつまで、横たわっているばかりなんだ・・・犬よりダラしなく、強姦するクズにもなれず・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寂しい帰り道 AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる