AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS たまに追われる

<<   作成日時 : 2005/09/27 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

売れない男優のくせにたまに追われる。
体力にも精神力にも自信のない者としては撮影前日は出来るだけノンビリしていたい。そんな時に限ってヤボ用が入ったりする。滅多にかかってこない呑み会へのお誘い。あっという間に零時を回ると明日の仕事を想って心は憂鬱。へばりながらの仕事なんていい結果が出るわけがない。特に僕に来る仕事の場合は、体力以上に、相手の女優への規格外の集中力が勝負。だるい疲れをかかえての言葉責めなど、やってる方から興奮度はマイナス。スケベも怒りも、健康あってこその見世物に成り得ると、AV屋という不健康な稼業の皮肉な真実にますます上下共々ナエ気味の始末なのだ。

それにしても続く時は続く。嫌になるほどくっついてくる。
半月前からのノンビリ電話があると思えば、前日、前々日、空いてますか?
大体家でダラーとしてる時には役立たずの電話器が、現場にいると携帯越しにうるさくガナリたてる。それもしんどい現場がもうあと一越え、というタイミングで、明日どうでしょうか?
そりゃまあ仕事は残らず欲しいけんども、このテンションの慢性的な疲弊感には心も弱る、中年迎えたカラダも哀れなほどの泣きの入り。

二日連チャンで、初日が早々終わってくれると確かに安心する。でも油断ならないのは世の常であって、だったらこうだ、と翌日の現場は不眠不休の午前様。しかも頼りにならぬムスコとあっては延々の言葉嬲りオンリー、つまり前戯のみの生殺し重労働。夢も希望もないような無期懲役調の疲労感にどっぷり漬かって、ああまた不吉な予感に怯えながらの気力カラガラ、ひとり寂しい御生還と相成るわけだ。

そしてたまにとは言え、予感が的中したりする。急な仕事、急なメール、急な出会い。
その仕事がよりにもよって一度でたくさんとボヤキたくなる不愛想女優だったりして。
そのメールがやたら言葉を尽くさないと伝えきれない返事を求める私小説的内容だったりして。
その出会いが、やっぱりどこか空しい予感を伴う間に合わせ的なシナリオに色付けされているものだったりして。

どうせいくら笑顔と親切をサービスしても、顔と若さでしかオトコに反応しない冷酷ムスメが相手では・・・今からヘロベロ。
どうせあふれる想いをメールに託してもヒロイン揃いのネット社会、くたびれ儲けのひとり舞台で、行き着く先はアッサリ降板。
どうせ出会いと力んだところで、スペア扱いが関の山の優しき便利屋の日々。

疲れる。まったく疲れる。
本当にこの途切れ無しの、しかも空しき絶望にまみれた多忙は何の予兆か、いかなる因果か。
いや、これまでも地獄の何連戦とかに見舞われることは、たまにあっての男優十七年。
かと言ってその過酷の後には何も控えず、何の報いも見当たらないままの無限の荒れ野原。
結局は運命の気まぐれ。生まれ落ちたる、ロシアンルーレット。
ダレる。たるい。うんざりの溜め息。
今日も向かう。へたばるだけの徒労の館へ。
これでいいのか。何がいいのか。たまに追われて、たまに死んでる・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまに追われる AV落人辻丸の言霊〜殉教録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる